ギター製作日記・五日目 ブリッジ編

今日はまずブリッジから。

●朝、先生のところに行くと、すでにこれが用意されていました。材は黒檀です。上が今から加工する僕の分、下がある程度加工された先生の分。もちろんこの形に切り出すのも先生の手作業です。市販のものではありません。
img20060107[1]

●先生は曲面をつけるのにベルトサンダーを使用します。これ簡単そうに見えるけど、かなり難しいです。僕は表面板の時に失敗しかけました。それを先生は事も無げにやります。恐るべし。
img20060107_1[1]

●おおまかに仕上げたものの断面です。ちょっとピンボケですが、キレイに曲面になっているのが分かるでしょうか?3つある山の真ん中は、後からナイフとヤスリを使用して、キレイな曲面に加工しやすいように、さらに細い溝がついてます。
img20060107_2[1]

●弦を通す穴を空けます。写真は先生ですが、3・2・1弦はやらせてもらえました。かなり神経使った。この穴の並びにも音作りの秘密があります。
img20060107_3[1]

●ナイフで削り、ペーパーを荒いものから細かいものへとかけていき、ピカピカにします。そして先にブリッジだけ塗装します。塗るのはセラックというニスです。先に塗る理由は、ボディと一緒に塗ると黒檀の黒がボディに流れ出すため。先に塗ってある程度固めておきます。かなりキレイに仕上がって、感動しました。先生は市販のギターを見るときは、必ずここもチェックするそうです。ここが丁寧にできているかどうかで、そのギターが丁寧に作られたものかそうでないのかが分かるそうです。みなさんも市販のギターを買う際は、是非チェックしてみて下さい。
img20060107_4[1]

『側板と裏板の接着編』に続きます。

投稿者: Nishiguchi

ボサノヴァとジャズをこよなく愛するギタリスト。uncherry bossa nova guitar & ukulele school 主宰。バーデン・パウエル、ジョアン・ジルベルト、ジム・ホール、グラント・グリーンなどがフェイバリット。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です