第9回 uncherryボサノバギター教室&ウクレレ教室 発表会 前編

16 / Oct / 2011 (sun) 第9回 発表会にて / 第一部

今までで、1番参加者が多くなった第9回発表会。6年目ともなると、ボサノバスタンダードを演奏できる生徒さんが多くなりポルトガル語で歌う人も増え、過去に比べるとずいぶんボサノバ教室らしくなってきました。とは言えウチの教室らしく、さまざまな選曲やアレンジの数々。そして楽しい生徒さん達の個性のおかげで単調になることはありませんでした。今までで、一番評判が良かった様に思います。

また雲州堂で行う発表会も3回目を迎え、段取り等もより一段とスムーズにいきました。前日の雨が嘘のように、当日は天候にも恵まれ、たくさんのお客様にご来場頂き嬉しい限りです。
参加してくださった生徒のみなさん、ゲストの木山武則君(以下、タケ)、受付を手伝って頂いた生徒さん達、会場の雲州堂の皆様、そしてなによりご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。

では、当日の模様を写真で振り返ります。 (※演奏者名の後、「」内は曲名、*印は弾き語り、()内は発表会の出演回数です。)
DSCF0045
恒例の集合写真です。

DSCF0046
いつも通り2バージョン。今回はかなりの大所帯です。

DSCF0049
リハも順調に終了して・・・

DSCF0053
舞台が整い・・・

DSCF0062
今だ慣れない司会がはじまりました。(笑)

DSCF0071

DSCF0072
1番:平田さん「Agua de beber」(初)
初参加の平田さん。曲は「おいしい水」をソロギターで演奏しました。トップという重圧にも負けず、最後までしっかり演奏してくれました。一生懸命さが伝わるいい演奏でしたね。お疲れ様でした!ちなみに、この日の使用ギターはブラジルのDi Giorgio。このギター、ボサノヴァ愛好家ではお馴染みなんですが、とにかく作りがちゃっちぃです(笑)。でもなんとも言えない個性があって愛すべきギターなのです。

DSCF0078

DSCF0083
2番:興津さん「Nearness of you」*(2)
昨年に続き2回目の参加の興津さん。曲はジェームス・テイラーとマイケル・ブレッカーの「ニアネス・オブ・ユー」。この曲は、ノラ・ジョーンズも歌っているそうです。少し緊張されていましたが、そのダンディな歌声は今回も健在。イントロのフレーズが難しいので、少しミスもありましたが、それでも会場からは大きな拍手が沸いていました。素敵な演奏ありがとうございました!

DSCF0091

DSCF0092
3番:木村さん「Chega de saudade」*(2)
こちらも昨年に続き2回目の参加の木村さん。うちの教室には彼女のファンが多いんです。曲はボサノバの起源と言われている名曲「シェガ・ヂ・サウダーヂ」。バラード風にアレンジし、ゆったりと歌ってくれました。昨年のかわいらしい雰囲気の曲と違い、大人の女性の色気を感じる素敵な歌声とギターでした!またファンが増えたんじゃないでしょうか?これからも楽しみにしています!

DSCF0103

DSCF0105
4番:河野さん「Baby, I love you.」*(初)
初参加の河野さん。曲はTEEの「Baby,I love you.」。シェネルのバージョンをボサノバ風にアレンジして歌ってくれました。めちゃくちゃ早口の英語の歌詞を、とてもキレイな発音でほぼ完璧に歌いこなした姿に、会場からは大きな拍手が。歌がうまいのは知ってましたが、これほどとは。正直驚きました。また、ギターの伴奏もとてもしっかり弾けていたので、とても良かったと思います。素敵な歌声、ありがとうございました!

DSCF0115

DSCF0118
5番:吉田さん「君がいれば」*(4)
4回目の出演の吉田さん。昨年は遠藤さん&吉田さんのデュオと、僕とで一緒にライブもしました。曲はコッコの「君がいれば」。アレンジは僕がヒントを出しながら吉田さん自身が考えました。最近の吉田さんの演奏は、安心して聞いていられる安定感があり、この日も堂々としたパフォーマンスでした。歌もギターもほんとに上手くなりましたね。嬉しくて感動しました。ありがとうございました!

DSCF0146

DSCF0144
6番:ジゲンさん「スーパーマリオ」(5)
5回目の参加のジゲンさん。うちの教室をご存知の方にはすっかりお馴染みの、うちのウクレレ部の顔と言っていい存在です。今まで「ウルトラマン」「ルパン3世」「一休さん」とやってきて、今回はなんとスーパーマリオでした。レッスンでは、かなり難しくて苦労したのですが、本番に強いですね〜。見事に弾ききって会場からは割れんばかりの拍手でした。そして演奏前のMCも最高でした(笑)。ありがとうございました!

DSCF0154

DSCF0156
7番:横川さん「見上げてごらん夜の星を」(初)
初参加の横川さん。曲は坂本九でおなじみの「見上げてごらん夜の星を」。ジェイク・シマブクロさんのカバーバージョンで演奏しました。元々うちの教室に来る前から上手な方だったので、レッスンでは主に感情表現などに磨きをかけることを考え、その成果を演奏でしっかり反映させてくれました。出来映えの良さは、会場の大きな拍手が物語るとおり素晴らしいものでしたね。特に最後のトレモロのところは圧巻でした。ありがとうございました!

