「浴衣ライブ 2019」

今年で4回目を迎える「浴衣ライブ」。今回はボサノヴァは封印して、基本的にオリジナル曲を中心に演奏しました。 前日は雨でしたが、当日は朝から晴れてよかったです。浴衣や甚平で来てくれたお客さんもちらほらいて、夏らしい雰囲気になりました。

2019年のフライヤーデザイン

それでは当日の模様をご覧ください。

1. 「o mocho(オ・モーシュ)」
矢野 一希(ギター弾き語り 動画) &梅田麻美子(フルート)

浴衣ライブに2回目出演の矢野さん。矢野さんはギターの弾き語り、そしてフルートに梅田さんが入って、ユニット「o mocho(オ・モーシュ)」として登場してくれました。弾き語りのいい声と、フルートの華やかな演奏でイイ雰囲気でした。最近結成したばかりのユニットには見えません。素敵な演奏ありがとうございました。

ちなみに矢野さんの新しいCDも販売していました。他にもトートバックやコースターにポストカードなどグッズもあって売れてました。すごいな~。

2.「西口 健一

  1. 駅舎にて
  2. O passeio
  3. 大きな輪・小さな輪
  4. ライオン橋
  5. マランゴン
  6. 青春群像
  7. 長い影
  8. 雲の上から
  9. Tema barroco/Agustin Pereyra Lucenaのカヴァー (アンコール)
  10. Adeus America / Joao Gilbertoのカヴァー(アンコール)

今回は久しぶりにオリジナル曲ばっかり演奏しました。ちょっと緊張してたので前半はバタバタして反省しかありません。アンコールでは今年逝去された2人の憧れのアーティストの曲を、追悼の気持ちを込めて演奏しました。合掌。

追記:当日の動画を2曲アップしました。

今回も恒例の演者だけでハイチーズ!

改めてご来場いただいた観客の皆様、ありがとうございました。そして出演者の皆さん、受付を手伝ってくれた吉田さん、会場「IOR?I/雲州堂」の方々、本当にありがとうございました。また9月や11月にも雲州堂でライブを予定しています。今後ともよろしくお願いいたします。

31 / mar / 2019 (sun) 「Tribute to Joao Gilberto~Live」

ジョアン・ジルベルト・トリビュートライブ

説明不要のボサノヴァの神、ジョアン・ジルベルト。当教室でも人気ですが、なかなか難しいのでジョアンのアレンジを学ぶ人は少ないのが現状です。そんな中、ジョアンに挑んだ事がある生徒さんを集めてライブを企画しました。正直、生徒さんと言うのもおこがましいほど当教室の自慢の皆様に出演して頂き感謝です。企画して本当に良かったです。教室としては前回のバーデン・パウエルに続いて第2弾のトリビュートライブ。ジョアン・ジルベルトゆかりの曲をそれぞれが披露していきました。

それでは当日の模様をご覧ください。

本番前に出演者での記念撮影。手にしているのはジョアンのレコードです。とうとうこの日がやってきました。

恒例の「エイ・エイ・オー!」。いざ出陣!

さていかに・・・

1.「田辺 新


1.Desde que o samba é samba
2.Outra vez
3.É preciso perdoar
4.A felicidade (当日の動画
5.Que reste-t-il de nos amours
6.Sandália de prata
7.Desafinado(アンコール)
1番手は田辺さん。ボサノヴァの原点の様な楽しく歌って遊んでいる様な温かみのあるステージを見せてくれました。会場がすごく和んだと思います。サンバのノリの様なものから、しっとりしたバラード系まで、今回も色んなタイプの歌を歌ってくれました。ありがとうございました!
Mais um passo!

2.「矢野 汕骨


1.Sem compromisso
2.Águas de março
3.Chega de saudade
4.Eu vim da Bahia
5.Garota de Ipanema
6.光でいっぱい(オリジナル曲/アンコール)
いつものオリジナル曲は封印して、今回はボサノヴァのみの弾き語りをしてくれました。ボサノヴァの矢野さんが堪能できたのではないでしょうか?アンコールではオリジナル曲も披露。初めて矢野さんを見たお客さんも喜んでいました。ありがとうございました!
Mais um passo!
注:矢野さんはこの後『矢野汕骨』改め、元の『矢野一希』に戻して活動されています。

3.「兵頭 宏


1.Ela é Carioca
2.É luxo só
3.Amor certinho
4.Brigas nunca mais
5.Caminhos cruzados (当日の動画
6.Palpite infeliz
7.Saudade da Bahia(アンコール)
教室企画のライブではお馴染みの兵頭さん。今回も素敵な歌声を聞かせてくれました。間奏のギターソロも楽しかった。ジョアン・トリビュートライブであっても兵頭さんらしい軽快な感じはそのままで良かったです。今回もありがとうございました!

