交流会の話

ウチの教室では「交流会」を年3回ほど行っています。(交流会の写真

生徒さん達から「年1回の発表会だけだと、人前で演奏する事に慣れないから緊張もするし、もっと発表の場を増やしてほしい!」と言われて2010年から実験的に始めました。

目的は「人前で演奏する事に慣れる事」と「生徒さん同士の交流」です。

「発表会」との大きな違いは、一般のお客さんが見に来ていないと言う事。見ているのは生徒さんのみで、身内だけです。あと、「発表会」は演奏するだけですが、(※打ち上げも自由参加であります。)「交流会」では演奏の後に、みんなで食事の時間があり同じ音楽を学ぶ者同士の交流の場として活用してもらってます。

参加した多くの生徒さんから聞かれるのは、「一人で演奏してる時と人前で演奏するのではだいぶ違う!」と言う話。当たり前と言えば、当たり前なのですが人前で演奏する事で、何か足りないと思う事が出てきたり、意外とできていない事に気づかされたり。料理とかもそうだと思いますが、自分が食べるだけの料理を作るのと人に出す時の料理はちょっと景色が違いますよね。家族にしても、人に出すなら、量はどうだろう?味はこうかな?とか出すタイミングや皿の選び方など、色々と見えてきます。

交流会を始めて、どんどんみんなが自分で問題点を見つけてくる様になって本当にやってよかったなと思っています。

普段の教室でのレッスンとは違う、人前で演奏をする事で新しい景色が見えてきますよ。もちろん強制参加ではありませんが、この練習のせいなのか今ではたくさんの生徒さん達が教室以外の場所でもどんどん演奏する様になっています。面白いですね。

2226_large

「交流会の話」続きます。→その2