第9回 uncherryボサノバギター教室&ウクレレ教室 発表会 番外編

16 / Oct / 2011 (sun) 第9回 発表会にて / 番外編

ここからは、恒例となった楽しい打ち上げの模様。まずは乾杯~!
DSCF0536

今回、沢山の生徒さんが打ち上げで演奏してくれました。演奏できなかった人はまた12月4日の忘年会でお願いします!
DSCF0557

DSCF0559

DSCF0563

今回も衣装を考えてきてくれた佐崎夫妻。
DSCF0573

DSCF0578

DSCF0582

DSCF0589

DSCF0592

DSCF0594

DSCF0597

DSCF0600

DSCF0606

DSCF0608
みなさん演奏ありがとうございました。

DSCF0611

DSCF0612
最後に僕がタケと演奏しました。

DSCF0621
そして最後の挨拶を。身体はグッタリでしたが、気持ちはとても晴れ晴れとして気持ち良かったです。

本当にいい生徒さんに恵まれて幸せだなと感じました。これからも良い教室になるよう頑張っていきたいと思います。
みなさん、本当に長時間お疲れさまでした。来年もよろしくお願いいたします!!

第8回 uncherryボサノバギター教室&ウクレレ教室 発表会 前編

17 / Oct / 2010 (sun) 第8回5周年記念発表会にて / 第一部

5周年ということで気合いを入れて望んだ第8回目の発表会。昨年に続き今回もお天気に恵まれ、また、たくさんの方にご来場いただき、懐かしい顔にも出会えたりして、最後まで楽しく過ごすことができました。参加してくださった生徒のみなさん、ご来場いただいた皆様、会場の雲州堂の皆様、本当にありがとうございました。では、当日の模様をご覧ください。

DSCF0035
恒例の記念写真です。今回もカメラマンにそそのかされて「エイエイオー!」です(笑)。

DSCF0038
そして今回は1番目に、にぎやかしとして講師の西口が演奏しました。

DSCF0050

DSCF0045
1番:佐崎さん夫妻「Samba de orfeu」
そしてここからが本番です。生徒さんの1番手は初参加の佐崎さん夫妻です。曲は「オルフェのサンバ」です。とても初めてとは思えない堂々とした演奏っぷり。録音してそのままカフェのBGMに使えそうなぐらいいい演奏でした。ありがとうございました!また、この写真ではわかりづらいかもしれませんが、衣装もお揃いで素敵でした。そのわかりやすい写真は番外編で。

DSCF0054

DSCF0055
2番:原さん「Moon river」
こちらも初参加の原さんです。曲はオードリー・ヘプバーンの映画でおなじみの「ムーンリバー」です。最初はこれを弾き語りで練習してたのですが、人前でやるならソロギターがいいということで練習しました。当日は緊張からか途中で止まる場面もありましたが、気持ちを込めた演奏に、会場からは温かい拍手が湧きました。これからもがんばっていきましょう!

DSCF0062

DSCF0066
3番:西山さん「Amazing grace」
初登場が続きます。西山さんです。曲は「アメイジング・グレース」。ハーミット西山というステージネームで多数のライブをこなすだけあり、そのステージングは堂々たるものでした。素敵ないい演奏で会場の空気が和やかなものになりました。また「テンポフェリス」というバンドでも活動中で、この日はメンバーの方も遊びに来てくれてました。 今は理論を勉強に来られているので、その成果がこれからどう演奏に反映されていくのか楽しみですね。期待しています!

DSCF0069

DSCF0070
4番:吉川さん「風になる」
今年から始めた交流会には参加していますが、発表会は初参加の吉川さん。曲はジブリの映画で使われた、つじあやのさんの「風になる」です。友人の結婚式でも演奏して好評だったようで、その自信からか堂々とした歌いっぷりが見事でした。途中、ウクレレがずれるというハプニングもありましたが、最後まで安心して聞いていられました。ギター&ウクレレのユニットをこの後に出演する武尾さんとやるかも?とのことなので、がんばっていきましょう!

DSCF0074

DSCF0078
5番:武尾さん「Fly me to the moon」
その吉川さんとユニットを結成予定の武尾さんも発表会は初登場です。曲は名曲「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」。元々クラシックギター出身だけあってギターは上手なんですが、苦手の歌にも挑戦したいということで今回は自身初の弾き語りを披露してくれました。本人曰く、「めちゃめちゃヘタクソ」ということですが、全然そんなことなかったです。とても初めて人前で歌ったようには見えませんでしたよ。素敵な演奏でした。お疲れさまでした!

DSCF0089

DSCF0084
6番:上田さん&多田さん「夜空ノムコウ」
ウクレレの上田さんがヴァイオリンの友人・多田さんとのユニットで登場。こちらも初参加です。曲はSmapでおなじみの「夜空ノムコウ」。2ヶ月前のレッスンでは、どうなることかと思ったんですが、きっちりと仕上げてきてくれました。かなり緊張してたはずなんですが、全然そんなことを感じさせないすべて出し切ったいい演奏でしたよ!次は二人でどんな曲に挑戦してくれるのでしょうか。楽しみです。

DSCF0095

DSCF0101
7番:興津さん「One less bell to the answer」
淡路島在住の興津さん。いつも遠いところから通っていただいています。ジャズとボサノヴァをこよなく愛する興津さん。ジャズヴォーカルの教室にも通っています。そんな興津さんが今回歌ったのは、バート・バカラック作のポップスの名曲です。少しジャジーに聴こえるようにコードを工夫しました。少し緊張されてたようですが、大人の男の色気を感じさせるその渋い声は、曲調に凄くマッチしていたと思います。ありがとうございました!

DSCF0104

DSCF0109
8番:木村さん「How beautiful」
ギブソンのギターを抱いて颯爽と登場した木村さん。曲は土岐麻子さんの「ハウ・ビューティフル」。これ、いい曲なんですよね~。高く澄んだ木村さんの声によくあった曲だと思います。切なくてやさしい感じが伝わるいい演奏でした。本人はボサノヴァ好きの友人を作りたくて発表会に参加したそうなんですが、無事目的も果たせたようで、ボサ友ができたと喜んでました。そんな声を聞くと主宰者としては嬉しい限りですね。これからもよろしくお願いします!

