Fana 試奏会

先日、上本町のクラッシックギター専門店「Fana」にて試奏会をしてきました。

今回のメンバーは・・・
・クラシックギターを購入したいけど、何を買えばいいのかよく分からないので先生についてきてもらいたい生徒さん。
・現在エレクトリック・ガット・ギター(通称:エレガット)を使用しているが、生音のいいクラシックギターがほしいと思っている生徒さん。
以上2名と一緒に行ってきました。

左は「Fana」の福永さん。過去のブログ→「河村ギター

気に入った予算のギターを買えた人もいたし、ギター1本1本の個性や奥深さを知ってもらえる機会となりました。

その時「ギターのメンテナンス方法は?」「弦は何がいいの?」「弦の貼り方の細かい所がイマイチ分からない」「ハーモニックスでチューニングしたことない」など色々話が出てきたので、今後「ギターの弦張り替えやメンテナンスのグループレッスン」みたいなものをやってみようかな?と思いました。ボサノヴァギターを勉強する上で、楽器の基礎知識なんかはグループレッスンで教えても大丈夫かなと思ったりしました。「基礎の音楽理論」とかも。また「弦の張り替え方」などに興味のある人はレッスンの時に言ってください。人数が多かったら、そんな「弦の張り替え講座」をやってみようかと思います。

とにかく今回もFanaの福永さんに感謝です。ありがとうございました。

前回の試奏会の模様→「ギター教室 Fana 試奏会

爪の話。

今日は爪の話を。
ギタリストは別名「爪職人」と言われるほど、毎日のびてくる爪を整えるのが日課です。

これは特にクラッシックギター、フラメンコギター、ボサノヴァギターなど指弾きのギタリストの話なんですが。プロの方でも色んなパターンの人がいます。

僕の場合、弦を押さえる左手は短く切ってます。(ここはみんな一緒です。爪が長いと弦を押さえきれないので。)そして右手は伸ばしています。爪切りでまず切って、その後ヤスリで整えています。爪が強いのでマニュキアとかは塗っていません。爪が弱い人はマニュキア塗ったり、アロンアルファで「釣名人」って言うのがあるんですが、それを使ったりしています。爪の補強に人気の商品で、今や釣りをする人より世界中のギタリストの必須アイテムになりつつある商品です。

詳しくはAmazonのカスタマーレビューをご覧ください。
ほぼ、釣りではなくギタリストからの意見が上がっているので面白いですよ。(こちら→

基本の削り方とかもありますが、教室の生徒さんも自分の好みの音色によって色々試してるみたいです。爪切りはアレがよかったよ、とか色々情報をもらったりもしています。またコレ!と言うアイテムがあったらブログにアップしますね。

とにかく爪は毎日伸びるのでせっかくコレだ!と思える形に整えても次の日には違うので、なかなかむずかしく「ギタリスト=爪職人」としては修業の日々です。

Laurindo Almeida / Villa-Lobos : Music for the Spanish Guitar

しばらくブログの更新をしていませんでした。ごめんなさい。

ネタがあんまりないので、ごく少数の生徒さんには好評だった、「今日の一枚」を、「今週の一枚」にして再開しようと思います。気になるものがあれば、レッスン時にかけますので、気軽に問い合わせてください。

では早速。

2664_large[1]

「Laurindo Almeida / Villa-Lobos : Music for the Spanish Guitar」

ローリンド・アルメイダと言えば、
「Guitar from Ipanema」だったり、
バド・シャンクとの共演などをよく聴いていました。

最近中古盤でこれを購入したんですが、かなり気に入って頻繁に聴いています。
クラシックギターファンやラテンクラシック好きには有名な、ブラジルが生んだ偉大な作曲家ヴィラ・ロボスの作品集です。

ヴィラ・ロボスは、今までの自分にはちょっと蒸し暑いというか、聴いていて息苦しくなるイメージがありました。(ちなみに山下和仁さんのヴィラ・ロボスを聴いた時のイメージです。山下さん、ごめんなさい。)でも、この作品で開眼したように思います。
まず、盤が赤のカラーヴィニールなので、それだけでちょっとテンションが上がる(笑)。有名な練習曲1番もかっこいいけど、少しスローな淡々とした曲に惹かれます。そしてA面最後のショーロス1番がやっぱりいい曲。

こんな曲を作れるようになりたいです。

ギター教室 Fana 試奏会

19 / Jan / 2014 (sun) 「Fana 試奏会」

初の企画となったFana試奏会。
大阪:上本町の手工ギター専門店「Fana大阪」店長の福永さんに声をかけてもらい、なんと2時間貸し切りで、日本の作家さんをはじめ、色々な国のギターを試奏させていただきました。

