マグネット式コンタクトピックアップ拝見!「Cling On クリングオン ピックアップ CP01」

レッスンに来ていた田辺さん。持参のギターを見てたら・・・

いつもと違う。なんか付いてるんですけど・・・?

聞いたら「着脱が簡単なマグネット式コンタクトピックアップ」だそうです。

着脱が簡単なマグネット式コンタクトピックアップ 「クリングオン ピックアップ CP01」

わざわざケーブルをつけて教えてくれました。 加工が不要で、ギタートップ面へ磁石で取り付ける新しいタイプのピックアップだそうです。音的にも今の所まったく問題なく、田辺さんオススメのピックアップだそうですよ 。

調べてみたら色々評価も高いみたいだし、気になる方も多いのでは?

詳しくはこちら→「Cling On クリングオン ピックアップ CP01

今回もピックアップを見せてくれた田辺さんに感謝。発表会も楽しみです。ありがとうございました。

ある日の教室

ある日の教室。

先生「秘密兵器、用意するわ~。」
生徒さん「秘密兵器ってあるんですか?」
その後・・・
生徒さん「わ~すごい!コレで全部見れます。」
なんて声が聞こえたので、ちょっと覗いてみると・・・

なるほど。長い楽譜が並んでる。見やすい。
発表会までに暗譜するそうです。すごいなぁ~。
ちなみに・・・

これを楽譜立ての所に使っているそうです。楽器屋さんで買えるらしいですよ。
トリプル楽譜シートホルダー

スペインギター拝見!「TEODORO PEREZ」

上野くんが新しいギターを購入したので持ってきてくれました。
この笑顔・・・それもそのはず!ようやく見つけた1本「TEODORO PEREZ / テオドロペレス」。

弾かせてもらいました。

めちゃくちゃイイ音!これはすごい!スペインの音がしてます。ずっと探してたみたいだったから、本当にいい1本に出会えてよかったですね。この音、僕もほしくなりました。レッスン中「イイ音やな~!」を連呼。(笑)また一つ生徒さんのギターでほしいギターが増えました。

今回も見せていただいた生徒さんに感謝。ありがとうございました。

映画「灼熱のギタリスト パコ・デ・ルシア」

映画「灼熱のギタリスト パコ・デ・ルシア」見に行ってきました。
dscf0862
映画を見てから、もうずいぶん日にちが立つんですが、ブログになんてあげようかなと思いつつ、忙しくてのびのびになっていました。でも噂通りよかったです。

音楽の偉人の映画と言うと、貧困、女、病、ドラッグ・・・なんかが出てくるのが多いんですが、この映画はそんな感じではなく・・・見たあとに、なんとも言えず爽やか。こんな表現でいいのか分からないけど、爽やかな気持ちになりました。

もちろんパコも人間ですから老いや死もあるし、人の批判などにもあうんですが、それも含めても見終わった後、爽やかに感じたんです。画面を通してパコ自身の言葉や貴重なライブ映像の数々がすべて楽しかった。とにかく見に行ってよかったです。
DVDが出たら必ず買いたいと思います。

そしてパコの映画に行く話を前回ブログにアップしていたら・・・
dscf0900

教室にパコのレコードが・・・しかもこの量!
dscf0896

河井さん、雨の中すみません!ありがとうございます。
dscf0898

パコをレコで聴ける幸せ・・・心して聴かせていただきます。

過去の曲を思い出そう!

最近、教室以外の所でライブをしている生徒さん達が増えてきました。

そこで「過去に教えてもらった曲をもう一度教えてください。」と言われる事が多くなってきました。いざライブとなった時、過去に弾けていた曲が、ソロだけ思い出せないとか、終わり方はどうだったかな?などなど。工夫してアレンジした所を忘れていることが多いみたいです。でもその工夫した所はその人の弾けるレベルとか、好みに合わせてそれぞれアドリブで教えているのでこっちも全く覚えてなくて(笑)また新たに作ったり、今のレベルに合わせて変えてみたりしてやっています。

中には「過去に習った曲のこのアレンジが好きなので、絶対忘れたくないし、ウォーミングアップ用に弾いたりしてるんです。」って言ってくれる人もいて嬉しいですね。逆に「あの曲、全く今できませ~ん。」なんて言う人も結構いて残念です!(笑)

「新しい曲を覚えると昔の曲を忘れるわ~」なんて言いながらもライブを楽しそうにしている生徒さん達を頼もしく思います。
僕も7月は久々にライブ。(半年ぶり?)生徒さん達に刺激をもらって頑張って準備していきたいと思います。

