高 友季子/Se todos fossem iguais a voce

今回は高さんの動画紹介です。去年の「バーデン・パウエル トリビュートライブ」の時の映像です。高さんにとっては人生初のライブで、ドキドキだったそうですが、そんな風には見えないカッコよさでした。その中でしっとりしたナンバーを1曲披露してくれました。曲は「Se todos fossem iguais a voce」です。

10月の発表会はもちろん、11月のライブにも登場してくれます。(詳細
今回はバーデンくくりがないので、高さんがのびのびと好きな曲を演奏してもらえればと思います。ファンの方はぜひ遊びに来てください。

今回も動画アップをOKしてくださった高さんに感謝です。ありがとうございます。

当日の模様→「バーデン・トリビュートライブ

「Tribute to Baden Powell~Live」バーデン・パウエルゆかりの曲を

教室初のトリビュートライブを企画しました。第一弾はブラジリアンギターの鬼才、バーデン・パウエル。当教室でも人気のギタリストで、沢山の生徒さん達が学んでいきました。今回はそんなバーデン・パウエルに憧れてギターを学んできたメンバーが4名登場して、それぞれバーデンゆかりの曲を披露していきました。入れ替え時間のBGMもバーデンのアルバムを流したりして、だいぶマニアックなイベントでしたが、思ったよりお客さまが来てちょっとびっくりしました。

それでは当日の模様をご覧ください。

1.「西田 美穂


1.O Astronauta/宇宙飛行士
2.Petite valse
3.Carinhoso
4.Consolação
5.Sentimentos(アンコール)
トップは西田さん。持ち前のパワフルな演奏はもちろんのこと、トークも軽妙で、持参したレコードで、バーデン入門者にオススメのアルバムや、個人的に好きなアルバムなどの紹介があり、楽しいステージとなりました。自身初めてのライブでしたが、「ステージ、楽しいです。やってよかった。」とアンコールの時に言っていた姿が、出来る事は全て出し切った~!と言う爽やかさを感じました。ありがとうございました。

2.「河井 俊彦」


1.Retrato em Brasil/ブラジルの肖像画
2.Samba triste/悲しみのサンバ(長谷川ver)
3.Apelo/アペロ
4.Linda/リンダ
5.Eu sei que vou te amar/あなたを愛してしまう
6.The shadow of your smile/いそしぎ(アンコール)
2番手は河井さん。今回はバーデンゆかりの曲をアンコールも含めてたっぷり6曲演奏してくれました。河井さんらしい表現力豊かな演奏は健在。そして今回はトークも盛りだくさん(?!)で、あっという間の30分間でした。本当にありがとうございました。

3.「高 友季子」


1.Consolação
2.Berimbau
3.Valsa sem nome
4.Se todos fossem iguais a voce
5.Canto de ossanha
6.Deixa(アンコール)
こちらも初登場の高さん。本人いわくバーデンの中でも「泥臭い曲」をたくさん演奏してくれました。女バーデンばりの男前ギターとは正反対の、ぼやきトークが会場の笑いを誘っていました。初めてのライブとは思えません。ありがとうございました。

4.「西口 健一


1.Samba do avião/ジェット機のサンバ
2.Lamentos
3.Manha de Carnaval/カーニバルの朝
4.Deixa
5.Euridice
6.Samba Triste/悲しみのサンバ
7.La Marseillaise(アンコール)
そして僕がトリを務めさせていただきました。最初の2曲は緊張でガチガチでしたが、3曲目からは少し落ち着いて弾けました。思い入れが強過ぎて、どうその思いを表現するか悩んでいましたが、自分らしく弾くことしか結局はできないので、これでよかったのかなと思っています。個人的には、改めて「師匠・バーデン」の魅力と凄みを感じた一日となりました。とても楽しかったです。

改めてご来場いただいた観客の皆様、ありがとうございました。そして出演者の皆さん、受付を手伝ってくれた吉田さん、会場「IOR?I/雲州堂」の方々、本当にありがとうございました。また来年も雲州堂でライブを続けていこうと思います。今後ともよろしくお願いいたします!


「エイエイオー!」というショットですが、終了後の写真なので顔が和んでいます(笑)。ちなみに左側・高さんが持っているレコが僕が一番好きなアルバムで、右の西田さんが持っているジャケが西田さん一押しのアルバムです。

過去のブログ→「お宝?!バーデン・パウエルの知床旅情・・・!

来週はライブ!