4.「西口 健一


1.Corcovado
2.Disse alguém
3.Menino do Rio
4.Adeus América
5.Doralice
6.Valsa(Como são lindos os Youguis/Bebel)
7.Garota de Ipanema(アンコール)
そして僕がトリを務めさせていただきました。生まれて初めて弾き語りのライブをしました。自分的には課題が多く残りましたが、それでも歌うのってなかなか楽しいですね。思い切って歌ってみてよかったです。

追加1:アンコールに「イパネマの娘」を演奏して会場の皆さんにも一緒に歌ってもらったんですが、ポルトガル語で歌える人が沢山いてビックリしました。
追記2:その後、ある生徒さんから「よく考えたら『イパネマの娘』習ってなかったんで、あの時歌えなかったんです。教えてください!」って言われてちょっと面白かったです。

改めてご来場いただいた観客の皆様、ありがとうございました。そして出演者の皆さん、受付を手伝ってくれた吉田さん、会場「IOR?I/雲州堂」の方々、本当にありがとうございました。また夏には雲州堂で浴衣ライブをする予定です。今後ともよろしくお願いいたします!

おまけ:

ライブ後の打ち上げの様子。「Bistro やまごや」にて。料理美味しかった!

追記3:この時はまだこの年の7月6日にジョアンが亡くなるなんて思いもしていませんでした。なんの記念日でもなく、ただやってみたくて「トリビュートライブ」をして、ジョアンの凄さを改めて知り、またボサノヴァが、ジョアンがさらに好きになりました。 心よりご冥福をお祈り致します。
関連ブログ→「ジョアン・ジルベルトに感謝!

矢野一希/檸檬

教室企画のライブにもよく出演してくれている矢野さんのオリジナル曲の動画の紹介です。

僕も好きな曲の「檸檬」。いい曲です。
映像がアニメーションになってます。凝ってるな~。ぜひ見てみてください。

矢野さんのライブ情報などはこちら→「矢野一希

ジョアン会議

10月某日、来年3月の「ジョアン・ジルベルト・トリビュートライブ」のメンバーが集まってドラフト会議(?!)をしました。
それぞれやりたい曲のリストを出して、ドラフト会議の様な感じで、曲がかぶらない様に相談するんですが、思ったより簡単に決まっていきました。
優しい譲り合いの精神と選曲にも個性があって、あんまりかぶらなかった。なによりジョアン・ジルベルトが沢山の名曲を演奏しているので、「あ~、そんな曲もあったな~!」「アレもいいね~。」なんて具合に話は盛り上がり、いい感じに会議は終了。めちゃくちゃヤル気が沸いてきました。


玉造の「Cafe Perche」にて。

その後のライブの様子→「Tribute to Joao Gilberto~Live

20 / may / 2018 (sun) 「Live at Label cafe Osaka vol.2」

大阪:北浜の「Label cafe」でライブをしました。すっかりおなじみの場所になってきました。窓から堂島川が眺められる素敵なロケーションのお店です。当日は天気にも恵まれて隣の中之島公園のバラ園も満開!新緑が美しい季節に午後3時からのんびりとライブをはじめました。

それでは当日の模様をご覧ください。

1.「矢野 汕骨

1.檸檬
2.はじまりのサンバ
3.愛をみくびるなよ
4.Chega de Saudade/想いあふれて(カヴァー曲)
5.A Felicidade(カヴァー曲)
6.Eu Vim da Bahia(カヴァー曲)
7.Águas de Março/3月の雨(カヴァー曲)
8.悲しみよ、こんにちは
9.コーヒーをもう一杯
<アンコール>
10.JAVA JIVE

弾き語りの歌の力をすごく感じる事が出来るライブでした。歌声もいいけど、オリジナル曲の歌詞も心に響くいいライブを聞かせてもらいました。緊張してたボサノバカバーもお馴染みのオリジナル曲も好評で、矢野さんが持ってきた手売りのCDも完売してました。ありがとうございました!

