面白いのか?!気になる映画「マチネの終わりに」

今回は気になる映画のお話を。

マチネの終わりに →(公式サイト

世界的なクラッシックギタリストの男性とパリの通信社に勤務するジャーナリストの女性との恋のお話。クラッシックギタリストが出てくる映画で、 クラシックギター監修が福田進一さんと言う事もあり、ちょっと気になる映画。

でも予告編を見ると、もろ恋愛映画だし、クラッシックギタリストは全く関係ない感じかな?と思ってスルーしてたんですが、最近生徒さん達から「いいですよ。」「オススメです。」「もう1回見たい」などなど大好評!前回の「ジョアン・ジルベルトを探して」と大違い(笑)。ジョアンのやつは誰がなんと言おうと俺は好きですけどね。

現代ギター11月号の表紙もなんと「福山雅治」さん!ちょっとびっくりしました。

よく行くクラッシックギター専門店「Fana」の福永さんの話によると、福山さんが持っているギターは、弦を止めるブリッジのところにスーパーチップを使用していて、それをよーく見ると「なんだあのギターは!」と話題になって、東京のFANAでは今スーパーチップが売れていると聞いて思わず笑ってしまった。映画の、そして福山さんの影響力ってすごいですね。ちなみに僕のギターも偶然ですがスーパーチップを使用するタイプです。そういえばジョアンはボールエンドの弦を張っていたような。またブルーレイを見て確認しようかな。

そんなこんなでライブが終わったら、ちょっと映画を見に行ってみようかなと。でも恋愛映画ってなんか苦手なんですよね・・・大丈夫かな?

追記:この映画は賛否両論ありました。それが普通です。なんで「ジョアン・ジルベルトを探して」はあんなに評判が悪かったんだろう。人気のない映画として(当教室の中では)ナンバー1です。(笑)

今週末は秋のボサノバギターライブ!

教室では、もうすでに来年の曲選びに燃えている(!)生徒さん達がいて、生徒さんにとっては曲選びは一番楽しい季節だそうです。先生の方は、みんながどーんと新しい曲を習い始めるので、準備に大変なシーズンです。

そんな中、今週末は今年最後の雲州堂ライブ!秋のボサノヴァギターライブです。

高さんは、教室のYouTubeでもアップされている「Se todos fossem iguais a voce 」や、今年の発表会で披露して大人気だった「枯葉」なども演奏してくれるそうです。女性だけどカッコイイ演奏がまた聴けそうです。

田辺さんは発表会で新境地を開いてソロギターに挑戦してくれました。このライブでは弾き語りに戻っていつもの田辺さんの歌声を聞くことが出来そうです。初挑戦の曲もあるみたいですし、スタンダードナンバーもアレンジが面白いので、そんな所も人気です。

最後の西口ですが、オリジナル曲を中心に、ちょっとカヴァー曲も演奏しようかな~と言ってました。今回も全員ギター1本のパフォーマンスですが、 3人それぞれの個性を楽しんでいただければと思います。

「雲州堂」の料理も美味しいですし、ぜひ秋のボサノヴァギターライブへお越しください。お待ちしております。

その後のライブ→「秋のボサノバギターライブ2019

レッスン料金変更のお知らせ

メールでもお知らせしましたが、10月の増税に伴いレッスン料を変更する事に決めました。 この10年間、月2回のレッスンを6,000円で頑張ってきましたが、 物価の上昇もあって、教室を今まで通り維持していくことが難しくなってきました。 大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力の程、よろしくお願いいたします。 料金変更は12月から実施いたします。

変更後のレッスン料(12月より)

月2回 7,000円
月3回 9,000円 (変更なし)
月4回 12,000円 (変更なし)
月1回 4,000円
(月5回以降+3,000円) (変更なし)

月に3回以上通っている場合は、今まで通り1回あたり3,000円で、変更はありません。

月に2回以内で通っている生徒の皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。

熱心に通ってくれている生徒さんが多いのでなるべく通いやすい教室をと考えています。今後ともよろしくお願いいたします。

2019発表会を終えて・・・

今回、発表会が終わってすぐ沢山の方々から感想を頂きました。みんな印象に残った演奏が違うのが面白かったし、けっこうレッスンでも発表会の話題が多くでてくるので、例年以上に盛り上がってるな~と言う印象です。