インストから弾き語りへ転向組の話。

ウチの教室ではソロギター&ウクレレ(インスト)を勉強してた生徒さんが弾き語りのレッスンに切り替えたり、その逆も多いのですが・・・

最近、インストから弾き語りへ転向された方々が何人かいて、帰り際に「教室で歌うのが恥ずかしいって訳でもないけど、なんと言うか違和感があるんですよね~(笑)」と言われました。
僕からしたら弾き語りの勉強は歌って当然だし、いつものありふれたレッスン風景だけど、ずっとインストをやってて、今日から弾き語りのレッスンをはじめますっていう生徒さんにとってはちょっと非日常的と言うか、けっこう刺激的な様です。「カラオケボックスでマイク持って歌ったりはするけど、マイクもなく先生の前で歌うっていうのがなんかな~(笑)」とか、「弾き語りの他の生徒さん達は先生の前で歌ってはるんですか?」と聞いてきて「もちろん歌ってますよ~」と僕が答えて爆笑したりもしました。

ちなみに、歌うと「歌心」が身につくと言うか、本当に「歌心」とはよくできた日本語だなと思うような「歌の心」が学べる気がします。人前で披露しないにしても、一度は勉強してみたら楽器だけの演奏をする時にもいい影響があると思います。オススメです。

お宝?!バーデン・パウエルの知床旅情・・・!

生徒さんがまた面白いバーデンのレコを持ってきてくれました。

その名もバーデン・パウエル「知床旅情」・・・?!
2783_large[1]

中ジャケ。むむむ。
2784_large[1]

日本の曲ばっかり。解説は期待させる内容ですが・・・
2785_large[1]

歌詞はあるけど、歌ってません。インストです。
2786_large[1]

裏ジャケ。確かに「花嫁」だけはバーデン的な感じも感じられましたが・・・
2787_large[1]
「ジャケ面白いけど、中身はド演歌です。とほほ・・・」と言って持ってきてくれました。確かにずっと聞いてられないド演歌っぷり(笑)。こんな仕事もしていたのか~と面白かったです。

今回も持ってきてくれた生徒さんに感謝です。
ありがとうございました!!

過去のブログ→「バーデン・パウエルのレコ

CD頂きました!

生徒さんからCD頂きました。その名も「uetlo〝眠りのサンバ”」!

2779_large[1]

11月の当教室の10周年記念ライブにも出演してくれる「uetlo」こと高木雄一郎さんの作ったCDで、ジャケの写真はウチの奥さんが撮った写真を使ってくれているそうです。嫁も喜んでおりました。

教室の発表会の打ち上げでお馴染みの「眠りのサンバ」を含む5曲入り。去年もあの「スンスンスンスン」の所をみんなで歌って楽しかったですね。twitterに「ライブに来てくれて『欲しい!』と言ってくれた方にあげます!」とアップされていました。他にもライブの情報など随時アップしているので、ファンの方は是非チェックしてみてください。

詳しくはこちら→「uetlo twitter

高木さんありがとうございます。聴かせていただきます。

お手製マイク?拝見!

生徒さんが自作のマイクを持ってきてくれました。
こちらがそのマイク。譜面台にセロハンテープで貼り付けているんですが、見えるかな?
2467_large[1]

この細い先がマイク。なんとも心もとないルックス。いかにも自作な感じがいいです!
2468_large[1]

この距離で僕が弾いて録音してみました。これがなんと・・・!!!
2469_large[1]

すごくいい音だったんです。まさしく弾いたそのままの音。
僕にも作ってほしいとお願いしておきました。
あえて難点をいえば、周りの音をそのまま拾い過ぎることでしょうか。
クーラーのモーター音までリアルな音で録れています(笑)。

2470_large[1]

石井くん(右)、持ってきてくれてありがとう。
今回も生徒さんに感謝です。

河井さんのフラメンコギター

河井さんがフラメンコギターを持ってきてくれました。
35年前にフラメンコギターの先生から中古で買ったものだそうです。
2155_large[1]

弾かせてもらいました。弾きやすい!そしていい音!
2152_large[1]

ちょうどレッスンが終わって帰る所だった遠藤さんも弾かせてもらい「マズいの見たな・・・(ほしくなるから)!笑」と言い残して帰っていきました。
2153_large[1]

河井さんにちょっとフラメンコギターぽいフレーズを弾いてもらって思わず「オーレ!!」
2154_large[1]

「ここはボサノバ教室ですよね」と言うツッコミを頂きました。はい、そうです。でも、いい音に国境はないです。

フラメンコギターほしいな~!!!(再熱!)

ちなみに僕も遠藤さんも河井さんもバーデン好き。2人が今やってる課題もバーデン曲。僕のやってるソロギターにはフラメンコギターがやっぱりいいのかな。ほしいです。

河井さんありがとうございました。楽しかったです!

その後、フラメンコギターを購入したブログはこちら→