注:矢野さんは現在『矢野汕骨』改め、元の『矢野一希』に戻して活動されています。

2.「西口 健一

1.Olha pro céu(カヴァー曲)
2.Samba do avião(カヴァー曲)
3.O passeio
4.O astronauta(カヴァー曲)
5.A new day
6.People are dancing
7.Silent station
<アンコール>
8.雲の上から

いつも通り緊張もしたけど、すごく楽しかったです。お客さんがしっかり聞いてくれて、すごくいい雰囲気の中演奏できました。恵まれているなあと思いました。ライブの後、色んな方から声をかけてもらって嬉しかったです。

ご来場の皆様ありがとうございました。そして出演者の矢野さん、受付を手伝ってくれた高さん、会場「Label cafe」の松岡さん、本当にありがとうございました。

また次回は8月26日にまたここでライブをする予定です。次回もよろしくお願いいたします。

追記:またいつか矢野さんとライブをする時は、お互いオリジナル曲だけ演奏するイベントをしたいなと思いました。いつになるかわかりませんが。

19 / nov / 2017 (sun) 「秋のボサノヴァギターとウクレレのライブ」

春に行った雲州堂ライブを秋にも開催しました。今回も個性の違うメンバーが集まって、それぞれの持ち味が出せた、いいライブになったと思います。

それでは当日の模様をご覧ください。

1.「キジマサナエ」


1.I’ll Be There
2.I want you back
3.I Need To Be In Love/青春の輝き
4.While my guitar gently weeps
5.Spain
6.In my life(アンコール)
懐かしの曲をジェイクシマブクロさんのアレンジを中心に演奏してくれました。アグレッシブな演奏あり、スローナンバーもあり、ほっこりマイペースなMCも健在で会場がグッといい雰囲気になりました。ありがとうございました!

2.「河井 俊彦」


1.Garota de Ipanema
2.Samba triste
3.Samba em preludio~Valsa sem nome
4.Tristeza
5.Minha namorada
6.Você é bonita(アンコール)
河井さんらしいダイナミックで切れのいい演奏がカッコよかったです。MCの曲紹介も丁寧で全体的に河井さんらしい端正なステージ。初めてのソロライブとは思えないぐらいカッコよかったです。ありがとうございました!

3.「矢野 汕骨


1.檸檬
2.珈琲と恋愛
3.Este seu Olhar/まなざし(カバー曲)
4.Eu vim da Bahia/バイーアからやって来た(カバー曲)
5.蜃気楼の街(カバー曲)
6.ジョバンニ
7.土曜の夜のブルース(アンコール)
相変わらずの歌声でオリジナル曲も良かったけど、2曲だけ歌ったボサノバも大好評!CDも売れていたので、またファンが増えたようです。素敵な演奏をありがとうございました。お疲れ様でした!
注:矢野さんは現在『矢野汕骨』改め、元の『矢野一希』に戻して活動されています。

4.「西口 健一


1.Clouds and Plants
2.マランゴン
3.Samba do avião/ジェット機のサンバ(カバー曲)
4.ライオン橋
5.Talking about
6.A new day
7.People are dancing
8.Silent station(アンコール)
個人的に思うところがあって、1曲を除きすべてオリジナル曲を演奏しました。我ながら熱のこもった演奏になったと思います。これもひとえにいい音を返してくれた雲州堂の小谷さんと、温かい雰囲気を作ってくれた共演の3人と会場の皆様のおかげです。本当にありがとうございました。楽しかったです。

改めてご来場いただいた観客の皆様、ありがとうございました。そして出演者の皆さん、受付を手伝ってくれた吉田さん、会場「IOR?I/雲州堂」の方々、本当にありがとうございました。とっても楽しかったので、また来年も雲州堂ライブ続けていきたいと思います。

いよいよ今週末は

いよいよ今週末は今年最後の企画ライブ!その名も「秋のボサノヴァギターとウクレレのライブ」です。何人かの生徒さんに見に行きます!と声をかけてもらってます。ありがとうございます。

以下アーティスト紹介です。

キジマサナエさんは可愛いルックスと違う「オッサン好み」な選曲。渋いです。今回のライブの後は「ちょっと充電期間にしよかな~」とか言ってたのでしばらくライブはないのかな?なのでファンは必見ですね。

