2016年 発表会を終えて・・・

早いですね。発表会が終わって1週間がたちました。

今年は発表会当日の自分の動画をほしいと言ってきた生徒さんが12人もいました。今までは毎年多くても3名くらいで、自分の動画を見たくないという人が多かったので驚きました。いい演奏が出来たと手応えを感じた生徒さんが多かったということだと思います。よくても悪くても自分の演奏の動画を見る事はすごく勉強になると思います。今からでもいいので、見たいと思う生徒さんは連絡くださいね。

レッスンに来た生徒さんに発表会を見た感想を聞くと、印象に残った演奏者が誰か1人に集中することなく、それぞれがいいと思った演奏者が違ったので面白かったです。今までは割りとみんながいいと思う人がだいたい同じで、その人がその年の発表会のMVPだったな~と思うことが多かったのですが、今年は沢山のMVPがいる感じです。動画を見直しても、生徒さんの演奏のレベルが高くなり、おかげさまでいい発表会になったと思います。

これからも交流会と発表会、そして企画イベントも続けて行って、たくさんの人が人前で演奏してくれればいいなと思います。もちろん教室以外の所に飛び出してどんどん演奏してくれれば、本当にうれしいです。

この教室では一人で演奏する事が基本です。だからバンドのメンバーと時間を合わせて練習する事もないですし、自分の好きな時間に練習して自分と楽器さえ持って行けばどこでも演奏可能です。どんどん身軽に気楽に演奏してくれればと思います。

そして、人前で演奏すること、特に一人で演奏するためのメンタルの練習も必要だと今回すごく感じました。日々の楽器の練習はしても、メンタルの練習はしていない人が多いと思うので、これからのレッスンにもっと取り入れていきたいと思います。
dscf2150

追記:この年は最終的に16名の生徒さんが自分の演奏動画データでもらって帰りました。来年も増えるのかなと思います。

第14回発表会無事終了しました。

第14回発表会無事終了しました。
dscf0949

参加してくださった生徒の皆さん、ステージ脇での仕事や受付などを手伝ってくれたスタッフの皆さん、会場の「IOR?I/雲州堂」のスタッフの皆さん、そしてなによりご来場いただいた観客の皆様、本当にありがとうございました。HPに当日の模様をアップしましたのでご覧ください。こちら→

いよいよ明日は発表会!2016

いよいよ明日は発表会!

直前のレッスンでは、予想以上にいい出来の生徒さんが多かったです。やっぱり追い込まれたらみんな強いな~と思いました。その中でもベテラン組はやっぱり余裕をもって準備してるし、さすがですね。本番では練習してきたことを信じて、ステージを楽しんでもらえればと思います。

お客さんも出演者もスタッフもお店の人もみんなが楽しめる会にしたいと思っています。皆様、今年もよろしくお願いいたします!

dscf5557-2

発表会まであと1週間!2016

いよいよ1週間後に発表会ですね。

今年は全34曲で、弾き語り12名、ソロギター12名、ソロウクレレ7名、その他、講師とのデュオが2組あります。演奏する曲は、昭和の懐かしい曲からロックにボサノバ、ジャズに、オリジナル曲あり、映画音楽など色んな曲が揃いました。ここ最近は弾き語りの人が少なかったから、今年は歌う人が多いし、また違う雰囲気になるのかなと思っています。

先日、生徒さんから「休みの日のお誘いに『発表会の練習するから』って断ったら、周りの人に『何を目指してんの??』って言われました~」って苦笑いしてて面白かったです。でもみんながそれぞれ発表会に向けて演奏する1曲と向き合って当日を迎えるので、その大事な1曲、1曲を聞けるのは楽しみです。今年もあっという間に本番がくるんでしょうね。早いな~。

一般の方でもご覧になれますので、是非遊びに来てください。予約とか前売りもありませんのでお気軽にどうぞ。
dscf0927
写真は発表会のチケットです。こっちの準備も着々です。

映画「灼熱のギタリスト パコ・デ・ルシア」

映画「灼熱のギタリスト パコ・デ・ルシア」見に行ってきました。
dscf0862
映画を見てから、もうずいぶん日にちが立つんですが、ブログになんてあげようかなと思いつつ、忙しくてのびのびになっていました。でも噂通りよかったです。

