国内の手工ギター弾いてきました。

またまた生徒さんの要望でクラッシックギター専門店「Fana」へ行ってきました。今回は日本の作家さんのギターをたくさん試奏してきました。

今回のメンバーは・・・

先日、「こもれびのボサノバライブ」をしていた高さんです。

クラッシックギターは持っているけれど、もうそろそろ上のランクの手工ギターがほしいと言う事で、色んな楽器屋さんで試奏してきたけれど、Fanaへも行ってみたいと言う事で、この日を迎えました。

人気の弦長640mmのギターがいいかな?と思って、2本ほど試奏してもらったけど、「いつも650mmを弾いているから、なんか違和感がありますね。」とのこと。なるほど。

標準サイズのギターは弦長が650㎜ですが、640㎜の方がフレットの幅が狭い分だけ手の小さい人には弾きやすいという話があって、割と人気のサイズなんです。音も、腕のいい作家さんが作ったギターだと650㎜と変わらないとのこと。でも普段650㎜だから違和感があるって言うのも納得。640㎜のギターで弾きやすくなった人もいるし、人それぞれで面白いです。

それから、Fanaの福永さんより、国内の手工ギターも近々5万円ほど価格がアップするそうです。えー!値上げの波キターーー!弦も値上げしてるし、ギターも値上げか・・・。

今年は生徒さんに付き合って試奏しまくりの一年でした。自分も一緒にいい手工ギターを買ったし(その時の模様)、ギターを弾いている時が楽しいから、他の娯楽がいらないって感じで、ずっと弾いてます。

今回、めでたく高さんもいいギターを見つけたみたいで、「もっと早く買えばよかった。」って後日言ってたし、嬉しそうだったのでよかったです。今後の高さんのギター演奏が楽しみです。新年会で聴けるかな?

今回もブログネタで撮影させていただきありがとうございました。

追記:Fanaより「年末・年始の予定は、年末は12/28(水)まで。年始は1/6(金)より営業させていただきます。」とのことです。

学園前ホールへ行ってきました。

Fanaの福永さんが企画したイベント「アンサンブルNEO 2nd Concert」を聴きに行ってきました。

〇前回のブログはこちら→「アンサンブルNEO 2nd Concert / なんだか気になるFana大阪・福永さんの企画イベント。」をチェック。

写真は許可をもらって撮影させていただきました。

福永さんは、クラッシックギター専門店「Fana」の店長さんでもあり、ギター製作家でもあり、色んな顔を持つ方で、今日のギター合奏の中にも福永さんの手工ギターがあるそうです。そんな色んな顔を持つ福永さんの「指揮者」姿を見たくてやってきました。

入口でもらったパンフレット。本日の演奏曲が載ってます。

なんかウチの教室の発表会のフライヤーと似てるな~。

〇比べてみてください。笑→「発表会のフライヤーが出来ました!2022」をチェック。

第1部 アルベニスとかタレガの「アルハンブラの思い出」とかクラッシックギターの名曲が聴けるみたいです。

第2部はこんな感じ。バッハやモーツァルトなどクラッシックの定番も聴けるみたいで楽しみですね。

こちらの写真は主催者よりブログアップの許可をもらっています。

本番が始まりました。1部・2部を通して約2時間半の演奏。たっぷり演奏を聴くことができました。途中簡単な曲の紹介や、岩崎真一さんのギター演奏、指揮者の福永さんのお話などもあって、楽しかったです。入場無料と言う事もあり、沢山の方々が聴きに来ていました。

ウチの教室からも何人か来ていて帰りは一緒に帰りました。

帰りの電車でみんなで言ってたのは、「たくさんの人数であれだけの長い曲を合わせて練習するのは大変だろうな。」って話で盛り上がりました。本当に合わせるだけで何時間かかるんだろうと思ったり。

後日、福永さんと会って、合奏の魅力や難しさについて色々聞く事ができました。魅力はみんなで合わせる楽しさ、一人でクラッシックギターをステージで弾くプレッシャーに比べたら、沢山で分担して演奏するので、ちょっと楽になるとのこと。また難しさは練習時間を合わせたり、沢山の人数で練習する場所の確保などが大変だそうです。

ちなみにウチの生徒さん達&講師(夫)は口々に「あれは大変そう。」って言う意見がほとんど。「自分のミスがみんなのミスになるのがプレッシャー」とか言ってました。ギター演奏の難しさを知ってる人ならではの拒否反応に笑ってしまいました。ギターを弾かない私にとってはちょっと面白かったです。

とうとう円安の波キター!ギター弦の値上げ

1ドル=150円を超える円安になった現在。とうとうギターの弦も値上げのお知らせがきました。

ギターの弦をいつも購入しているクラッシックギター専門店「Fana」の福永さんより「すみませんが、来月11/1より値上げになります。」と、値上げ後の価格表を見せてもらいました。

あ~、とうとう来ましたか、円安の波。しかし思ったより値上がりするな~。

今月中にもうちょっと多めに買っておこうかな?と思ったり。皆さんにもお知らせをと思ってブログにアップしました。ネットのサウンドハウスとかも、今はまだ大丈夫だけど、そのうち値上げになるのかな。

ちなみに上の段が値上げの対象。下の段「SAVAREZ」はまだ値上げじゃないみたいです。

ほぼ買う予定の試奏会?!

