あじさい

花より・・・

だんご・・・って、どっちも好きです。6月も終わりましたね。

今年は早いのか遅いのか・・・そして発表会はどうなるのか・・・。問い合わせは多いけど、まだなんとも発表できない状態です。「打ち上げなしの無観客でする」のか、「今年は中止」なのか、「動画配信バージョン」なんかも考えたりして、生徒の皆さんと意見交換をしている所。まぁ、コロナの状況にもよるので、悩ましいですね。

とりあえず7月は今年初の雲州堂でのライブです。発表会と同じ会場ですし、そこでの状況を見て、雲州堂の方々とも相談して、また考えたいと思っています。皆さまよろしくお願いいたします。

新規募集再開します。

5月から新規の生徒さんの募集をストップしていましたが、ギターもウクレレも募集を再開しました。よろしくお願いいたします。
尚、お昼休憩を12時から13時45分まで設ける事にしました。

ですので、午前中は11時からの1枠のみ。午後は14時から毎時00分スタートで20時45分までとなります。
土日祝はたまに午後12時もレッスンを入れてその時は15時スタートで営業しています。これからも出来るだけ生徒の皆さんが使いやすい教室にしていこうと思っています。よろしくお願いいたします。

明日はハロウィンですね。我が家では鶴屋吉信の和菓子を食べました。

京都通い?!1年かけて「琥珀流し」食べてきました。大極殿本舗六角店「栖園」

すっかりハマってしまった京都の大極殿本舗六角店「栖園(せいえん)」の「琥珀流し」を1年間食べてきました。(前回のブログ

毎月味が違うけど、どれも美味しかったです。お店の方にオススメしてもらって、出てきた時は正直地味だな~と思ったんですけど、食べたらハマってしまいました。恐るべし甘い琥珀!

1月 白みそ 

2月 チョコ

3月 甘酒

4月 桜

5月 抹茶

6月 梅

7月 ミント (7月だけこの後、炭酸ソーダをかけてシュワシュワのを食べます。夏の暑さを忘れる美味しさ。)

8月 生姜

9月 ブドウ

10月 栗

11月 柿

12月 黒蜜

特に好きな「ベスト3」を考えたんですが、やっぱり難しい。「白みそ、ミント、ブドウ、柿、生姜、甘酒・・・って、ベスト3ちゃうやん!」って感じの繰り返し。

とにかく全種類食べれて満足しました。(自慢!)

琥珀流しって何?京都「栖園」

京都の有名な甘味処「栖園」。初めて入店したものの「琥珀流し」ってメニューに「ん?何??」

店員さんに聞いたら、バイトの女の子らしき方が「私の一番のオススメです。」と笑顔で対応。そうかー、じゃあ頼んでみましょう!と言われるままに注文しました。

京都らしい坪庭を見ながら、待つこと数分。

「琥珀流しとミニわらび餅」。これが琥珀流しか~。

オススメの「琥珀流し」は食べた事ある様な懐かしい雰囲気ながら、絶妙なフルフル具合と甘さでありそうでないデザート!これはハマるな~。後でネットで調べたら、月ごとに味が違うそうです。うーん、5月は抹茶だそうで、気になるなー。めっちゃ美味しかったです。

追記:教室の生徒さん達にもオススメしたら、けっこう色んな生徒さんが行って食べて大好評!他にも「かき氷美味しかった!」とか「持ち帰りのレース羊羹がオススメ。」などなど、お互い情報交換して楽しかったです。

その後→「京都通い?!1年かけて「琥珀流し」食べてきました。大極殿本舗六角店「栖園」

器の話と甘いもの

最近、何人かの生徒さんに「先生の湯飲み茶碗、イイですね~」と言われました。
2826[1]

以前「新茶会」で演奏させてもらった「wad」の小林さんオススメのものです。近藤早苗さんという女性の作家さんの作品だそうです。気に入ってます。

陶芸の事はさっぱり分からないのですが、小林さんのお店では若い作家さんの器がずらりと並んでいて、窯の話や、土の話など、色々教えてくれるので楽しいです。移転して広くなった「wad omotenashi cafe」も心斎橋に行った時はよく立ち寄っています。
2827_large[1]

今の季節はぜんざいが美味しいです。
2828[1]

ちなみに夏はかき氷が人気。
dscf0020

新作メニューの「もなか」も小林さんが「いいのが出来たんですよ~」と自慢するだけあって、サクサクしててほどよい甘さ、ボリュームもあるしよく食べてます。
DSC_0285

席数も増えて、2階からの眺めもよく、開放感があっていいですよ。
また食べたくなってきたな~。