DSCF0116

DSCF0113
9番:近江さん&北村さん「主よ、人の望みよ喜びよ」
こちらも交流会には参加済みですが、発表会は初参加の近江さんと北村さんのウクレレデュオです。曲はバッハの超名曲をウクレレデュオ用にアレンジしました。緊張してどんな演奏をしたのか全く覚えてないらしいのですが、とてもそんな風には思えない、素敵な演奏で癒されました。細部に渡り丁寧に演奏されてたので、とても聞いていて心地良く癒されました。その出来は会場からの拍手の大きさにも現れていました。次はどんな曲に挑戦してくれるのでしょう?楽しみにしています!

DSCF0123

DSCF0124
10番:吉岡さん「A felicidade」
こちらも初参加の吉岡さん。多才でダンディーな方です。僕にとって嫉妬の対象です(笑)。ギター以外にも、チェロで楽団員として活動し、イタリアが好きでイタリア語も学ばれているという人生を思いっきり楽しんでおられます。素敵ですね。今回挑戦したのは「フェリシダーヂ」の弾き語り 。前半、歌詞の日本語訳をルバート気味で語りを入れるという大胆なアレンジで、会場の空気を一変させました。最後まで緊張感が途切れることなく歌いきってくれました。熱演ありがとうございました!

DSCF0132

DSCF0127
11番:河井さん「The shadow of your smile」
元々フラメンコギターを嗜んでいた河井さん。それは音の張りと大きさにも表れています。そんな河井さんにかかると、名曲「いそしぎ」も情熱的でアグレッシブなナンバーに聴こえるから不思議です。その紡がれる音は会場を圧倒していたように思います。演奏前のおしゃべりで会場の雰囲気を和ませるなど、とても初参加とは思えないステージでした。そしてこの後クラリネットの藤平さんとのデュオに続きます。

DSCF0146

DSCF0140
12番:河井さん&藤平さん「The Gift」
そして前半戦最後のプログラムは、河井さんと会社の同僚の藤平さんとのデュオです。藤平さんはクラシックの楽団でもご活躍中で、さすがの表現力と音色の良さに聴き惚れました。そして河井さんのソロもよかったですね。年齢的には河井さんの方が上なんですが、上下関係が逆だというMCが面白かったです(笑) 。このユニットでライブも予定しているようですので、これから楽しみですね。期待しています!

この後、第二部に続きます。

第8回 uncherryボサノバギター教室&ウクレレ教室 発表会 後編

17 / Oct / 2010 (sun) 第8回5周年記念発表会にて / 第二部

DSCF0160

DSCF0162
13番:灘さん「L’appuntamento」
ここからはベテランさんが登場です。後半のトップを飾ってくれたのは、5回目の参加の灘さんです。曲はイタリアン・ポップスの名曲で、邦題は「逢い引き」。凄いタイトルですね。元々はオルネッラ・ヴァノーニとい女性歌手のヒット曲ですが、アンドレア・ボチェッリのヴァージョンを参考にしてボサノヴァっぽくアレンジしました。リハーサルで緊張しまくってた灘さんですが、本番前のワインが効いたのか(笑)、本番はばっちりでしたね。いい声・いい歌、そして素敵な演奏でした!吉岡さんとともに大人の男の魅力ムンムンでした。お疲れさまでした!

DSCF0168

DSCF0172
14番:高木洋子さん「How deep is your love」
昨年は旅行と重なって発表会に出られなかった高木さん。2回目の参加の今年は万全の態勢で望んでくれました。曲はビージーズの「ハウ・ディープ・イズ・ユア・ラヴ」をソロウクレレにアレンジして演奏。繊細で柔らかなタッチで会場を優しい雰囲気にしてくれました。途中で間違えた部分があり、素の声が出たのもご愛嬌でしょう。本人的には悔いがあったようですが、素晴らしい演奏でした。ありがとうございました!

DSCF0181

DSCF0182

DSCF0183
15番:弘中さん&高木順子さん「Alone again」
発表会は2回目の参加の弘中さん。昨年はウクレレでのエントリーでしたが、今年、ミニ発表会や交流会を重ね、そのときに他の生徒さんの演奏を聞いてギターもやりたくなったので、今年からギターのレッスンも始めました。その成果を、前の職場の同僚の高木順子さん(フルート)とのデュオで聞かせてくれました。曲はギルバート・オサリバンの名曲「アローン・アゲイン」です。やさしいタッチでリズムをきっちりキープする弘中さんのギターの上で、高木さんのフルートが軽やかに舞う演奏は、会場をまた別の雰囲気に変えてくれました。気持ちよかったです。ありがとうございました!

DSCF0198

DSCF0193
16番:遠藤さん「Aquarela do brasil」
4回目を迎えた遠藤さん。裸足で登場したのでビックリしました(笑)。曲はボサの名曲「ブラジルの水彩画」。最初の方は緊張から途中で止まってしまい、最初からやり直す形になりましたが、その後は軽快なリズムに乗って、少しハスキーな独特の歌声で会場を魅了。こちらも大人の色気たっぷりでした。バンド「Le montage」でもライブ活動を盛んにされているので、興味のある方は是非遊びに行ってみてください。またライブ情報は教室のブログでもアップしますので、チェックしてみてください。

DSCF0207

DSCF0210
17番:遠藤さん&吉田さん「潮騒moon(オリジナル曲)」
そして吉田さんを加えてのデュオで演奏してくれたのは、遠藤さんのオリジナル曲。今年の7月に、講師の西口とお二人とでライブをしたときも、この楽曲はかなり好評でした。僕もけっこう好きな楽曲です。ゆったりとした吉田さんのバッキングに遠藤さんのリードギターが絡み、そして二人の声のコンビネーションもいい感じで、複雑に絡んだハーモニーが素敵でした。熱演ありがとうございました!