音楽の偉人の映画と言うと、貧困、女、病、ドラッグ・・・なんかが出てくるのが多いんですが、この映画はそんな感じではなく・・・見たあとに、なんとも言えず爽やか。こんな表現でいいのか分からないけど、爽やかな気持ちになりました。

もちろんパコも人間ですから老いや死もあるし、人の批判などにもあうんですが、それも含めても見終わった後、爽やかに感じたんです。画面を通してパコ自身の言葉や貴重なライブ映像の数々がすべて楽しかった。とにかく見に行ってよかったです。
DVDが出たら必ず買いたいと思います。

そしてパコの映画に行く話を前回ブログにアップしていたら・・・
dscf0900

教室にパコのレコードが・・・しかもこの量!
dscf0896

河井さん、雨の中すみません!ありがとうございます。
dscf0898

パコをレコで聴ける幸せ・・・心して聴かせていただきます。

cafe perche live 無事終了しました!

「Cafe Perche live」が無事終了しました。
DSCF0820

ご来店いただいた皆様、ありがとうございました。そして出演者の吉田さん、ペルシュの北本さん、本当にありがとうございました。当日の模様をアップしましたので、よかったらご覧ください。こちら→

8月の交流会無事終了!

8月の交流会無事終了しました!
DSCF0359
詳しい当日の模様はこちら→「tempo delicioso 22

今回も参加して下さった皆様、ありがとうございます。また、アンドリーニャのナマエさんとモニカさんには大変お世話になりました。ありがとうございます。次回はいよいよ10月の発表会ですね。皆さまよろしくお願いいたします。

ギターの弦、張り替えレッスン

先日、ギターの弦の張り替えをレッスンしました。
DSCF0343

ギターケースをあけたら4弦が切れていたそうです。初心者の生徒さんだったので、自分で張り替えた事がなく教室で張り替える事となりました。
張り替えのレッスンで用意してもらうのは、「生徒さん自身のギター」と「新しい弦」です。その他、ニッパーやチューナーなどは教室で用意しています。ちなみに新しい弦の用意など分からない点があれば相談してください。
この日は張り替えレッスンの後、通常のレッスンをしました。だいたいこんな感じで2枠予約して連続でレッスンを受ける生徒さんが多いです。

最近はネットに張り替え方も詳しくアップされているので、便利になりました。生徒さんの中には「最初自分で張り替えた時は1時間半もかかったけど、次は50分、そして3回目は20分くらいで張り替えれる様になりました。」と言う人もいれば、「いつも久々に張り替えるので毎回初心者になって、めちゃめちゃ時間かかります!」っていう人もいます。(笑)

こうやって自分で弦を張り替えたり、色々楽器のメンテナンスをしていくと楽器への愛情が深くなるので楽しいですね。

その後のブログ→「弦の種類

ギターのフレットの印

クラッシックギターには基本的にフレットに印がないので自分で印をつける人が多いんです。(黄色の部分)
DSCF0291

人によって違うので、教室用のギターは生徒さんによって印を付けたり、剥がしたり。なので、すぐ剥がせるサージカルテープ(医療用のテープ)を使っています。これだと剥がしたところがベタベタしないので重宝しています。(こんな感じ↓)
DSCF0294

一番多いのは「7フレットだけ」。あとは、「5と7」。エレキギターやアコースティックギターを元々やっていた人は「3・5・7・9・12」に全部貼るとか色々です。

生徒さん自身のギターを見せてもらうと、丸いシールを買ってきて貼ったり、黒や白のマジックペンで直接書いている人や、女性のネイルに使うキラキラのシールを貼っている人もいました。貼っているフレットの位置はみんなバラバラです。

クラッシックギターの試奏なんかをお店ですると、フレットに印がないから「間違えまくって恥ずかしかった~」なんて言うのもウチの教室ではよくある話です。

とにかく弾きやすくなることが一番なので、教室のギターを使う生徒さん達は遠慮なくフレットの印の位置は言ってくださいね。これからも付けたり剥がしたりサージカルテープは必須です。

浴衣ライブ無事終了しました!

浴衣ライブ無事終了しました!
DSCF0251

来場いただいた観客の皆様、ありがとうございました。そして出演者の皆さん、受付を手伝ってくれたYさん、会場「IOR?I/雲州堂」の方々、本当にありがとうございました。当日の模様をアップしましたので、よかったらご覧ください。→「浴衣とウクレレとボサノバギターの夕べ」