Bill Evans with Jeremy Steig / What’s New

今日の一枚「Bill Evans with Jeremy Steig / What’s New」。

「スパルタカスの愛のテーマ」。名曲だから色々な演奏家による沢山の名演と呼ばれるものがあるけれど、このアルバムで聴けるのもそのうちの1つだと思う。エヴァンスのピアノから始まり、導かれるように入ってくるジェレミー・スタイグの歌うようなフルート。グッときます。

2040[1]

関連ブログ→「Michel Legrand / Legrand Jazz Alpha Plus

Agustin Pereyra Lucena / 42:53

今日の一枚「Agustin Pereyra Lucena / 42:53」。

ブラジル音楽に憧れながら独自の道を歩むアルゼンチンのギタリスト・ルセナの今のところの最新作。オリジナルばかりで全10曲。どれも美しい曲・アレンジばかり。ギタリストなのにコンポーザー気質なのか、自身のプレイよりもアンサンブルを第一に考えているのがよく分かります。もちろんギタープレイも素敵です。2年前の初来日公演も最高でした。また来ないかな~。ちなみにタイトルは「42:53」だけど、iTunesでは「42:49」と表示されます。何故?

2039[1]

動画を探したけど、このアルバムの音源は見つからなかったので、イパネマをソロで弾いているものにしました。

sambalanco trio

今日の一枚「sambalanco trio」。

ピアノ・ベース・ドラムというオーソドックスなピアノトリオ編成にも関わらず、ブラジルらしさを感じさせるのは、その変幻自在なリズムによるところ大。1曲の中でかなり変化していくのに、自然な流れに感じさせるそのアレンジと演奏力は素晴らしいです。かっこいいピアノトリオアルバム。

2038[1]

安井源之新 / Oh ! Bola !!

今日の一枚「安井源之新 / Oh ! Bola !!」。

日本のブラジリアン・パーカッショニスト安井源之新さんの1stソロ。これが相当かっこいい。
1曲目のパンデイロとベースだけでかなりやられます。
ハンコックの「Tell Me A Bedtime Story」、コルトレーンの「Naima」など名曲のカバーもアレンジが斬新。
未聴の方はHPで試聴できますので是非。

2037[1]

Michel Legrand / Legrand Jazz Alpha Plus

今日の一枚「Michel Legrand / Legrand Jazz Alpha Plus」。

シェルブールの雨傘で有名なルグランが、マイルスやコルトレーン、ビル・エヴァンスなどを従えて製作したモダンジャズオーケストラの名盤。
ルグランの秀逸なアレンジの上で歌うような各プレイヤーの熱演が素晴らしい。
ルグランだからなのか、やっぱりどこか映画音楽っぽく感じます。
地味だけど素晴らしいいぶし銀ギタリスト・バリー・ガルブレイスのプレイが聴けるのも嬉しいです。

2035[1]