DSCF0221

DSCF0215
18番:吉田さん「I’ll movin’ on」
そして遠藤さんがステージを降りて、残った吉田さんのソロです。今回で3回目の発表会の吉田さん。選んだ楽曲は、シンガポール出身のオリビア・オンのナンバーです。ギターも前のがトラブルにあったので、新調して張り切って望んだ今回。本人は緊張していたようですが、本番には強いですね~。落ち着いたステージングで、伸びやかな歌声を聞かせてくれました。これからもっと活動範囲を広げて活躍してほしいと思います。がんばっていきましょう!

DSCF0230

DSCF0228
19番:西木さん「Vou te contar」
4回目の登場の西木さん。今回は、前々回のリベンジで名曲「Wave(英語名)」をソロギターで挑戦です。今回はさらに難易度をあげて、シャッフルのリズムにアレンジして演奏してくれました。会場からは自然と手拍子が起こり、とてもいい雰囲気でしたが、演奏している本人からまさかの「手拍子のダメだし」が(笑)。「なんか弾きにくいんでやめてください(笑)」というMCに会場爆笑。その後は最後まで突っ走って一風変わったウェーブを味あわせてくれました。しかしいつも上手く笑いをとっていきますね~。

DSCF0237

DSCF0235
20番:久野さん「Chega de saudade」
唯一の皆勤賞となった久野さんです。オリジナル曲を作り、ライブもしている彼女ですが、今回はあえてボサの起源と言われている名曲「シェガ・ヂ・サウダーヂ」に挑戦しました。相変わらず美しく独特な浮遊感漂う歌声は健在。その声で紡がれるメロディーは新鮮に聞こえました。ギターも課題だった部分をしっかり修正して、素敵な演奏を聞かせてくれました。来年はどんな彼女を見ることができるのでしょう。今から楽しみです。またがんばっていきましょう!

DSCF0240

DSCF0249
21番:兵頭さん「Agua de beber」
バンドのベーシストとして、またソロライブにと大忙しだった今年の兵頭さん。4回目の発表会です。今回は「おいしい水」に挑戦です。そして始まりはいつもの「飲んでますか~!」(笑)。毎回オリジナリティーのあるアレンジにこだわる兵頭さん。今回はインタールードにフェードインするようなアレンジを加え、ひと味違った「おいしい水(酒?)」に仕上げてくれました。いい演奏でしたね。お疲れさまでした!(ちなみに今回はビール3杯でステージにあがったそうです)

DSCF0260

DSCF0258
22番:奥野さん「Tristeza」
いつもトリをお願いしている我が教室のマエストロ・奥野さん。今回はウクレレオーケストラの企画のため、ギター部のトリという形でお願いしました。テイラーのNEWエレガットを新たに入手し、気合いをいれて演奏してくれました。アドリブソロを入れたり、ヴォイシングを変えたりとアレンジした今回。おかげでより奥野さんらしい「トリステーザ」になったと思います。いつも重圧のかかる順番での演奏を引き受けてくれて感謝しています。ありがとうございました!!

DSCF0267

DSCF0269

DSCF0266
23番:川中さん&山口さん「Tequila」
そしてトリ前をつとめてくれたのは、今回で7回目の参加となる、川中さんと山口さんのウクレレデュオです。曲はおなじみ「テキーラ」です。人柄は「貫禄」という言葉とは無縁のかわいらしい人たちなんですが、演奏はさすがに落ち着いた「貫禄」すら感じさせるもので、会場をおおいに盛り上げてくれました。もちろん、あの部分では会場全体から「テキーラ!!」のかけ声が自然に沸き上がっていました。お疲れさまでした!

DSCF0274

DSCF0281
24番:ウクレレオーケストラ「カルメン・ハバネラ」
そして今回初の試みで大トリのウクレレオーケストラ。メンバーは後列右から弘中さん・高木洋子さん・川畑さん(ウクレレオーケストラのみの参加)・上田さん・吉川さん・田中さん(ウクレレオーケストラのみの参加)、前列右から近江さん・北村さん・山口さん・川中さん・佐崎泉さんです。曲はビゼーのカルメンから「ハバネラ」を3声に分けてアレンジしました。11人という大所帯で、おまけに全員が一度に集まって練習したのは、本番前のリハーサルのみ。どうなることかと思いましたが、さすがはウチの生徒さんたちで、しっかり個人練習を重ねてくれていたのでバッチリでした!!ほんとにみなさんお疲れさまでした。そして講師のわがままに付き合ってくれてありがとうございました!!

DSCF0311
全プログラム終了後、思いがけず立派な花束をいただきました。嬉しかったです。ありがとうございました!5周年ということで気合いを入れて望んだ今回、出演して下さった生徒さんはもちろん、いろんな方々にお世話になりました。まずは会場のIOR?I/雲州堂の皆様、そしてPAの小谷さん、ありがとうございました。そして受付や諸々の雑用を進んで引き受けて下さった平田さん、本当に助かりました。ありがとうございました。それからステージのフラッグとステッカー、フライヤーを作成してくれた隅野さん、おかげさまでいつもより華やかな発表会になりました。ありがとうございました。
これからも驕る事無く、生徒さんが楽しく学べる教室を目指してがんばっていきたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

それでは今回の打ち上げの様子に続きます。番外編へ。

第8回 uncherryボサノバギター教室&ウクレレ教室 発表会 番外編

17 / Oct / 2010 (sun) 第8回5周年記念発表会にて / 番外編

ここからは、かなり楽しかった打ち上げのもようです。美味しかった料理の数々。
DSCF0307

DSCF0308

DSCF0315

そして我が教室の宴会部長:灘さん&奥野さんによるストーンズの「ブラウンシュガー」。でも間違って結局途中からいつもの「天国への階段」に変更されてました(笑)。盛り上げていただいてありがとうございました。
DSCF0319

橋本さん。
DSCF0323

こちらも盛り上げてくれました。
DSCF0324

大きな拍手。
DSCF0326

続々演奏。久野さん。
DSCF0336

池田さん。
DSCF0344

河井さん。
DSCF0345

兵頭さん&木村さん。
DSCF0346

佐崎さん。
DSCF0348

武尾さん。
DSCF0353
写真が無い人ごめんさい!盛り上げてくれてほんとにありがとうございました!!

