maspi/マスピ(梅田)

今回はグルメレポートです。 スペイン・バスク料理「ETXOLA」の新店「maspi」へ行ってきました。こちらのお店はバスク料理ではなくカタルーニャ料理だそうです。

教室の忘年会で2014から2017年までお世話になっていたバスク料理の「bimendi」も同系列のお店です。その時の料理も生徒さん達に好評でした。その時の料理→「忘年会2016

大阪でカタルーニャ料理を食べれる日が来るとは。さていかに・・・

maspi  カタルーニャ料理

カウンターが好きなのでカウンターに座りました。楽しみだな~。

maspi  カウンター席

出てきました。 「ガスパチョ、山羊のチーズとスモモ 」。冷たくて美味しい。

「パンコントマテとイベリコ生ハム 」。葉っぱの形の器も楽しい。

夫の前菜。「アユと生ハム、アーモンドのコカ」 。ちょっと食べさせてもらったけど、激うま。

私の前菜。 「エンドウ豆、モルシージャ、ソブラサーダと卵 」エンドウ豆が甘くておいしい。

「 ハモとモロッコインゲンのごはん」 。これは出汁が効いてて、ごはんに旨味が詰まってます。食べるほどに旨味がしみてきます。美味しい。

夫のメインは 「イベリコ豚のアルボンディガスと野菜の煮込み 」。

私のメインは「鶏とジャガイモのカタルーニャ風」。 お肉がやわらかい。

お腹いっぱいになりました。やっぱり美味しかったです。

デザート。チーズケーキ。

こっちはフルーツのデザート。さっぱり爽やか。

アイスコーヒーで終了!大満足。

おまけにオルチャータのチョコジェラートも頂きました。

オルチャータはスペインで人気のドリンク。そのオルチャータを初めて食べました。ジェラートになってて夏にぴったり。ごちそうさまでした。

2人でランチ6480円(税込み)はちょっとお高いけれど、料理が美味しかったので大満足。オープン当初に行った友人が「美味しいけど量が少ない」って言ってたので心配だったけど、めちゃくちゃお腹いっぱいになりました。梅田で行きたいお店が出来たのは嬉しい。

ちょっと特別な日にぜひ予約して食べに行ってみてください。スペイン・カタルーニャ出身のマテオシェフが作る料理は絶品ですよ。オススメです。

ウクレレが増えました。

教室にウクレレが2本やってきました。とある生徒さんより「教室で使ってください。」とのこと。ありがたや〜!

uncherry bossa nova guitar & ukulele school

左がコンサートサイズ、右がオベーションのソプラノウクレレ。

というわけで、ウクレレが増えたのでレッスン時にウクレレの生徒さん達に貸出できます。(もちろん無料!)
レッスン前後に用事がある時などは手ぶらで来てもらってもOKです。

今回も生徒さんに感謝。ありがとうございます!

ライブ1カ月前!

9月8日にライブをします。(詳細

Bossa nova & Jazz guitar LIVE

ちょうど1カ月前なので、宣伝を。

出演者の奥野さんはウチの教室のマエストロで渋いジャズのスタンダード演奏が魅力です。2018年から 泉州・忠岡町の自宅で ギター教室を始めて、生徒さんもどんどん増えているそうですよ。ウクレレ教室も今年からはオープンして、今回のライブでも少しウクレレ演奏もしてくれるそうです。楽しみですね。(動画

吉田さんは、去年の浴衣ライブ以来の登場です。前回はユニットで登場でしたが、今回はギター1本でボサノバスタンダードを弾き語り。ゆーさん(吉田さん)の伸びやかな歌声と、普段はOLとは思えないギター演奏にびっくり。飾らないMCも楽しくて人気です。(動画

最後に西口です。今回もオリジナル曲を中心に演奏予定。ブログに動画もアップしているので、ぜひ聴いてみてください。今年は「ジョアン・ジルベルト・トリビュートライブ」で弾き語りを披露、その後、「浴衣ライブ」では浴衣を着ての演奏。今回9月に、ようやく普段の姿に戻る感じです。(動画

そんな感じで9月のライブもよろしくお願いします!

ライブは一般の方でもご覧になれますので、是非遊びに来てください。予約とか前売りもありませんのでお気軽にどうぞ。
日曜の昼下がりにのんびりほっこりしてもらえればと思います。お待ちしております。

浴衣ライブ2019無事終了!

