Joao Donato / Quem e quem

今日の一枚「Joao Donato / Quem e quem」。

もう一人のジョアンと呼ばれるキーボードの天才ジョアン・ドナートの初ヴォーカルアルバム。
これを聴く度に、自分に足りないのはこの「肩の力の抜け具合」だと思い知らされます。
このアルバムの歌声は、風呂場で気持ちよくなって歌ってるオッサンみたいに僕には聞こえます。
でもこれが大切なんでしょうね。この感じ、羨ましい・・・

2009[1]

投稿者: Nishiguchi

ボサノヴァとジャズをこよなく愛するギタリスト。uncherry bossa nova guitar & ukulele school 主宰。バーデン・パウエル、ジョアン・ジルベルト、ジム・ホール、グラント・グリーンなどがフェイバリット。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です