今回参加してくれた生徒さんは6名。みんな色々な経緯でここに集まりました。

・ウクレレからギターに転向したいので、ギター購入を考えてる人。
・今のギターはだいぶボロボロなので、新しくちゃんとしたギターがほしかった人。
・ライブ用にエレガットしか持ってないから、生音でいい音をだすギターがほしい人。
・ギターの表面板が杉のものしか持ってないから、次は松のギターがほしいと思っている人。
・とにかく何か出会いを求めて色々ギター専門店に試奏に行ってる人。

そんな6名と僕とで、初の企画:Fanaにてギター試奏しまくり会。贅沢にも実現しました。

それでは当日の模様をご覧ください。

店の入り口の看板。
DSCF1021

店内。
DSCF1032

ギターの弦や、楽譜、CD、本、ギターケースなど色々あります。
DSCF7518

DSCF1037

ずらりとあるギターの数々。
DSCF1038

いつもは眺めるだけですが・・・
DSCF1039

「これを弾きたいです。」と言って福永さんに出してもらいました。
DSCF7495

弾きたいけど、ビビッて弾く事のなかったギターを試奏できるなんて・・・幸せです。ちなみにお店は試奏大歓迎ですので、ビビらずに声をかけてください、とのこと。
DSCF7505

生徒さんもそれぞれの目的別に試奏中。福永さんのアドバイスを聞きながら楽しみました。
DSCF7490

DSCF7499

僕が以前に購入した河村ギターも種類は違いますがありました。
DSCF7516

一番気に入ってしまった、ベルギーの作家さんのギター。持って帰りたい! 値段は120万円・・・買えません!(笑)
DSCF7507

結局、いいギターを知ってしまったけど、買えないと言う、少々ストレスのかかる帰り道になったけれど、(笑)こんな機会でないと、おいそれと弾く事の出来ない?!ギターも弾けて楽しかったです。

気に入ったギターを見つけた生徒さんもいましたし、けっこういい会になったと思います。
また興味のある人は、レッスンの時に声をかけてください。人数が集まれば、次も試奏会をしてみたいと思います。

Fanaの福永さん、本当にありがとうございました。

「fana」40周年記念ギター

先日生徒さんが「fana」で新しいギターを購入されました。
いつもお世話になっている「fana」さんの40周年記念に作られた
ヴィンテージ FANAです。いい音してました。うらやましい!ちょっとジェラシー・・・

2103[1]

教室用ギター購入!

教室の生徒さん用ギターを上本町「Fana」で買いました。
マツオカギター M70」弦長650mmです。

2475_large[1]

これで今まで使っていたギターは引退です。
だいぶ長い間使ってボロボロでしたが、ご苦労さまと言いたいです。

新しいギターもみんなに使ってもらっていい音に育てていきたいと思います。
ギターの生徒さんはお楽しみに!

生徒さんのNewギター拝見!

以前、生徒のTさんのギター購入付き添いで「Fana」さんへ向う時に、真新しいギターケースを抱えた生徒のMさんに上町筋でばったり遭遇。まさにその日、Mさんは「Fana」でギターを買ったばかりらしく、ビックリしました。

後日、そのギターを持ってきてくれました。

早速、弾かせてもらうことに。「Fana」さんの40周年記念に作られた ヴィンテージ FANA
2445_large[1]
まだ新しいから鳴ってないけど、いい音色。そして弦長640mmはすごく弾きやすかったです。やっぱりいいな。うらやましい・・・

持ってきてくれてありがとうございました。

生徒さんのギター拝見

またまた生徒さんが新しいギターを買ったので、持って来てくれました。
2374_large[1]

上本町の「Fana」さんで買ったそうです。
一柳さん作の手工ギターです。
めちゃめちゃいい音色で感動しました。
やっぱり価格が音色に反映されるな~・・・

最近のお気に入り

サバレスのカンティーガ低音弦(ちなみに高音弦はオーガスティンのリーガルです)。
2294_large[1]

僕がメインで使っている河村ギターは低音が少し出過ぎるので、オーガスティン・リーガルとセットのブルーを張ると、音もテンションも強過ぎてイマイチでした。色々と他にも試しましたが、最近はこのサバレスが気に入っています。

出過ぎず、かといって腰が弱い音でもなく、弾きやすい。高音弦のオーガスティン・リーガルとの相性も今のところ大丈夫。しばらくこれでいくつもりです。

ちなみにアウラさんのこのページが参考になると思います。弦で悩んでいる人は一度覗いてみてください。

David Russell / Air on a G String

今日の一枚「David Russell / Air on a G String」。

デヴィッド・ラッセルのバロック曲集。
この人の左指の無駄のない美しい動きにいつも目が釘付けになります。素晴らしい。憧れます。
動画は3曲演奏しているライブですが、2曲目でこのアルバムに収録されている曲を演奏しています。

2041[1]