そして最後に講師からの一言と・・・
DSCF0354

奥野さんによる一本締めで無事終了です!奥野さん、いつもありがとうございます。
DSCF0357

みなさん、本当に長時間お疲れさまでした。来年もよろしくお願いいたします!!

第7回 uncherryボサノバギター教室&ウクレレ教室 発表会 前編

Oct / 11 / 2009 (sun) 第七回・秋の発表会にて / 第一部

会場を「IOR?I/雲州堂」に移して、新たな気持ちで望んだ第七回目の発表会。今回もお天気に恵まれ、いい感じでリハも終わり、本番に望みます。その模様を写真で振り返ります。

zentai1
まずは全員で集合写真。

zentai2
普通に撮った後、カメラマンの一言で全員で「エイエイオー!」(笑)

rensyu1
雲州堂は楽屋が舞台の真上なので、本番中は練習ができません。なのでこの空いた時間を利用して、みんな必死に練習していました。なんだか微笑ましい風景です。

MC
そしていよいよ本番がスタート。今回もたくさんの方に足を運んでいただきました。ありがとうございました。

MC2
司会は今回も主宰の西口が担当です。少しはしゃべりも上達したと自分では思うのですが、実際はどうなんでしょう? 相変わらずこれが一番緊張します(笑)

endousan1

endousan2
1番:遠藤さん「Corcovado」
今回のトップバッターは三回目の参加になる遠藤さんでした。曲はボサ・スタンダードの「コルコバード」。ソロギターで演奏しました。後半のソロパートはご自分でアレンジを施して、非常にかっこいいものに仕上げてくれてました。コードフォームを巧みに変えながら、メロディーを紡いでいくその手腕は素晴らしいです。衣装もおしゃれだし、キマってますよね。かっこいい大人の見本です。ありがとうございました。

endousan_yoshidasan_1

endousan_yoshidasan_2
2番:遠藤さん&吉田さん「Time after time」
遠藤さんのラブコールで実現したデュオ。吉田さんは2回目の参加です。曲はシンディ・ローパーでおなじみの「タイム・アフター・タイム」。直前まで近所の中之島公園で練習する熱の入れようで、もちろんそのパフォーマンスは素晴らしいものでした。吉田さんのキュートな声に絡む遠藤さんの渋いコーラスとギター。かっこいい。これも大人の魅力ですね。ありがとうございました。

yoshidasan1

yoshidasan2
3番:吉田さん「Lovefool」
そして遠藤さんが引いてステージに残った吉田さんが披露してくれたのは、スウェディッシュ・ポップのカーディガンズの「ラヴフール」。曲調も雰囲気も吉田さんにぴったりで、とても心地よく耳に響いてきました。ちょっと緊張気味(?)のようでしたが、それでもこんなに歌えるなんて。とても2回目の参加には見えない堂々としたステージでした。次回はどんな曲に挑戦してくれるのか、今から楽しみです。お疲れさまでした!

tateishisan1

tateishisan2
4番:立石さん「Raindrops Keep Fallin’ On My Head」
そして初登場の立石さん。曲は「雨にぬれても」。とにかく英語の発音がきれいで歌がうまい!全体のアレンジはサザンの関口さんと竹中直人さんのアルバム「口笛とウクレレ」収録のverを参考にしたのですが、エンディングは原曲を参考にテンポの速いフレーズを作りました。それを入れるかどうか前日まで悩み、結局やらないことにしていたのに、本番あっさりとやってのけました(笑)。しかも3回ぐらいリピートなのに1回だけ(笑)。肝っ玉があるのかないのかよくわかりません(笑)。でも素敵な演奏でしたよ。ありがとうございました!

imamurasan1

imamurasan2
5番:今村さん「人生のメリーゴーランド」
今回が2回目の挑戦になる今村さん。曲はジブリの『ハウルの動く城』の挿入歌「人生のメリーゴーランド」です。今回の参加者の中で唯一のフォークギター使用です。フォークギター特有の「シャリーン」とした音色が耳に心地よかった。練習のときよりも相当緊張されてたようですが、途中から調子を取り戻し、最後までしっかり演奏してくださいました。次回もまたがんばりましょうね。よろしくお願いします!

nadasan1

nadasan
6番:灘さん「街の灯り」
久々に登場の灘さん。4回目の挑戦です。そして初のうたものです。曲は堺正章さんの名曲「街の灯り」です。元々ロックバンドでボーカルを担当しているだけあって、その歌唱力は圧巻でした。めっちゃかっこよかった。練習していた間奏部分もしっかりと弾けたし、下で聴いていて、僕は非常に手応えを感じました。お客さんの拍手も一際大きかったような。素敵でした。ありがとうございました!

katakamisan1

katakamisan2
7番:片上さん「主よ、人の望みよ喜びよ」
こちらも久々の登場の片上さん。今回で2回目です。曲はバッハの「主よ、人の望みよ喜びよ」。実は前回もこの曲で参加の予定だったのですが、もう一つ思ったような仕上がりにならず、さらに半年研鑽を重ねて、満を持してのこの日でした。その甲斐あって、とてもいい演奏ができたと思います。プロの人が弾くような達者な演奏ではなかったかもしれませんが、その演奏にはこの曲の新たな魅力に気づかされるような気がしました。ほんとにお疲れさまでした。次回も楽しみにしています!

hironakasan1

hironakasan2
8番:弘中さん「She」
初登場の弘中さん。曲は映画『ノッティングヒルの恋人』の挿入歌で、エルウ゛ィス・コステロが歌ったシャルル・アズナブールの名曲「She」。コンサートウクレレの柔らかい音色で紡がれてゆくメロディーは、聴く人の心をグッと掴んでいました。初めての参加とは思えない落ち着きで、とても素敵な演奏だったと思います。
レッスンでも非常に積極的にいろいろな曲にチャレンジしているので、これからがまた楽しみです。これからもよろしくお願いします!