響きアラタこと、田辺さんがずっとクラッシックギターを探していて、関西の色んな楽器店で試奏を重ねて、ようやくほしいギターと出会ったみたいで、楽しそうなので、買う瞬間を見に、私たちもお邪魔してきました。場所は上本町のクラッシックギター専門店「Fana」です。

店主の福永さん(左)が取り出したギターが今回のお目当てのギター。田辺さん(中央)が気に入っているギターだそうです。うーん、その音色はいかに・・・

「やっぱり、いいな~このギター!」と試奏中の姿。こちらのギター、ラミレスだそうです。ちょっとお高いです。表面板は杉で、横板はハカランダ。79年製作のものだとか。

実は田辺さんはFanaへ通って、これが3回目。1回目は噂のラミレスを試奏したくて来たものの、安倍元総理の国葬で、東京よりギターが届くのが遅くなって、他の手工ギターをたっぷり弾かせてもらったそうです。

そして2回目、ラミレスをめでたく試奏。自分のメインギターも持って弾き比べもして確認したそうです。その時、初めて弾いたとは思えないほど弾きやすく、音色も好みだったとか。

そして今回が3回目。ほぼ買うけど、まだまだ確認します。

まずは他の人、特にボサノバを弾ける人に弾いてもらって、出音を確認です。「ジェット機のサンバ」とか演奏してもらって、「(出音も)いいな。」と田辺さん。音の抜け感がよくて、綺麗な音色。

手の小さい女子にはちょっとサイズが大きめで弾きにくい感じでしたが、田辺さんにはちょうどいいサイズだったそうです。音色もボサノバにあうし、出音も気に入ったし、いよいよ・・・

とは言え、高額な買い物なので、他のギターも弾かせてもらいながら試案中。同じくらいの価格のギターと弾き比べてみるのも大切な確認作業です。

そして・・・

「買います!」とこの笑顔。

<いいギターを買う時のアドバイス>

1.色んな楽器屋さんで試奏しまくる。1本1本違うので、知識を持っておいて、自分が好きな音を知る事も大切。
2.自分のギターを持っていって同じ空間で弾く。自分のギターより弾きやすくて、いい音(好きな音)かを確認。
3.店員さんか、他の人に弾いてもらって、出音も好きな感じかを確認する。

簡単にはこんな感じかな?あと、買った後に何か不具合が出た時、見てもらえたり、色々と相談できるお店だと嬉しいです。

帰り道。田辺さんの事だから、毎日ギターを弾くだろうし、ギターにとっても幸せな所に来る事ができたんじゃないでしょうか?

他の楽器店でもさんざん試奏していただけに、後悔のない買い物になった様子。でも念願のラミレスが手に入って嬉しい反面、ちょっと緊張した面持ち。「ボサノヴァギターのまた新しい扉を開けてしまったなー。いやー、頑張ります!」って言ってました。

どんどんYouTubeにもアップしてもらいたいです。今後の響きアラタの活動が楽しみです。

自分が購入した訳じゃないけど、めちゃくちゃ緊張して、ドキドキしました。エキサイティングな一日でした。笑

追記:実は教室でラミレスを買った生徒さんがいて、そのギターの音色がよかった話をしたら、田辺さんも「そんなギターがほしいなぁ。」と。Fanaへ問い合わせたら、ちょうど東京で中古のラミレスが出てきたよと言う話があって、そこからトントン拍子にこの日を迎えました。タイミングって不思議ですね。

〇その後、ラミレスの初舞台!ライブをした様子はこちら→「ボサノバライブ無事終了!」をチェック。

噂の黒澤ギター拝見!