実は入場者数は過去最低で、ラグビーのW杯日本戦( 瞬間最高 視聴率 49・1% )のせいなのかな~?と話をしていたくらいでしたが、そんな中「出た人」も「見た人」もローカルに盛り上がってます。

なんだか発表会の初期の頃を思い出しました。少人数だったけど、本人たちだけはすごい盛り上がってて、失敗したけど楽しかったな~と言う感じの雰囲気。そんな初期の教室を思い出させるアットホームな今回でした。

それから今回の発表会で何かを得た様な感じの生徒さんはキラキラしていると言うか、楽しそうに見えました。また見に来た生徒さん達も刺激を受けたみたいで来年が楽しみです。

ウチの教室の発表会は参加自由です。このステージに挑戦したくなったら、ぜひ舞台に上がってみてください。リスクはありますが(笑)、その分得るものも大きいですよ。ステージから見える景色を味わってみてください。また来年、お待ちしております!

大阪のギタースクール。アンチェリーボサノバギター&ウクレレスクール

「人前で演奏する練習」の交流会もあります。関連ブログ→「交流会の話

第17回発表会無事終了しました。

第17回発表会無事終了しました。

参加してくださった生徒の皆さん、ステージ脇での仕事や受付などを手伝ってくれた皆さん、会場の「IOR?I/雲州堂」のスタッフの皆さん、そしてなによりご来場いただいた観客の皆様、本当にありがとうございました。HPに当日の模様をアップしましたのでご覧ください。→「第17回発表会

いよいよ明日は発表会!2019

いよいよ明日発表会ですね。

今年も「ステージに立ちたい」と思って挑戦してくれる生徒さん達が集まって、発表会のステージに登場してくれます。 正直、間違っても、下手クソでも全然かまいません。教室の発表会のステージは自由でミュージシャンに優しい所です。ただ最後まで「自分はステージに上がって、練習してきた曲を披露したいんです。」と言う気持ちを忘れずに演奏してください。

照れ屋さんで、恥ずかしがりでも、ステージ立ったら、気後れせずに最後まで演奏をやり切ってください。気持ちで逃げない。そうすれば、きっと下手クソでも間違っていても、観客に伝わるものがあるんです。だから毎年発表会は見に来てくれた人が喜んで帰ってくれるんです。泥臭い自分でいいので逃げずに頑張ってください。

教室ではよく「家では弾けるんです。」と言う人が多いです。それは嘘じゃないし、本当だと思います。でも家では弾けるのにステージではその通りにはならない事が多い。謙虚にその自分を受け止めて、失敗しても人前で弾く事を選んだ自分から逃げずに演奏すると、その人の人柄が喋るよりよく舞台では現れるんです。それがステージの醍醐味。

今年も出演者全員が、ステージ上の自分を謙虚に受け止めて最後まで集中を切らさず演奏していきたいと思います。本番よろしくお願いいたします。

大阪のギター教室&ウクレレ教室

追記:その後の発表会本番の模様 →「第17回発表会

2019発表会まであと3日!

発表会まであと3日!いよいよ迫ってきました。

今年の発表会は全27曲。内訳は、ギター弾き語り13名、ソロギター8名、ウクレレ弾き語り2名、ソロウクレレ3名、ウクレレ&ピアニカが1組、親子で登場してくれます。
演奏曲はHPにもアップしていますが、去年よりさらにボサノバ弾き語りが増えました。ここ3年でぐんぐん伸びてます。教室では発表会直前なので出演する生徒さん達の緊張感あるレッスンが続き、ちょっとテンション高めです。いやー、本番どうなるのか毎年ドキドキです。
あと今のところ、お天気も日曜日は晴れなので、このまま晴れてほしい!とみんなで言ってます。

出演する生徒さん達も見にくる観客の皆さんも、お世話になるお店の方々や私たち夫婦も含めて発表会に関わる全ての人が、楽しく無事に終わります様に・・・

近所の玉造稲荷神社へ、お祈りしてきました。(特に天気は神だのみ!)

