兵頭宏/Caminhos cruzados・十字路(ボサノバ弾き語り)

今回は兵頭さんの動画の紹介です。 今年の3月に企画した「ジョアン・ジルベルト・トリビュートライブ」の時の演奏です。 この時はまだこの年の7月6日にジョアンが亡くなるなんて思いもしていませんでした。なんの記念日でもなく、ただやりたいだけで企画したのに、思い出深い忘れられないライブになりました。(ジョアンが亡くなってからの追悼トリビュートライブだったら、プレッシャーで逆に企画出来なかったねと後日話てました。笑)
無謀な企画に参加して、さらに動画アップを承諾してくださった兵頭さんありがとうございます!

当日の模様→ 「Tribute to Joao Gilberto~Live

31 / mar / 2019 (sun) 「Tribute to Joao Gilberto~Live」

ジョアン・ジルベルト・トリビュートライブ

説明不要のボサノヴァの神、ジョアン・ジルベルト。当教室でも人気ですが、なかなか難しいのでジョアンのアレンジを学ぶ人は少ないのが現状です。そんな中、ジョアンに挑んだ事がある生徒さんを集めてライブを企画しました。正直、生徒さんと言うのもおこがましいほど当教室の自慢の皆様に出演して頂き感謝です。企画して本当に良かったです。教室としては前回のバーデン・パウエルに続いて第2弾のトリビュートライブ。ジョアン・ジルベルトゆかりの曲をそれぞれが披露していきました。

それでは当日の模様をご覧ください。

本番前に出演者での記念撮影。手にしているのはジョアンのレコードです。とうとうこの日がやってきました。

恒例の「エイ・エイ・オー!」。いざ出陣!

さていかに・・・

1.「田辺 新」


1.Desde que o samba é samba
2.Outra vez
3.É preciso perdoar
4.A felicidade (当日の動画
5.Que reste-t-il de nos amours
6.Sandália de prata
7.Desafinado(アンコール)
1番手は田辺さん。ボサノヴァの原点の様な楽しく歌って遊んでいる様な温かみのあるステージを見せてくれました。会場がすごく和んだと思います。サンバのノリの様なものから、しっとりしたバラード系まで、今回も色んなタイプの歌を歌ってくれました。ありがとうございました!

2.「矢野 汕骨


1.Sem compromisso
2.Águas de março
3.Chega de saudade
4.Eu vim da Bahia
5.Garota de Ipanema
6.光でいっぱい(オリジナル曲/アンコール)
いつものオリジナル曲は封印して、今回はボサノヴァのみの弾き語りをしてくれました。ボサノヴァの矢野さんが堪能できたのではないでしょうか?アンコールではオリジナル曲も披露。初めて矢野さんを見たお客さんも喜んでいました。ありがとうございました!
Mais um passo!
注:矢野さんはこの後『矢野汕骨』改め、元の『矢野一希』に戻して活動されています。

3.「兵頭 宏


1.Ela é Carioca
2.É luxo só
3.Amor certinho
4.Brigas nunca mais
5.Caminhos cruzados (当日の動画
6.Palpite infeliz
7.Saudade da Bahia(アンコール)
教室企画のライブではお馴染みの兵頭さん。今回も素敵な歌声を聞かせてくれました。間奏のギターソロも楽しかった。ジョアン・トリビュートライブであっても兵頭さんらしい軽快な感じはそのままで良かったです。今回もありがとうございました!

4.「西口 健一


1.Corcovado
2.Disse alguém
3.Menino do Rio
4.Adeus América
5.Doralice
6.Valsa(Como são lindos os Youguis/Bebel)
7.Garota de Ipanema(アンコール)
そして僕がトリを務めさせていただきました。生まれて初めて弾き語りのライブをしました。自分的には課題が多く残りましたが、それでも歌うのってなかなか楽しいですね。思い切って歌ってみてよかったです。

追加1:アンコールに「イパネマの娘」を演奏して会場の皆さんにも一緒に歌ってもらったんですが、ポルトガル語で歌える人が沢山いてビックリしました。
追記2:その後、けっこう色んな曲を弾き語りできる生徒さんから「よく考えたら『イパネマの娘』は習ってなかったんで、あの時歌えなかったんです・・・教えてください!」と言われてちょっと面白かったです。

改めてご来場いただいた観客の皆様、ありがとうございました。そして出演者の皆さん、受付を手伝ってくれた吉田さん、会場「IOR?I/雲州堂」の方々、本当にありがとうございました。また夏には雲州堂で浴衣ライブをする予定です。今後ともよろしくお願いいたします!

おまけ:

ライブ後の打ち上げの様子。「Bistro やまごや」にて。料理美味しかった!

追記3:この時はまだこの年の7月6日にジョアンが亡くなるなんて思いもしていませんでした。なんの記念日でもなく、ただやってみたくて「トリビュートライブ」をして、ジョアンの凄さを改めて知り、またボサノヴァが、ジョアンがさらに好きになりました。 心よりご冥福をお祈り致します。
関連ブログ→「ジョアン・ジルベルトに感謝!