いよいよ来週はバーデン・トリビュート・ライブです。
バーデンゆかりの曲を4人のアーティストがそれぞれに演奏していきます。

トリビュートライブは、ずっと敬遠してきた企画だったのですが、「こんなに沢山のバーデンゆかりの曲を練習してるギター教室もあんまりないんじゃない?」「一回やってみたら?」と私が去年の夏に言ったら、珍しく企画が通っちゃったんです。

なんだかバーデンって、あんまり似てる人がいなくて、こんな感じのギターが聴きたいと思ったら、バーデン聞くしかない様な存在。
ジャズのビル・エバンスが好きな人が「ビル以外でこんな感じのピアノジャズのCDを探してるんですけど」ってジャズの中古レコード屋さんで聞いたけど、ジャズに詳しい人でも「うーん・・・」と困っていたそうです。バーデンもそんな感じなのかもしれません。

クラッシックギターの福田進一さんの本に、初めて行ったプロのコンサートが「バーデン・パウエル」だったそうで、「強烈なラテン・リズムの切れ味は、今も鮮烈に思い出す。」とあり、また「どの音もクラッシュしてる様に聞こえ」と書いてあったので爆笑してしまいました。最終的には福田さんは自分がやりたい事とは隔たりを感じたそうですが、1970年代に大阪のサンケイホールにバーデンが来てたんだなと思うと私が生きてる時代に、いちおうバーデンも生きてたんだと身近に感じたり。

ある批評家の方がバーデンの歌とギターを星で評価してて、バーデンはギターは星5つだったのに、歌が星1つだったので、夫と2人で爆笑しました。ちなみにジョアンは歌5でギター3、ボンファは歌3でギター4でした。今回、誰かバーデンのモノマネして歌ってくれたらいいのにと思ったけど、みんな真面目なのでそんなモノマネはないそうです。当たり前か。

今回も出演してくれる方々に感謝。普段からバーデンがカッコイイな~と思って憧れているメンバーが集まって演奏会が出来る事がとても嬉しいです。

バーデン・パウエルが好きな方、ブラジリアンギターが好きな方、ボサノヴァやサンバが好きな方はぜひ遊びに来てください。
予約も前売りもありませんので、お気軽に遊びに来てください。お待ちしております。

その後のライブの模様はこちら→「Tribute to Baden Powell~Live

Tribute to Baden Powell~Live at Unsyudou

uncherry bossa nova guitar school presents LIVE

Baden Powell Tribute Live
2018.11.18 (sun) at 「IOR?I/雲州堂
17:30 OPEN
18:00 START
CHARGE 2,000 yen (with 1drink)
LIVE ACT / 西田 美穂、河井 俊彦、高 友季子、西口 健一(出演順)

ブラジリアンギターの鬼才、バーデン・パウエル。
当教室でも人気のギタリストで、沢山の生徒さんが学んでいます。
今回そんなバーデン好きの生徒さんを集めてライブを企画しました。バーデン・パウエルが好きな方、ブラジリアンギターが好きな方、ボサノヴァやサンバが好きな方はぜひ遊びに来てください。
4人それぞれがソロ演奏でバーデンゆかりの曲を演奏していきたいと思います。予約も前売りもありませんので、お気軽に遊びに来てください。お待ちしております。

こちらのライブは終了しました。
当日の模様はこちら→「バーデン・トリビュートライブ

西田 美穂(動画

企画ライブに初登場の西田さん。持ち前のパワフルな音色で、バーデンゆかりの曲を演奏してくれます。動画もありますので、ぜひご覧ください。当日の演奏が楽しみです。

河井 俊彦

以前にフラメンコギターを習っていたこともあり、河井さんが弾くと、表現力がとても豊かでダイナミックな演奏です。河井さんもバーデンが大好きなので今回の企画に参加してくださいました。どんな選曲になるのやら。今回も楽しみです。

高 友季子

高さんも教室の企画ライブには初登場です。女性ですが、いつもカッコイイ演奏を聞かせてくれます。今回はバーデントリビュートと言うことで高さんも大好きなバーデンの曲を色々と演奏してくれます。楽しみですね。

西口 健一(動画

いつもはオリジナル曲を演奏しますが、この日はバーデンゆかりの曲のみを演奏予定。全員ギター1本でのソロギターライブです。よろしくお願いいたします。

去年の11月雲州堂ライブはこちら→「秋のボサノヴァギターとウクレレのライブ

Baden Powellのレコード購入

お正月に、いつも行く中古盤屋さんで自分へのお年玉がわりにレコードを購入。

Baden Powell/De Baden para Vinicius
ライブ盤。録音状態はあまり良くないけど、その分臨場感があって、バラード系はなぜか泣ける。当たりでした。


