Lôbo Bôbo(ロボ・ボボ)演奏してみました。

最近よくライブで演奏している「Lôbo Bôbo(ロボ・ボボ)」。YouTube動画を作ってみました。

カルロス・リラ(Carlos Lyra)が、ホナウド・ボスコリと共作した曲をソロギターにアレンジしました。よかったら最後まで聴いてください。よろしくお願いいたします。

関連ブログはこちら→「Lobo Boboの楽譜できました。」をご覧ください。

今朝・・・

今朝、カルロス・リラさん(90歳)死去のニュースを知りました。12月16日夜中、リオデジャネイロの病院で亡くなったそうです。

写真は「ボサノヴァの教科書」より。

このギターを弾いている男性がカルロス・リラで、後ろで歌っているのがナラ・レオンです。2人はかつてギター教室の先生と生徒の仲だったわけです。こんな絵になる教師と教え子ってちょっといないですよね。

ボサノヴァの教科書より

カーネギー・ホールのカルロス・リラです。この時期、アメリカのジャズは壁にぶつかっていたわけですが、こんな新鮮なブラジルの若きボサノヴァ・ミュージシャン達がアメリカ音楽界に登場した瞬間です。

ボサノヴァの教科書より

先日カルロス・リラのレコードを買った所でした。今朝も聞いてます。

心より謹んでご冥福をお祈りいたします。

Carlos Lyra / Preciso Cantar-Eu & Elas

今日の一枚「Carlos Lyra / Preciso Cantar-Eu & Elas」。

’70年と’71年の作品の2in1CD。
昔は甘過ぎて好きじゃなかったんですが、
最近は好んでよく聴きます。“Minha Namorada”は、
ルセナのverを生徒さん用に耳コピした思い出深い曲。
“Afro-Latino”の軽快な感じはかっこいい。

1961_large[1]