生徒さんのライブ情報

先日の発表会で「Deixa/デイシャ」を熱演してくれたまつげんさん。

同じく発表会で「Ela é Carioca/彼女はカリオカ」を弾き語りしてくれた兵頭さん。

お二人が北加賀屋の「Kitchenこもれび」にて12月15日にライブをされるそうです。(詳しくはお店まで。「Kitchenこもれび」)

2ヶ月に1回のペースでまつげんさんがライブを続けている「Kitchenこもれび」ですが、12月はウチの教室の弾き語りマスター・兵頭さんが登場!「お時間ありましたら是非!ご予約お待ちしております。」とのことです。詳しくはお店に問い合わせてみてください。

お店も素敵な所ですし、楽しみですね。

ジョアン会議

10月某日、来年3月の「ジョアン・ジルベルト・トリビュートライブ」のメンバーが集まってドラフト会議(?!)をしました。
それぞれやりたい曲のリストを出して、ドラフト会議の様な感じで、曲がかぶらない様に相談するんですが、思ったより簡単に決まっていきました。
優しい譲り合いの精神と選曲にも個性があって、あんまりかぶらなかった。なによりジョアン・ジルベルトが沢山の名曲を演奏しているので、「あ~、そんな曲もあったな~!」「アレもいいね~。」なんて具合に話は盛り上がり、いい感じに会議は終了。めちゃくちゃヤル気が沸いてきました。


玉造の「Cafe Perche」にて。

その後のライブの様子→「Tribute to Joao Gilberto~Live

「浴衣とボサノバギターの夕べ 2018」

今年も「雲州堂」で浴衣ライブをしました。当日を迎えるまで台風でヤキモキしましたが、なんとか晴れてよかったです。そして予想以上に沢山のお客様が来られたのでスタッフ一同驚きました。ありがとうございます。また立ち見になってしまった方、申し訳ありませんでした。
当日は出演者&受付スタッフは浴衣姿。客席にも浴衣や夏着物の方々がいて今年も楽しい雰囲気になりました。

それでは当日の模様をご覧ください。

1.「兵頭 宏」

1.Samba de verão/サマーサンバ
2.Garota de Ipanema/イパネマの娘
3.A felicidade/フェリシダーヂ
4.Caminhos cruzados/十字路
5.É luxo só/なんて素敵
6.Vou te contar(Wave)/波
7.Aquarela do Brasil/ブラジルの水彩画
8.Mas que nada/マシュ・ケ・ナダ
9.Este seu olhar/まなざし(アンコール)

まずは弾き語りソロの兵頭さんが登場。去年も参加して頂いたのですが今年はさらに沢山の曲を演奏してもらいました。トークも楽しくトップバッターとして場を和らげてくれました。さすがです。ありがとうございました。

2.「吉田有希代(Vo・G)、吉岡 慶和(b)、西口 健一(G)」

1.Samba de uma nota só/ワン・ノート・サンバ
2.Saudade da Bahia/バイーアの思い出
3.Corcovado/コルコヴァード
4.O barquinho/小舟
5.Chega de saudade/想いあふれて
6.ラブリー
7.Tristeza/トリステーザ
8.Água de março/三月の水(アンコールwith兵頭さん)

今回はこの日限定のユニットを結成して演奏しました。曲はボサノバスタンダードを中心にヴォーカルの吉田さんに選んでもらって、3人ならではのアレンジに挑戦しました。途中で吉岡さんからの楽器の説明コーナーがあったり、いつもと違う楽しさがありました。最後のアンコール曲は「Água de março」で兵頭さんにも参加してもらい掛け合いで歌って楽しい1曲となりました。

共演者の皆さん、ステージ脇での仕事や受付などを手伝ってくれたスタッフの皆さん、会場「IOR?I/雲州堂」の方々、そしてなによりご来場いただいた沢山の観客の皆様、本当にありがとうございました。


今回も楽しい思い出になりました。ありがとうございました!

前回の浴衣ライブ→「浴衣とウクレレとボサノバギターの夕べ 2017

30 / Jul / 2017 (sun) 「浴衣とボサノバギターの夕べ」

真夏に浴衣ライブを企画しました。大阪の夏は暑いので、ちょっと涼しくなる夕方18時からスタートしました。場所は和の雰囲気のある「雲州堂」です。当日は出演者や受付スタッフもみんな浴衣姿。客席にもちらほら浴衣姿の方がいて楽しい雰囲気になりました。

それでは写真で当日の模様を振り返ってみましょう。

1.「兵頭 宏」


1.Samba de Verão/サマー・サンバ
2.Desde que o Samba é Samba/サンバがサンバであった時から
3.Caminhos Cruzados/十字路
4.Carinhoso/カリニョーゾ
5.Mas que Nada/マシュ・ケ・ナダ
6.Tristeza/トリステーザ(アンコール)
1番目は弾き語りの兵頭さんが登場。MCも楽しくてトップバッターとして場を和らげてくれました。そして安定感抜群の演奏が光りました。さすがです!

2.「まつげん」


1.Garota de Ipanema/イパネマの娘
2.The gift(Recado)/ザ・ギフト
3.Se Todos Fossem Iguais a Você /君への面影
4.Introdução ao Poema dos Olhos da Amada/恋人の瞳
5.Deixa/デイシャ(離別)
6.Solitario/孤独な旅
7.Wave(Vou Te Contar)/波(アンコール)
兵頭さんのMCを取り入れてまつげんさんも楽しいトークを織り交ぜつつ、渋い演奏を披露してくれました。カッコよかったです!

3.「吉田 有希代」


1.Água de Beber/おいしい水
2.Garota de Ipanema/イパネマの娘
3.Dindi/ジンジ
4.Izaura/イザウラ (当日の動画
5.A Felicidade/フェリシダーヂ
6.Corrida de Jangada/ジャンガーダ
7.O Negocio e Amar/肝心なのは愛すること(アンコール)
「浴衣は暑いです・・・」のMCから登場してくれたゆーさん。その言葉とは裏腹にとても爽やかな浴衣姿で演奏してくれました。MCも楽しくて笑顔の絶えない楽しいステージとなりました。素敵でした!

4.「西口 健一」


1.雲の上から(オリジナル)
2.Ela é carioca/彼女はカリオカ
3.Corcovado/コルコヴァード
4.I can’t give you anything but love/捧げるは愛のみ
5.長い影(オリジナル)
6.Talk about(オリジナル)
7.Silent station(オリジナル)
前の3人が楽しいMC&演奏で繋げてくれたので、とってもやりやすかったです。3曲目のコルコバードは急遽弾き語りをし、それが楽しかったので今後も歌いたくなりました。楽しい時間を過ごすことが出来ました。ありがとうございました!

共演者の皆さん、ステージ脇での仕事や受付などを手伝ってくれたスタッフの皆さん、会場「IOR?I/雲州堂」の方々、そしてなによりご来場いただいた観客の皆様、本当にありがとうございました。


今回も夏のめっちゃ楽しい思い出になりました。ありがとうございました!また来年もやりますのでよろしくお願いいたします!

前回の浴衣ライブ→「浴衣とウクレレとボサノバギターの夕べ

19 / Nov / 2016 (sat) 「Cafe Perche LIVE vol.2」

今年の9月にライブをさせてもらった「Cafe Perche」にてまたまたライブをさせて頂きました。大阪のJR玉造駅から徒歩1分の所にあって、ウチの教室からすごく近いのでPAを運ぶのがだいぶ楽です。
出演者は兵頭宏、Nishiguchi Kenichiの順番で、それぞれソロでの演奏です。

それでは写真で当日の模様を振り返ってみましょう。

今回も17時にお店を閉めて、ライブの準備開始です。
dscf3244

今回は「ボリュームたっぷりロースカツサンド&プチデザート」の食事付きライブなので、北本さんがせっせと仕込み中。
dscf3250

「Cafe Perche」のロゴ入りのBOXに入って出てきます。
dscf3248

中身はたっぷりロースカツサンド!キャベツやソースのおかげか、そんなに油っぽくなく女性でもペロリと食べれる美味しさでした。しかもボリュームたっぷりだったので男性陣にも人気でしたよ。
dscf3276

こちらはプチデザートのプリン。手作りでほどよい甘さ。好評でした。
dscf3275

そんなこんなで、お客さんも美味しそうに食べつつ・・・19時になったので兵頭さんが登場!演奏スタートです。
dscf3253

1.「兵頭 宏」
dscf3236
1.Garota de Ipanema / イパネマの娘
2.Desafinado
3.Lamento
4.A felicidade
5.Palpite Infeliz
6.Carinhoso
7.Mas que nada(アンコール)

名曲「イパネマの娘」から始まって、スローな曲からアップテンポなものまで、盛りだくさんの内容でした。歌声もよかったけど、曲のアレンジも兵頭さんらしいアレンジで、すごく軽快なボッサが聴けました。ありがとうございます。

2.「Nishiguchi Kenichi」
dscf3224

dscf3274
1.Clouds and Plants
2.マランゴン
3.O Passeio
4.Se todos fossen iguais a você / すべてがあなたと一緒なら(カヴァー曲)
5.Samba do avião / ジェット機のサンバ(カヴァー曲)
6.長い影
7.ライオン橋
8.Silent Station
9.雲の上から(アンコール)

オリジナル曲を中心にカヴァーも2曲ほどしました。結構オリジナル曲がよかったという声が多かったので、最近出来てなかったけど、曲作りを久々にもっとしていきたいなと思いました。今年はこれでライブは終了ですが、来年もたくさんライブをやって、新曲も演奏できたらと思います。

ご来店いただいた皆様、ありがとうございました。出演者の兵頭さん、PAを運ぶのまで手伝って頂いてありがとうございました。ペルシュの北本さんには今回も本当にお世話になりました。ロースカツサンド美味しかったです。ありがとうございます。また来年もライブを企画していきたいと思います。その時はよろしくお願いいたします。

Cafe Percheの一回目のライブの模様はこちら→