sakaisan1

sakaisan2
9番:酒井さん「Let it be」
こちらも初登場の酒井さん。曲はビートルズの名曲「レット・イット・ビー」。キーを変え、ボサノバ風に開放弦を上手く利用したコード進行にアレンジし、さわやかな「レット・イット・ビー」になりました。こちらもほんとに初めてとは思えないしっかりした歌と演奏で、会場からも大きな拍手をもらっていました。打ち上げでもリクエストされて、みんなで合唱しましたね。すっかりうちの教室の人気者です。この調子でどんどんがんばっていきましょう!期待しています!!

nishikisan1

nishikisan2
10番:西木さん「O Pato」
そして三回目の登場になる西木さん。曲はユーモラスでかわいいボサの名曲「オ・パト」をソロギターで演奏。前回も前々回も途中で止まり、そのときの笑顔がいいとお客さんから言われていましたが、今回は見事に途中で止まることなく最後までしっかりと演奏できました!しかもこの曲、超難しいんです。たいしたものです。演奏終了後、本人の口から思わず漏れた「やったー!」という声に会場中が爆笑でした(笑)。素敵な時間をありがとうございました!

satousan1

satousan2
11番:佐藤さん「 Pra machucar meu coracao 」
前半のトリを飾ってくれたのは、2回目の挑戦の佐藤さんです。曲はゲッツ/ジルベルトにも収録されている「プラマシュカー・メウ・コラソン」。前回の時にあべゆみさんの歌を聴いて、歌いたいと思ったそうです。そういうのを聞くと発表会をやっててよかったな~と思います。そしてボイトレまで通いだしたその成果は・・・お見事!の一言でした。ボサノバギター教室らしい演奏で素晴らしいと思いました。これから自分のオリジナリティを探すのが課題になってくると思うので、これからもがんばっていきましょう。お疲れさまでした!

第二部に続きます。

第7回 uncherryボサノバギター教室&ウクレレ教室 発表会 後編

Oct / 11 / 2009 (sun) 第七回・秋の発表会にて / 第二部

そして休憩をはさんで、第二部がスタートです。
abeyumisan1

abeyumisan2
12番:あべゆみさん「Agua de beber」
2回目の参加になるあべゆみさん。曲はボサノバスタンダードの名曲中の名曲「おいしい水」です。今回も素敵な歌声で第二部のスタートを飾ってくれました。その堂々とした歌いっぷりに、みんな惚れ惚れしていましたよ。発表会終了後には、イベントをやっている人から「ライブに参加しませんか?」という依頼までありました。凄いですね~。これからの活躍を期待しています!

utsumisan1

utsumisan2
13番:内海さん「ナイトクルージング」
4回目の参加になる内海さん。今回はフィッシュマンズの名曲「ナイトクルージング」を大胆にもBossa風ソロギターにアレンジ。僕も個人的に思い入れの強い曲なので、イントロだけで泣けました(笑)。この曲はコード進行が非常にシンプルなので、それを代理コードなどを駆使して少しでも膨らみのあるアレンジにしていく作業が大変でした。でも苦労した甲斐があって、非常に印象深い、他では味わえない演奏になったと思います。ご苦労様でした。毎回演奏が確実に上達していっている内海さん。 これからがまた楽しみですね。

okamotosan1

okamotosan2
14番:岡本さん「Dindi」
そして第1回から皆勤賞の方が3人いらっしゃるんですが、そのうちの1人、岡本さんの登場です。曲はシルヴィア・テリスの愛称が曲名になったジョビンの名曲「ジンジ」。透明感のある岡本さんの声にぴったりの曲で、聴いていて非常に気持ちよかったです。また、間奏ではコードソロをはさんだのですが、それもなんとか無事クリアできてホッとしました。これからはさらにギターの幅を拡げて、色々な曲に挑戦していきましょう!お疲れさまでした!

kawanakasan_yamaguchisan1

kawanakasan_yamaguchisan2
15番:川中さん&山口さん「Amazing grace」
うちの教室の発表会ではすっかりおなじみの、川中さんと山口さんのウクレレデュオ。 今回はゴスペルの名曲「アメイジング・グレース」に挑戦。ウクレレの季刊誌に載っていた、バンバンバザールの富やんさんアレンジの楽譜を元に、ゴスペルだけに二人で掛け合いで演奏できるようにアレンジしました。二人はこの2週間前に、川中さんの「ウクレレバッグ展」でライブをしたり、色々と忙しかったので、十分な練習時間が取れなかったにも関わらず、今回も、毎回会場をほっこりした気分にさせてくれる二人の演奏は健在でした。心地よい時間をありがとうございました。

kunosan1

kunosan2
16番:久野さん「under the sun (original)」
皆勤賞2人目の久野さん。今回は満を持してのオリジナル曲「under the sun」で参加。不思議な魅力を放つ声は健在。しかもそれをわかってるかのような曲作り。憎いです。素晴らしいです。最近、写真や雑貨の個展などでコラボをするなど、活動の拠点を拡げています。これからどんな風に成長していくのか非常に楽しみです。もうすぐ音源も作るらしいので、それはまたこの教室のブログでも宣伝させていただきます。

jigensan1

jigensan2
17番:河野慈元さん「12番街の一休さん」
4回目の参加になるジゲンさん。今回はスタンダードの「12番街のラグ」とアニメの「一休さん」のオープニングテーマを大胆に繋げ、それをソロウクレレにアレンジし演奏しました。MCも含めて毎回その芸達者ぶりには驚きます。いたってマジメなアレンジで演奏もマジメなんですが、一休さんの「あ~あ~なむさんだ~」のフレーズで会場は笑いに包まれていました。とてもピースな空気で会場を包んでくれたジゲンさん。来年はどんなことをやってくれるのか、今から楽しみです。

hyoudousan1

hyoudousan2
18番:兵頭さん「Aguas de marco」
3回目の参加の兵頭さんが今回果敢に挑んだのはジョビンの名曲「三月の水」。最も有名なジョビン本人とエリス・レジーナのデュオは、125小節リピートなし。この曲をやる人は、だいたいコード進行を自分のやりやすいように変える人が多いんですが、兵頭さんはそのデュオの形式+アグスティン・ペレイラ・ルセナのソロを参考にギターソロまで入れました。歌詞も長いし覚えるのが大変だったと思います。この日はちょっと緊張気味でしたが、その努力の成果は演奏に現れていましたね。素晴らしい。来年もよろしくお願いします!