Toquinho/Sonho dourado
こっちは大外れ・・・ムード歌謡やん。B面に「Barcelona」という曲があり、それに興味をそそられたんですが、ジャケットのダサさで気づくべきでした・・・。

こっちは面白そうなので買ってきた古本。

嫁が先に読んでなぜかショックを受けていました・・・「文中にある『カリオカ的ユーモア』についていけない」とのこと。(笑)

13 / Dec / 2015 (sun) 「Nishiguchi Kenichi solo guitar live at ここば空間」

12月の年の瀬にライブをしました。場所は大阪:谷町六丁目の美容室&イベントスペースの「ここば空間」です。

いつもはオリジナル曲ばかりですが、今回は初めて「バーデン・パウエル」ゆかりの曲を演奏しました。

今回のフライヤー。
20151213[1]

本番。第一部はオリジナル曲ばかり演奏しました。
DSCF7553[1]
<第一部>
1.Her rhythm
2.Clouds and Plants
3.ライオン橋
4.marangon
5.People are dancing
6.長い影
7.雲の上から(参考動画)

DSCF7561[1]
第二部は憧れのギタリスト「Baden Powell(バーデン・パウエル)」ゆかりの曲を演奏しました。初めてライブで演奏して非常に楽しかったです。
<第二部>
1.Samba do avião/ジェット機のサンバ
2.O Astronauta/宇宙飛行士
3.Euridice
4.Samba Triste/悲しみのサンバ
5.Deixa (参考動画)
6.Berimbau/ビリンバウ

ご来場いただいた皆様、後ろで立ち見になってしまった方々も、最後まで聴いて頂き本当にありがとうございました!また「ここば空間」の森下さん&スタッフの方々にもお世話になりました。 来年も頑張りますので今後ともよろしくお願いいたします。

お宝?!バーデン・パウエルの知床旅情・・・!

生徒さんがまた面白いバーデンのレコを持ってきてくれました。

その名もバーデン・パウエル「知床旅情」・・・?!
2783_large[1]

中ジャケ。むむむ。
2784_large[1]

日本の曲ばっかり。解説は期待させる内容ですが・・・
2785_large[1]

歌詞はあるけど、歌ってません。インストです。
2786_large[1]

裏ジャケ。確かに「花嫁」だけはバーデン的な感じも感じられましたが・・・
2787_large[1]
「ジャケ面白いけど、中身はド演歌です。とほほ・・・」と言って持ってきてくれました。確かにずっと聞いてられないド演歌っぷり(笑)。こんな仕事もしていたのか~と面白かったです。

今回も持ってきてくれた生徒さんに感謝です。
ありがとうございました!!

過去のブログ→「バーデン・パウエルのレコ

バーデン・パウエルのレコ

生徒さんがバーデンのレコードを持ってきてくれました。
2732_large[1]

帯には「弾いて、歌って、打楽器をたたくバーデン・パウエルの最も楽しいセッション」とあります。むむむ!
2733_large[1]

裏ジャケもかっこいいな~。何曲か持ってるのもあるけど楽しみです。
2734_large[1]

ちょっと聞いたけどカッコイイ!

レコ仲間が増えて、最近生徒さんとレコの話をすることも多いし、楽しいです。
お借りできたので、ゆっくり聞かせてもらおうと思います。
ありがとうございます。

過去のブログ→「Retrato / Baden Powell(バーデン・パウエル)(LP)」

Retrato / Baden Powell(バーデン・パウエル)(LP)

2668[1]

今週の一枚 「Retrato / Baden Powell(LP)」

国内盤。仏・フェスティバル(?)の4枚から、ボサノバスタンダードをA面に、バーデン作のバラードをB面に配した編集盤。
解説ではコルコバードで原曲どおり感情を込めて演奏しているとあるが、これほど原曲のイメージと離れた激しいバージョンは僕は知らない…。でもそれがカッコいいんだけど。今は輸入盤のCDでも聴けると思います。

過去のブログ→「Baden Powell / Os Cantores da Lapinha

ビリンバウ

この年末年始に、友達宅で「ビリンバウ」をさわらせてもらいました。
2205_large[1]

ビリンバウはブラジルの民族楽器だけど、この間、TVでアフリカの人達が使っていてカッコよかったから、アフリカの音を感じました。バーデン・パウエル作曲の「ビリンバウ」もこの楽器の事です。

友人宅のこのビリンバウは、ブラジルのお土産用に売っていたもので、そんなに本格的なものではないそうです。でも、鳴らしてみるとあのビヨーンって音がなんとも言えずいい。まったく弾ける感じはしなかったけど・・・面白かったです。