DSCF0167

DSCF0177
8番:池田さん「Samba de uma nota só」(初)
発表会には初参加の池田さん。交流会はフル参加してくれているので、初参加は少し意外でした。曲は名曲「ワン・ノート・サンバ」。かなり緊張されていたので、普段の実力どおりの演奏ができたわけではありませんが、最後まであきらめずに弾ききってくれた姿が嬉しかったです。これからまたがんばっていきましょう!よろしくお願いします!

DSCF0187

DSCF0180
9番:開さん「Galota de Ipanema」(初)
初参加の開さん。クラシックギターも別の教室で習われています。曲はボサノバと言えばこれというぐらい有名な「イパネマの娘」をソロギターのアレンジで演奏。前半、その実力どおりの素敵な音色でとても心地よい演奏だったんですが、後半少し緊張してしまいました。でも、こちらもあきらめず最後までしっかり演奏してくださいました。その気持ちが嬉しかったです。また、MCをして司会の僕に助け舟を出してくれました。ありがとうございました!

DSCF0204

DSCF0199
10番:遠藤さん「Galota de Ipanema」(5)
5回目の参加の遠藤さん。曲は開さんに続いて「イパネマの娘」ですが、なんとバーデン・パウエルのスタイルで演奏です。ギターもDi Giorgioだし、気分はすっかりバーデン・パウエルです。そして、気分だけでなく、演奏もなかなかのバーデンっぷりでした。前半の休憩の時に、全然知らないお客さんから「遠藤さんって凄いですね!」と声をかけられました。そのことからも演奏にインパクトがあったことが伺えます。これから「バーデン道」を遠藤さんがずっと進んでいくのかはわかりませんが、 今後の活動に役立つスキルを得たことは間違いないと思います。これからもがんばっていきましょう!

DSCF0218

DSCF0225
11番:兵頭さん「O astronauta」(5)
5回目の参加の兵頭さん。最近は、ソロでのライブ活動に加え、バンド活動も盛んです。バンドではベースを担当されています。今回の曲は「宇宙飛行士」。今まで発表会は歌でやってきましたが、今回はソロギターに挑戦!しかも遠藤さんに続いてバーデンのアレンジです。弾き方はバーデンのようなimのオルタネイトカッティング奏法と違い、4本の指で摘む形でしたが、そのリズムの正確さと音の粒立ちとキレは、とてもかっこいいものでした。ライブでのレパートリーに幅ができましたね。
これからもがんばっていきましょう!

DSCF0236

DSCF0249
12番:田坂さん「Avarandado」*(初)
初参加の田坂さん。自分で作った洋服でレッスンに来られたりする多才な方で、今回の衣装も自作です。かわいいですね。曲はカエターノ・ヴェローゾの「アヴァランダード」。ジョアンがカバーしたバージョンを参考にしました。今までのレッスンでは日本語の歌を主にやっていたのですが、今回は本人初のポル語歌詞に挑戦しました。初めてとは思えない堂々としたステージング、朴訥とした歌い方は田坂さんの人柄を感じられる素敵な歌と演奏でした。お疲れ様でした。余談ですが、写真に写っている歌詞カードを入れたクリアファイルもカエターノです。

DSCF0253

DSCF0258
13番:日吉さん「A felicidade」*(初)
こちらも初参加の日吉さん。曲はジョビン&ヴィニシウスの名曲「フェリシダーヂ」です。すこしハスキーなかっこいい声の持ち主で、お客さんからも声が印象的だと言う感想をたくさん頂きました。今回、ギターの方はイントロに凝ってみたり、リズムを工夫したりと難しかったと思いますが、よく頑張りましたね。本番は少し緊張されてたみたいですが、なかなか素敵な歌と演奏でした。これからが楽しみです。お疲れ様でした!

DSCF0275

DSCF0277
14番:佐藤さん「Ela é Carioca」*(3)
今回で3回目の佐藤さん。曲はこちらもジョビン&ヴィニシウスの名曲「彼女はカリオカ」。実はこの後20番目に登場する武尾くんが結婚したばかりで、この日は彼の奥さんも見に来ていました。そこで「この曲を武尾くん夫妻に捧げます」と粋な計らいをしてくれました。思いのこもったいい演奏でしたね。ギターも上手になっていたし、素敵でした。ありがとうございました!

DSCF0048
今回の受付を手伝ってくれた4人です。左から本田さん、伊藤さん、岡本さん、井宮さん。皆さんのおかげで混乱もなくスムーズに進行することが出来ました。ありがとうございました。注意:奥に心霊写真の様に映っているのが遠藤さん!何回撮っても入ってきて悪い大人です!

この後、後編に続きます。


投稿者: Nishiguchi

ボサノヴァとジャズをこよなく愛するギタリスト。uncherry bossa nova guitar & ukulele school 主宰。バーデン・パウエル、ジョアン・ジルベルト、ジム・ホール、グラント・グリーンなどがフェイバリット。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA