企画ライブ 「Três Homens,Três Óculos e Três Violões」

04 / Dec / 2011 (sun) 「Três Homens,Três Óculos e Três Violões」

2009年頃から当教室の企画イベントに生徒さんを迎えてライブをしはじめました。(過去のライブはこちら→
この教室からどんどん新しいアーティストが出てくれたらいいなと思います。

この日は心斎橋のレンタルスペース「afu」にて行いました。
「Três Homens,Três Óculos e Três Violões (3人の男、3つのめがね、そして3本のギター)」と題して、めがね男3人がそれぞれにソロライブを行うという大変むさくるしい企画です。(笑)その為、写真もずいぶん地味なものですが、良かったらみてやってください。

ちなみに、ライブのコンセプトに合わせて、ノリ良くめがねをかけてきてくれたお客様は半分くらい。そこもゆるくていいですね。(笑)ウチらしいと思います。

では、当日の模様を。

心斎橋の古いビルの屋上にある一軒家「afu」。
DSCF0068

アメリカ村のド真ん中とは思えない程静かな所です。
DSCF0065

1番 ENDY
DSCF0038

DSCF0040
自分の事を「めがね1号です」とMC。(笑)オリジナル曲で歌ったり、ギターソロのインストをしたりと色々織り交ぜてのライブ。いつもはバンドやユニットで活動していて、今回初のソロライブでしたが、初とは思えない出来栄えでしたね。お疲れさまでした。

2番 兵頭宏
DSCF0056

DSCF0051
「めがね2号です。」とENDYのMCを受けてはじまった兵頭さんのライブ。安定した歌声とアレンジ豊かなギターはこの日も健在でした。すごく良かったです。ボサノバナンバーを聞きに来た人には嬉しかったのでは?ありがとうございました。

3番 Nishiken
DSCF0057

DSCF0017

DSCF0063
めがね3号となったこの日、オリジナル曲を6曲しました。すべてギターソロのインストです。今年は気が付いたら全然ライブをしておらず、最初で最後のライブとなりましたが、やっぱりライブはいいですね。来年はもっともっと時間を作ってライブをして行きたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします。当日の演奏動画→「Silent station

ロケーションも良く晴れていたので、当日は沢山の人に来て頂き、地味な企画の割には、意外と好評だったので嬉しかったです。

一緒にライブをしてくれたENDYと兵頭さん、そしてスタッフの平田さん、afuの方々、 そして見に来て頂いた皆さま、本当にありがとうございました。また楽しい企画を考えていきますので、よろしくお願いします!

投稿者: Nishiguchi

ボサノヴァとジャズをこよなく愛するギタリスト。uncherry bossa nova guitar & ukulele school 主宰。バーデン・パウエル、ジョアン・ジルベルト、ジム・ホール、グラント・グリーンなどがフェイバリット。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です