JOÃO GILBERTO LIVE IN TOKYO

久々にシネ・リーブル梅田へ行ってきました。

もちろん噂の「ジョアン・ジルベルト ライブ・イン・トーキョー」を見るためです。

「コンサートを映画化したものに3,000円て高くない?」って思っていたけど、そんな風に思っていた自分に思いっきりビンタを食らわしてやりたいぐらい感動しました。

2003年の初来日も観に行っているので、そこまでの感動はないと思っていたけど見事にやられました。ほんとにコンサートを特等席でじっくりと味わえた感じです。あまりの気持ち良さに、自分の前の列の左端のおっちゃんは思いっきり寝てた(笑)。その気持ち、ちょっとわかります。

なんでかわからんけど「Estate」でじんわり涙。あんまり好きな曲じゃないのに。年のせいか最近涙もろい。

映画を観た感動をこのブログで言葉で表現しようと思ったけど、自分の陳腐な語彙力では無理だわ。ごめんなさい。ただ、ボサノヴァギター教室を営み、ボサノヴァに関わって生きていけていることに今、心から感謝しています。

今月末のジョアン・ジルベルト・トリビュート・ライブのフライヤーが出来上がり配り始めた頃、ある生徒さんに「トリビュートってことはこの日は何かジョアンの記念日なんですか?」と聞かれ、全然違うから「やばい!」と思ってたけど、直前にこの映画公開があり、ブルーレイ・DVD発売日前日ということで、やっぱりこの日にしてよかった。持ってるな〜(笑)。

ジョアンの足元ならぬ、足の爪の先にも及ばない4人のおっさんですが、頑張って歌います。それぞれの思いを持って。よかったら31日のライブに是非遊びに来てください。お待ちしております。

その後のライブの様子はこちら→「Tribute to Joao Gilberto~Live