hashimotosan1

hashimotosan2
19番:橋本さん「Desafinado」
皆勤賞3人目のうちの教室のスター・橋本さん。今回は初めて弾き語りに挑戦です。曲は名曲「デサフィナード」。しかも自分で作詞した日本語の歌詞を乗せて歌うという無謀な試みを敢行。まずはその心意気に1票です。そして熱いMCに続き、まるであの名曲を大胆にも解体していくかのような伴奏と歌、間奏では得意のインプロビゼーションを織り交ぜ、これぞ橋本イズムという演奏を聴かせてくれました。もう少し時間をかけてコンセプトを煮詰めたい感じはありましたが、その存在感は絶大でした。
ありがとうございました!

nonakasan1

nonakasan2
20番:野中さん「蘇州夜曲」
4回目の登場になる野中さん。前回に引き続きウクレレ組のトリを飾っていただきました。今回は服部良一さんの名曲「蘇州夜曲」をソロウクレレにアレンジ。序盤は固さも見られましたが、途中から素晴らしい演奏を披露してくれました。野中さんのやさしい音色の素晴らしさを存分に生かすことのできる選曲でしたね。演奏終了後には、他の生徒さんからこのアレンジの楽譜が欲しいとリクエストが出るほどのいい演奏でした。お疲れさまでした!

okunosan1

okunosan2
21番:奥野さん「Triste」
そして今回もトリを飾っていただいたのは、うちの教室のマエストロ・奥野さんです。曲は「トリスチ」をソロギターで。サイレントギターをラインで出し、甘くジャジーな音色を武器に、イントロから雄弁にルバートでフレーズを歌わせ、インテンポに入ってからはそのリズムとコードワークで聴かせる素晴らしい演奏は圧巻。さすがです。自分の個性をしっかりと反映させたその演奏は、他の生徒さんの見本になったのではないでしょうか。次回もよろしくお願いします。お疲れさまでした!

nishiken1

nishiken2

nishiken3
22番:主宰の西口「Despues de las seis」
時間も押していたので1曲だけの演奏とさせていただきました。曲は大好きなアグスティン・ペレイラ・ルセナの名曲「Despues de las seis」。聴衆の皆様には長時間、最後までお付き合いいただき本当にありがとうございました。また来年、さらにパワーアップした姿を見せられるようにがんばっていきますので、その時は是非遊びに来てください。

<オマケ>
以下、打ち上げでの様子です。今回の目玉はナダ・プラントとオクノ・ペイジによる「天国への階段」でした(笑)。
uchiage1

uchiage2

uchiage3

uchiage5

uchiage6
演奏ありがとうございました!

奈良レレ発表会

20090524_p[1]

昨日、無事奈良ウクレレ部・通称「奈良レレ」の発表会を、ならまちの手作りケーキのお店「のこのこ」さんで行いました。

リハでは心配な部分もあったんですが、そんな心配は杞憂に終わり、本番に強いところを全員が見せてくれました。素晴らしい!
おかげさまで凄く楽しい一日になりました。
そして生徒さんたちの成長に感動しました。
みなさん、本当にお疲れさまでした。
そして会場に足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。

来月からまた新人さんも入ってくるらしいので、これからもがんばっていきましょう!

奈良レレ活動最後の模様はこちら→「奈良レレ・ファイナル

第6回 uncherryボサノバギター教室&ウクレレ教室 発表会/第一部

Apr / 19 / 2009 (sun) 第六回春の発表会にて / 第一部

晴天に恵まれ、多くの方に足を運んでいただいて、スタート時にはすでに満員でした。ありがとうございました。
MC
司会の主宰・西口です。

uketuke
受付を担当して下さった生徒さんたちです。左から酒井くん、隅野さん、片上さんです。長時間お疲れさまでした。

ukulele1

ukulele2
1番・uncherry ukulele orchestra「Bittersweet Samba」
トップに登場したのは、この日参加してくれたウクレレの生徒さん全員によるウクレレグループ。勝手にグループ名つけました。ごめんなさい。曲はオールナイトニッポンでおなじみの「Bittersweet samba」です。サザンの関口さんと竹中直人さんのアルバム「口笛とウクレレ」のバージョンをカバーしました。この曲を、発表会で、しかも多めの人数でやりたかった。そんな講師の妄想を寛大な生徒さんたちがかなえてくれました。それぞれの個人レッスンで各パートの練習をし、全員で合わせたのは当日のリハーサルのみ。そんな状況でしたが、はじめて合奏したとは思えない仕上がりで、最後まで素晴らしい演奏を披露してくれました。講師のわがままを聞いていただき感謝です。ありがとう~!

kawanakayamaguti1

kawanaka

yamaguti
2番・川中さん(左)&山口さん(右)「Minor Swing」
グループでの演奏を終え、そのまま舞台に残っての演奏。第二回から参加の二人は今回で5回目の発表会です。さすがに落ち着いてましたね。本人曰く「今回は緊張した・・・」とのことでしたが、全然そんな感じはしませんでした。ジャンゴの難曲をウクレレのデュオで見事に再現。めっちゃかっこよかった!会場から「お~っ」とどよめきがあがってました。この曲をウクレレでやるといのは、よく考えたらとんでもないことのような・・・次は何をやると言い出すのやら。恐ろしいです・・・。

mitaka2

mitaka1
3番・三高さん「アイシテル」
今回で三回目の出演です。いつもいい声で素敵な弾き語りを聴かせてくれる三高さん。曲は清水翔太さんの曲です。レッスンではいつも2フレットにカポタストをつけてたはずなのに、本番はつけずに演奏。リハの時に「大丈夫?」と確認したら「大丈夫っす!」と。ほんまかいな?という講師の心配をよそに、レッスンの時よりもエエ声を聴かせてくれました。お疲れさまでした!