浴衣ライブ無事終了しました。

浴衣ライブ 2019

ご来場いただいた観客の皆様、ありがとうございました。そして出演者の皆さん、受付を手伝ってくれた吉田さん、会場「IOR?I/雲州堂」の方々、本当にありがとうございました。
当日の模様をアップしましたので、よかったらご覧ください。→「浴衣ライブ 2019

31 / mar / 2019 (sun) 「Tribute to Joao Gilberto~Live」

ジョアン・ジルベルト・トリビュートライブ

説明不要のボサノヴァの神、ジョアン・ジルベルト。当教室でも人気ですが、なかなか難しいのでジョアンのアレンジを学ぶ人は少ないのが現状です。そんな中、ジョアンに挑んだ事がある生徒さんを集めてライブを企画しました。正直、生徒さんと言うのもおこがましいほど当教室の自慢の皆様に出演して頂き感謝です。企画して本当に良かったです。教室としては前回のバーデン・パウエルに続いて第2弾のトリビュートライブ。ジョアン・ジルベルトゆかりの曲をそれぞれが披露していきました。

それでは当日の模様をご覧ください。

本番前に出演者での記念撮影。手にしているのはジョアンのレコードです。とうとうこの日がやってきました。

恒例の「エイ・エイ・オー!」。いざ本番!

1.「田辺 新


1.Desde que o samba é samba
2.Outra vez
3.É preciso perdoar
4.A felicidade
5.Que reste-t-il de nos amours
6.Sandália de prata
7.Desafinado(アンコール)
1番手は田辺さん。ボサノヴァの原点の様な楽しく歌って遊んでいる様な温かみのあるステージを見せてくれました。会場がすごく和んだと思います。サンバのノリの様なものから、しっとりしたバラード系まで、今回も色んなタイプの歌を歌ってくれました。ありがとうございました!
Mais um passo!

2.「矢野 汕骨


1.Sem compromisso
2.Águas de março
3.Chega de saudade
4.Eu vim da Bahia
5.Garota de Ipanema
6.光でいっぱい(オリジナル曲/アンコール)
いつものオリジナル曲は封印して、今回はボサノヴァのみの弾き語りをしてくれました。ボサノヴァの矢野さんが堪能できたのではないでしょうか?アンコールではオリジナル曲も披露。初めて矢野さんを見たお客さんも喜んでいました。ありがとうございました!
Mais um passo!
注:矢野さんはこの後『矢野汕骨』改め、元の『矢野一希』に戻して活動されています。

3.「兵頭 宏


1.Ela é Carioca
2.É luxo só
3.Amor certinho
4.Brigas nunca mais
5.Caminhos cruzados
6.Palpite infeliz
7.Saudade da Bahia(アンコール)
教室企画のライブではお馴染みの兵頭さん。今回も素敵な歌声を聞かせてくれました。間奏のギターソロも楽しかった。ジョアン・トリビュートライブであっても兵頭さんらしい軽快な感じはそのままで良かったです。今回もありがとうございました!

4.「西口 健一


1.Corcovado
2.Disse alguém
3.Menino do Rio
4.Adeus América
5.Doralice
6.Valsa(Como são lindos os Youguis/Bebel)
7.Garota de Ipanema(アンコール)
そして僕がトリを務めさせていただきました。生まれて初めて弾き語りのライブをしました。自分的には課題が多く残りましたが、それでも歌うのってなかなか楽しいですね。思い切って歌ってみてよかったです。

追加1:アンコールに「イパネマの娘」を演奏して会場の皆さんにも一緒に歌ってもらったんですが、ポルトガル語で歌える人が沢山いてビックリしました。
追記2:その後、ある生徒さんから「よく考えたら『イパネマの娘』習ってなかったんで、あの時歌えなかったんです。教えてください!」って言われてちょっと面白かったです。

改めてご来場いただいた観客の皆様、ありがとうございました。そして出演者の皆さん、受付を手伝ってくれた吉田さん、会場「IOR?I/雲州堂」の方々、本当にありがとうございました。また夏には雲州堂で浴衣ライブをする予定です。今後ともよろしくお願いいたします!

おまけ:

ライブ後の打ち上げの様子。「Bistro やまごや」にて。料理美味しかった!

関連ブログ1→「ジョアンのDVD予約しました。
関連ブログ2→「Getz Jilberto ’76

追記3:この時はまだこの年の7月6日にジョアンが亡くなるなんて思いもしていませんでした。なんの記念日でもなく、ただやってみたくて「トリビュートライブ」をして、ジョアンの凄さを改めて知り、またボサノヴァが、ジョアンがさらに好きになりました。 心よりご冥福をお祈り致します。
関連ブログ→「ジョアン・ジルベルトに感謝!