河井さんはバーデンばりの激しいタッチが魅力。バラードもいいんです。30分たっぷり河井節のギターを堪能してもらいたいと思います。

弾き語りの矢野さんは安定の「いい声」でボッサとオリジナル曲どっちも聞かせてくれるそうですよ。中毒性の高い歌声は必見です。

最後に僕は基本オリジナル曲だけで、ちょっとカヴァーもやろうかなと思ってます。今年ライブをした中でお客さんに好評だった曲を選曲してみました。と言うことで・・・

今回も椅子だけでなくテーブルも用意して、イオリの美味しいメニューを食べつつ飲みつつ、のんびりライブを見て頂ければと思っています。予約も前売りもありませんので、お気軽に遊びに来てください。お待ちしております!

live schedule

生徒さんのライブ情報

先日の浴衣ライブに参加してくれた矢野さん。ボサノバだけでなくオリジナル曲も人気でした。
DSCF0189

その矢野さんが9月は塚本の「エレバティ」や梅田の「ハードレイン」などでライブをされるそうです。毎月2、3回のペースでライブをされているので、浴衣ライブでファンになった方は是非ぜひライブ情報をチェックしてみてください。
詳しくはこちら→「矢野一希

写真は浴衣ライブの時のものですが、普段のアコギ持って歌っている姿もかっこいいですよ。参考動画→「矢野一希 『PON PON PON』 ダイジェスト

31 / Jul / 2016 (sun) 「浴衣とウクレレとボサノバギターの夕べ」

真夏に浴衣ライブを企画しました。大阪の夏は暑いので、ちょっと涼しくなる夕方18時からスタートしました。場所は和の雰囲気のある「雲州堂」です。当日は出演者や受付スタッフもみんな浴衣姿。客席にもちらほら浴衣姿の方がいて楽しい雰囲気になりました。

それでは写真で当日の模様を振り返ってみましょう。

今回のフライヤーです。
20160731live

1.「キジマサナエ」
DSCF0044

DSCF0076

DSCF0091
1.Your song
2.Don’t know why
3.Something
4.In my life
5.While my guitar gently weeps
6.Desperado
懐かしの洋楽ポップスをソロウクレレで演奏してくれました。ソロウクレレでのライブが初めてとは思えない演奏。素敵でした!

2.「田辺 新
DSCF0106

DSCF0117

DSCF0133
1.Samba de Verao / サマーサンバ
2.Olha Pro Ceu / 空を見つめて
3.Estrada do Sol / 太陽への道
4.Caminhos Cruzados / 十字路
5.Manha de Carnaval / カーニバルの朝
6.Corcovado
7.Chora Tua Tristeza(参考動画
ボサノヴァ弾き語りライブ。「夏の夕べに聴くボサノバ」のコンセプト通り、今回はメロウな感じでした。MCも楽しかった!(Mais um passo!

3.「矢野 一希
DSCF0189

DSCF0208

DSCF0209
1.イパネマの娘
2.17才(オリジナル曲)
3.Wave / Vou te contar
4.珈琲をもう一杯(オリジナル曲)
5.Desafinado
6.珈琲と恋愛(オリジナル曲)
7.Chega de saudade / 想いあふれて
ボサノバのカヴァーとオリジナル曲が半々に聴けました。カッコよかった~。客席から大きな拍手が!

4.「Nishiguchi Kenichi
DSCF0225

DSCF0244

DSCF0250
1.clouds and plants
2.マランゴン
3.ライオン橋
4.people are dancing
5.青春群像
6.長い影
7.雲の上から
8.silent station(アンコール)
今回はオリジナル曲のみ演奏しました。長丁場な中、アンコールまでしてもらってありがとうございます。

来場いただいた観客の皆様、ありがとうございました。そして出演者の皆さん、受付を手伝ってくれたYさん、会場「IOR?I/雲州堂」の方々、本当にありがとうございました。

今回共演していただいた3名が、全員素敵な演奏を披露してくれたので、主催者として、また教室の講師として非常に嬉しく、誇らしく思いました。本当にありがとうございました。お陰様でまた来年も何か企画したいと思うほど楽しかったです。その時は皆さま是非ぜひ遊びに来てください。よろしくお願いいたします。

去年も浴衣でライブしました。こちら→「レクレールでギターソロライブ無事終了