imamura1

imamura2
4番・今村さん「風の詩」
初登場の今村さんは、果敢に押尾コータローさんの名曲に挑戦です。この曲はスローなので押尾さんの曲の中では比較的簡単に思われがちなのですが、意外に難しいのです。緊張からか、いつものレッスンどおりとはいきませんでしたが、最後まで無事弾ききってくれました。特に後半はよかったんじゃないでしょうか?次回からはもう少しリラックスしてできると思うので、また是非出演して下さいね。ありがとうございました!

endou1

endou2
5番・遠藤さん「Samba de uma nota so」「空に星があるように」
二回目の出演になる遠藤さん。曲は「ワン・ノート・サンバ」をソロギターで、荒木一郎さんの「空に~」をボサテイストの弾き語りで披露して下さいました。どちらもアレンジを自分で考えての演奏で、大人の色気がムンムンに漂う素晴らしいものに。かっこよかった~!特に「空に~」はその少しハスキーな声の魅力もあり、独自のものになっていたのではないでしょうか?素晴らしいです。前回は緊張のあまり、発表会前日は一睡もできなかったらしいのですが、今回は眠れたのでしょうか?(笑)

takagi1

takagi2
6番・高木さん「第三の男」
初登場の高木さんは、エビスビールのCMでおなじみの曲「第三の男」をソロウクレレで披露。初めてとは思えないほどの落ち着きで、この前々日のレッスンの時の方が緊張してたような(笑)。この曲は「やりたい!」という人が多いのですが、Dのキーでアレンジしたものはなかなか難しくて挫折する人が多いんです。でも高木さんは見事に演奏して下さいました。晴れた午後にぴったりの演奏で、窓から見える新緑と見事にマッチしていました。ありがとうございました!

okamoto1

okamoto2
7番・岡本さん「The Gentle Rain」「星影の小径」
第一回目の発表会から皆勤賞の岡本さん。今回は第一部のトリを務めていただきました。ルイス・ボンファ作曲でアストラッドの歌で有名な「ジェントル・レイン」と、
ちあきなおみさんや、最近ではアン・サリーさんのカバーで有名な「星影の小径」をどちらも弾き語りで演奏して下さいました。うちの教室はボサノバギターの教室のはずなんですが、岡本さんはなにげに今回はじめてのボサ挑戦でした(笑)。でもやっぱりそのきれいな声にはボサノバが似合うと思いましたよ。素敵でした。本人曰く、緊張で手が震えてたらしいのですが、そんな風には見えませんでした。今回もありがとうございました!

第二部に続きます。

第6回 uncherryボサノバギター教室&ウクレレ教室 発表会/第二部

Apr / 19 / 2009 (sun) 第六回春の発表会にて / 第二部

yosida1

yosida2
8番・吉田さん「How deep is your love」
第一部終了後、20分の休憩をはさんで第二部のトップを飾ってくれたのは、初登場の吉田さんです。曲はビージーズの曲で、原田知世さんのカバーを元にアレンジしました。何気にうちの教室では原田知世さんの人気が高いのです。始まる前は「吐きそうです・・・」と言ってたのに、いい感じで弾けてましたね。他の出演者から「声が素敵」とか「印象に残った」との声が聞かれました。ギターもしっかりと弾けてましたよ。素晴らしい!

satou1

satou2
9番・佐藤さん「愛は花、君はその種子」
こちらも初登場の佐藤さん。曲はベット・ミドラーの映画「The Rose」の主題歌で、ジブリの「おもひでぽろぽろ」では上記のタイトルで使われています。その曲をインストで弾いてくれました。たんたんとつま弾かれるメロディーがやさしい音色と相まって、なんとも言えない雰囲気に。会場も静かに聴き入っていましたね。演奏終了後には写真のように花束を贈呈されていました。嬉しそうな笑顔がいいですね~。お疲れさま!

mika1

mika2
10番・みかさん「戦場のメリークリスマス」
久しぶりに参加して下さったみかさんです。曲は坂本龍一さんの超有名曲ですね。この曲はウクレレで弾くと原曲とは少し違う雰囲気になり、またこの曲の別の魅力が伝わる気がします。演奏が途中で止まってしまったところもあったんですが、気を取り直して最後までしっかり弾ききってくれました。やさしいウクレレの音色が心地よかったです。ご苦労様でした!

abe1

abe2
11番・あべゆみさん「Garota de ipanema」「あの日に帰りたい」
初登場のあべゆみさん。 彼女は弾き語りをやりたいということで習いに来て、ずっと地道に練習してこの日を迎えました。歌は元々上手なので安心して聴けました。やはりいい声だし素敵でしたよ。そして課題だったギターも、その歌の魅力を引き出すいい演奏でした。「あの日に~」は聴き惚れたという声が他の生徒さんから聞かれました。今後がまた楽しみですね。これからも頑張っていきましょう!

nisiki1

nisiki2
12番・西木くん「Meditacao」「Samba de uma nota so」
二回目の出演の西木くんです。曲は「メディテーション」と「ワン・ノート・サンバ」をどちらもソロギター(インスト)で演奏してくれました。前回は緊張から何回も止まってしまったりしたんですが、今回は堂々とした演奏で、見てて頼もしかったです。特に「ワン・ノート~」は、遠藤さんと同じキーなのに、まったく違ったアレンジになっており、非常に楽しめました。個性って出るもんですね~。本当に成長してるな~と感じました。これからも頑張っていきましょう!

jigen1

jigen2
13番・河野慈元さん「Fly me to the moon」「主よ、人の望みよ喜びよ」
三回目の出演となる慈元さん。今回は「Fly~」を弾き語りで、「主よ~」をソロウクレレで演奏してくれました。演奏前のトークで会場を和ませてくれました。演奏の方もいい感じで、特に「主よ~」は、聴いていた他の生徒さんが、次の日に早速楽譜を買いに行ったほどでした。他の生徒さんに影響を与えるなんて凄いですね。これからもこの調子でよろしくお願いします!