久しぶりに「ギター拝見」のコーナーです。今回のギターは・・・

3ヶ月ほど前に購入したと言う噂の黒澤ギター。「黒澤哲郎」さんと言う人気の作家さんの手工ギターです。生徒さんご本人の話によると、「低音弦がすごい鳴ってるなーと思うんです。」とのこと。

うまく言葉にできないけれど、音の芯がキュッと詰まっていると言うか、音がぼやけてない感じで、人気があるのも分かるなと思いました。とてもいい音です。

生徒さんは、ずっとクラッシックギターかエレガットがほしくて、大阪や大阪以外のお店で色々と試奏しまくって、ようやくFanaで売っているこの黒澤ギターにたどり着いたそうです。

「他のお店で試奏した時、ちょっとギターの扱いが雑な感じがしたので、一番ギターの扱いが丁寧なFanaさんで買おうと思って・・・」とのこと。なるほど。

まだ新しいギターなので、これからどんどん弾きこんで、鳴るギターに育てていってほしいです。「毎日弾いてる」って言ってたので、今後の音色に期待!

今回も見せていただいた生徒さんに感謝!ブログネタありがとうございました。

関連タグ→「ギター拝見

アンサンブルNEO 2nd Concert / なんだか気になるFana大阪・福永さんの企画イベント。

先日Fanaへギターの弦を買いに行ったら、こんなフライヤーがありました。

その名も「アンサンブルNEO 2nd Concert」。いつもお世話になっているFanaの福永さんが企画したイベントです。

去年もやったそうで、今年はその第2弾だそうです。

写真にある様にギターの合奏です。演奏曲はこんな感じ。気になる曲あるな~。

以前も福永さん企画のコンサートを「学園前ホール」で見たけれど、すごく楽しかったので、今回も気になります。しかも今回は「入場無料」の文字が・・・なんで?お得すぎる。

よく分からず色々と福永さんに質問してたら、この写真の指揮者の人、福永さんご自身だそうです。で、演奏しているギター(アルトやソプラノなど)の中に福永さんが作ったギターを弾いている方もいるのだとか。

福永さんの説明を聞いていると興味がつきないです。

福永さんより「興味のある方は是非お越しください。よろしくお願いいたします。」とのこと。

とにかく、ギター合奏は弦楽器好きにはたまらない演奏になると思うので、気になる方はぜひ行ってみてください。

ちなみに、教室でも合奏出身の生徒さんが何人か来ています。学生時代に低音担当だった人は、6弦の音がすごく簡単に大きな音で弾けたり、高音担当だった方は「単音ばっかり弾いていた」とかで、ワンノートサンバのみんなが苦戦する有名な単音フレーズの所が、やたら上手くてビックリしたり、特徴があって面白かった記憶があります。

教室でもこちらのフライヤー配ってますので、興味のある方はレッスンの時に声をかけてください。

追記:「僕も学生時代クラッシックギター部だったんで、合奏やったことあるんです。」と言う方が。その他、「ギターの合奏は苦手かな。僕はやっぱり先生みたいなん(ソロギター)の方が聴けるんです。」って言う方も。このフライヤーをきっかけに、色んな話が聞けて面白かったです。

YouTubeに動画もありました。去年の演奏だそうです。

サルビスでのバーデン特集、無事終了しました。

天満橋にあるワインとレコードのお店「salvis wine&records」 でのイベント「Salon de Bossa nova & wine & records 」無事終了しました。

今回はサルビスの野口さんのリクエストで「バーデン・パウエル特集」として開催しました。(当日のメニューには表記が「バーデン・パウエルに捧げる会」になっていて、さらに野口さんの熱いバーデン愛を感じました。笑。)

まずは演奏。

Deixa」「Lamento」などバーデン・パウエルゆかりの曲を演奏しました。

休憩をはさんで、「バーデン・パウエルってどんな人?」って所を夫婦で簡単に解説しました。初めてだったので、分かりやすく解説できたかな?

解説より分かりやすいご本人の音源の方は、家からバーデンのレコードをいっぱい持っていってかけました。初期の頃の女性ボーカルの伴奏なんかをしていた頃のものから、全盛期のかっこいいライブ演奏まで、色々とかけていきました。

やっぱりバーデン・パウエルにとって、ヴィニシウス・ジ・モライスとの出会いは大きかったと思ったので、「アフロ・サンバ」とかその辺の話もしつつ、教室でも人気の「ビリンバウ」などを紹介していきました。

バーデン全盛期のかっこいい音源をみんなで聴いて楽しかったです。

その後、再び演奏に戻って、バーデンの話もしつつ、1曲1曲演奏していきました。

今までやった事のない感じの演奏&解説コーナーでしたが、けっこう楽しかったです。

ご来店いただいた皆様、本当にありがとうございました。 サルビスの野口さんには今回も本当にお世話になりました。ありがとうございます。あと、私たち夫婦の解説している姿を撮ってくれたダブルY子さん達!ありがとうございます。

また機会があればやってみたいと思います。その時はよろしくお願いいたします。

今後のライブ情報はこちら→「live-schedule」をチェック!

追記:リハーサルで演奏してる動画をアップしました。→「Samba Triste(悲しみのサンバ)」ご覧ください。