発表会は一般の方でもご覧になれますので、是非遊びに来てください。予約とか前売りもありませんのでお気軽にどうぞ。お待ちしております。

その後の発表会→「第17回発表会2019

メトロノームは友だち

先日、メトロノーム練習をしてきた人が、「メトロノームで練習したら、自分がいかに自由に歌ってたかが分かりました。(笑)」と言ってました。

その生徒さんは弾き語りの人で、途中の間奏のソロギターの所が苦手だったんですが、メトロノーム練習のおかげで弾ける様になったそうです。その理由は、「何故かめちゃくちゃ速く弾いていた事が分かって、こんなにゆっくり弾いていいのかと思ったら弾ける様になった」とのこと。

でもこの話、結構よくある事なんです。ソロギターを勉強している生徒さんたちも難しい所を早く弾きすぎていたり、メトロノーム練習で「ん?」と気づく事がたくさんあります。

メトロノーム練習をして自分自身で気づく事が大切ですし、メトロノーム練習は必須。嫌いな人も多いけど・・・ぜひ「メトロノームと友だち」になってください。メトロノーム練習で気づいた事があったら、またレッスンの時に教えてくださいね。

大阪のギター教室 「メトロノームはともだち」 メトロノーム練習♪

「キャプテン翼」の≪ボールはともだち≫ じゃないけど、楽器演奏者にとって 『メトロノームはともだち』ですよ。 

映画「ジョアン・ジルベルトを探して」見てきました。

映画「ジョアン・ジルベルトを探して」(原題:Where Are You, João Gilberto?) を見に行ってきました。

生徒さんを含め、僕のまわりではあまり評判のよろしくない映画。

内容はフランス生まれの映画監督でブラジル音楽が大好きなジョルジュ・ガショ氏が、崇拝してやまない“ボサノヴァの神様”João Gilberto(ジョアン・ジルベルト)に会いに行く夢を叶えるため、リオデジャネイロに出向いてジョアンと親交のある人を尋ね旅するドキュメンタリー映画で・・・

僕は収集家・コレクター気質でもなく、追っかけの人の気持ちも全く分からないので、この映画のもとになったドイツ人ジャーナリストやこの監督さんの気持ちも全く理解できないと思って観に行ったので、むしろめっちゃ楽しめました。リオの景色とジョアンの歌声を聞くだけで「あぁ、いいなあ~」としみじみ。批判的な人はこの映画にこれ以上何を求めるんだろう?

映画「ジョアン・ジルベルトを探して」のパンフレット
映画のワンシーン。地元の人と話す姿。
ヤマザキマリさんのジョアンの絵が。

パンフレットには2001年に日本来日コンサートの交渉のため、ジョアンと電話でコンタクトをとっていた日本人の方のエッセイがあって面白かった。

リオの景色とジョアン・ジルベルトの歌声に浸りたい人にはオススメです。

あぁ~リオに行きたくなったわ。

映画→「公式サイト

追記:その後も映画を見た生徒さん達から「イマイチ」との報告が。こんなに惨敗な映画も珍しい。「最初のシーンは現実じゃなくて想像ですか?」とか「最後のシーンもなんだかな~」とか「最後のシーンがなんか許せない・・・」とか「不評と知ってても、たぶん見ておきたい映画だったから見に行ったでしょうけど、アレはないよな~」などなど、色々意見を頂きました。

追記2:その後、何年かぶりに復学した生徒さんが「ジョアンの映画、不評だったんですか?僕はよかったですけどね~。」と言ってました。貴重な1票です。
彼が冗談で「この映画ダメだった生徒は首にしましょう!」と言ったので「教室つぶれるぅ~!」って僕ら夫婦が言って3人で爆笑!ちょっと面白かった。まぁ、とにかくウチの教室では不評な映画であることに今だ変わりはありません。

発表会の出演順が決まりました。

いよいよ今月は発表会!
ようやく出演者の演奏曲も決まって、出演順が決まりました。よかったらご覧ください。→(詳細:2019発表会

※急な変更あれば随時更新します。演奏曲も出演順も直前までご確認くださいます様、よろしくお願いいたします。

当日に向けての 体調管理、よろしくお願いします。そして練習しすぎで腕や身体など痛めない様に、適度に休憩を入れながら練習してくださいね。