tomoki1

tomoki2
14番・梅原知紀くん「戦場のメリークリスマス」
そして第二部のトリは二回目の出演になるトモキくんです。今回の曲はウクレレのみかさんと同じく「戦メリ」です。しかしこれはあの押尾コータローさんのアレンジのもの。超絶技巧です。タッピングの荒しです。これをやりたいと言われたときは本当にどうしようかと思いました。でも、恐ろしいことに軽々と弾けるようになってしまいました。もちろん会場からは割れんばかりの拍手。次の発表会の時はなにをやることになってるのか・・・楽しみにしてて下さい。

第三部に続きます。

第6回 uncherryボサノバギター教室&ウクレレ教室 発表会/第三部

Apr / 19 / 2009 (sun) 第六回春の発表会にて / 第三部

kuno1

kuno2
15番・久野さん「undiu」「予感」
さらに20分の休憩をはさんで、いよいよ第三部がスタート。トップはおなじみ久野さんです。彼女も岡本さんとともに第一回からの皆勤賞です。今回は<渚にて>というバンドの「予感」と、ジョアンでおなじみの「undiu」の2曲を弾き語りで。「予感」は原曲はシンプルなコード進行の曲ですが、代理コードを多用しての久野さんなりのアレンジを披露。素敵な仕上がりでした。「undiu」はリズムが難しかったようで、弾きながら歌うのに苦労していましたが、本番はバッチリでしたね。今後はオリジナル曲を作ることに挑戦するようなので、ライブデビューも近いんじゃないでしょうか?もうすでにファンもついているので今後の活躍に期待です。

hasimoto1

hasimoto2
16番・橋本さん「Samba triste」
こちらも第一回からの皆勤賞のうちの教室のスター・橋本さんです。衣装ですでにOKですね(笑)。演奏前のトークで真摯に音楽への思いを語って下さいました。曲はバーデンの「哀しみのサンバ」。フリーインプロをところどころに挟みながら展開される演奏は、まるでジェットコースターに乗って様々な景色を見せられるかのようでした。かっこよかったです。彼もすでに彼を目的で発表会に訪れる人がいるほどなので、今後の活躍に期待です。6月には僕(教室の主宰)と橋本さんとのライブを企画していますので、是非遊びに来て下さい。

hyoudou2

hyoudou1
17番・兵頭さん「Lamentos」「Mas que nada」
「飲んでますか~!」を連呼して会場を盛り上げてくれた兵頭さん。今回で二回目の参加ですが、すでにベテランの雰囲気たっぷりです。曲はピシンギーニャの名曲「ラメント」と、アッパーな雰囲気の「マシュ・ケ・ナダ」。元々クラシックギターを習ってらしたので、運指はしっかりしてるし、そのスムースさは素晴らしいですね。歌も上手だしいうことないです。この日は少し固かった?もしくは飲み過ぎ?たのかいつもよりさらにアッパーな演奏になってましたね。いい演奏でした。素晴らしい!5/26(金)に僕(教室の主宰)と一緒にライブをしますので、是非遊びに来て下さい。お待ちしています!

utumi1

utumi2
18番・内海くん「Samba do aviao」「Felicidade」
今回が三回目の登場になる内海くん。曲はジョビンの「ジェット機のサンバ」と「フェリシダーヂ」。「ジェット機~」はバーデンのバージョンのカバーです。でもバーデンとは違う内海くんらしい繊細な表現になっててよかったです。「フェリシダーヂ」は僕もよくライブで弾く曲で、レッスンの時よりも少し走ってましたがとてもいい感じでした。弾き終わった後の眼鏡越しの上目遣いがよかったですね~(笑)。次回も楽しみにしています!

nonaka1

nonaka2
19番・野中さん「星のレイ」
ウクレレ部のトリを務めてくれたのは、三回目の発表会になる野中さんです。今回はハワイアンの名曲「星のレイ」をソロウクレレで披露です。そのソフトなタッチで奏でられる極上の響きは、会場をうっとりさせてました。見に来てたウクレレの生徒さんたちが興奮してましたよ。オープニングの「ビタースィートサンバ」でもスパニッシュ風のソロを見事に決めてくれてましたし、うちのウクレレ部のエース的存在です。これからもよろしくお願いします。

okuno2

okuno1
20番・奥野さん「Here,there and everywhere」「My way」
今回も生徒さんのトリを務めていただいたのはマエストロ・奥野さんです。今回はビートルズの曲をサンバ調のソロギターアレンジで、「My way」はお得意のジャジーなアレンジで聴かせてくれました。その滑らかなギターワークは特筆もの。大人の魅力全開です。安心して音に身を委ねることができました。今回、サイレントギターを使用しての演奏だったので、お客さんはそれにも興味津々といった様子でした。先日、一緒にライブをさせていただいたのですが、そのときも素敵な演奏を聴かせて下さいました。お疲れさまでした!

guest
ゲスト・筒井タケオさん&北山悠祐さん
今回のゲストは大阪のボサノバ界の貴公子・筒井タケオさんと、チェロ奏者の北山悠祐さんの素敵なデュオでした。船場の我楽茶堂で彼らのライブを聴いて以来のファンで、今回無理を言って出演していただきました。やはり生徒さんたちの評判もよく、特に女性陣からは「素敵でした~」との声が多数聞かれました。

guest_k
そして最後によせばいいのに僕も加わってセッションさせていただきました。気持ちよかった~。ありがとうございました!

k1
そして最後に恒例の主宰である僕の演奏です。

k2
この日は最近ライブではあまり使用しなくなった自作のギターで演奏しました。ま、それには少し思い入れがあり、そのことは演奏前のMCで伝えたので、生徒のみなさん、今後ともよろしくお願いいたします。

そしてオマケの打ち上げ風景です。
utiage1
緊張も解けて和気あいあいの宴会風景です。

utiage2
うちの宴会部長二人によるアラフォー・デュオ。曲はもちろん80’sの名曲たち(笑)。盛り上げていただいてありがとうございました!

今回も集合写真を取り忘れてしまいました・・・ごめんなさい。秋にはさらにパワーアップした発表会ができるようにがんばりますので、その時はまた是非皆様と一緒に素晴らしい時間を過ごせたらと思います。お楽しみに!!