「秋のボサノバギターライブ」

今年最後の雲州堂ライブを11月に行いました。 この日は天気もよくて暑いくらいの一日でした。

今回登場する3名でアンチェリー恒例の記念撮影。

エイエイオー!もしたけど、目をつむっていたのでお蔵入り。気づかずにすみませ~ん!

1.高 友季子(ギターソロ 動画

1. Mas que nada
2. Manhã de carnaval
3. Canto de ossanha
4. Se todos fossem iguais a você
5. Autumn leaves
6. キツネの嫁入り (アンコール)

いつものバーデン・パウエルの曲も含めてカッコイイ高さんの演奏が聴けました。前回より余裕が感じられて、さらにパワーアップしていたような。MCの小ネタも面白かったし、見に来たお客さんから大きな拍手がありました。ありがとうございました。

2.田辺 新(弾き語り動画

1. Garota de Ipanema
2. Olha Pro Céu
3. Meditação
4. Berimbau / Consolação
5. Desde que o samba é samba
6. Samba de Verão
7. O Bêbado e a Equilibrista
8. Sandália de Prata (Isto Aqui O Que É) (アンコール)

ボサノヴァのスタンダードやマニアックな曲まで色々聞く事が出来ました。初めて演奏したと言う「ビリンバウ」も好評!歌声はもちろんギターの音色がすごく綺麗でみんな聞き惚れていました。ありがとうございました。

3.西口 健一(ソロギター)

1. 駅舎にて
2. Ela é Carioca
3. Samba do aviaõ
4. 長い影
5. 青春群像
6. Chega de saudade
7. ライオン橋 (アンコール)

オリジナルを中心に3曲ほどカヴァーをしました。今回はお客さんも静かに聞いてくれている感じだったので、MCをせずにひたすら演奏していきました。演奏後に初めて聞いたお客さんより「よかったです。」と声をかけてもらったのが嬉しかったです。

それから高さんも田辺さんも僕も学生時代の友人が見に来てて、何年かぶりの再会があったりして、ちょっと面白い偶然だなと思いました。

改めてご来場いただいた観客の皆様、ありがとうございました。そして出演者の皆さん、受付を手伝ってくれた吉田さん、会場「IOR?I/雲州堂」の方々、本当にありがとうございました。
次回は2020年3月29日(日)に、弾き語りの兵頭さんと木村さんを迎えて雲州堂でライブをします。また来年もよろしくお願いいたします。

「Bossa Nova & Jazz Guitar Live」

9月にボサノバとジャズのライブを企画しました。当日は台風が気になりましたが、なんとか晴れて楽しい会となりました。

ボサノバ&ジャズギターライブ ♬

1.「 奥野 義彦 」(ソロギター)

1. Night and Day
2. My one and only love (当日の動画
3. 枯葉 (ウクレレ)
4. サンゴ礁の彼方 (ウクレレ)
5. Samba de uma nota só
6. All the things you are
7. S Lovin’ you (アンコール) (当日の動画

1番手は奥野さん。 ジャズやボサノバのスタンダードを演奏してくれました。途中ギターをウクレレに持ち替えて2曲。ハワイアンあり、心地良いサウンドにみんなうっとり聞いていました。MCも楽しかったです。ありがとうございました。 (Mais um passo!

2.「吉田有希代」(ボサノバ弾き語り)

1. Saudade da Bahia
2. Corcovado
3. Izaura
4. A felicidade
5. O negocio e amar
6. Minha voz, minha vida
7. Mas que nada (アンコール)

2番手は吉田さん。いつもの透明感のある声で全7曲ボサノバスタンダードを弾き語りしてくれました。間奏のソロが間違うかも?と言ってた曲で、ソロは完璧に弾けたのに歌詞を間違うというやらかしもありましたが(笑)、全体的には吉田さんらしい明るくて楽しいライブになりました。お疲れ様でした!

3.西口 健一(ソロギター)

1.雲の上から
2. マランゴン
3. Garota de Ipanema/イパネマの娘 (弾き語り)
4. Nardis (カヴァー曲)
5. 大きな輪・小さな輪
6.長い影
7. 駅舎にて
8. Chega de saudade(アンコール)

いつものオリジナル中心で演奏しましたが、緊張のあまり手の震えが止まらず、仕方なしに歌を歌うという暴挙に出ました(苦笑)。それ以降は落ちついて演奏できましたが、ほんとに最初が課題です。そんな演奏に温かい拍手をくださった会場の皆様に心から感謝です。これに懲りずにまた遊びに来てやってください。ありがとうございました。

追記:当日の動画アップしました。

改めてご来場いただいた観客の皆様、ありがとうございました。そして出演者の皆さん、受付を手伝ってくれた木島さん、会場「IOR?I/雲州堂」の方々、本当にありがとうございました。また11月17日(日)に雲州堂でライブをする予定です。またぜひ遊びに来てください。よろしくお願いいたします。

「浴衣ライブ 2019」

今年で4回目を迎える「浴衣ライブ」。今回はボサノヴァは封印して、基本的にオリジナル曲を中心に演奏しました。 前日は雨でしたが、当日は朝から晴れてよかったです。浴衣や甚平で来てくれたお客さんもちらほらいて、夏らしい雰囲気になりました。

2019年のフライヤーデザイン

それでは当日の模様をご覧ください。

1. 「o mocho(オ・モーシュ)」
矢野 一希(ギター弾き語り 動画) &梅田麻美子(フルート)

浴衣ライブに2回目出演の矢野さん。矢野さんはギターの弾き語り、そしてフルートに梅田さんが入って、ユニット「o mocho(オ・モーシュ)」として登場してくれました。弾き語りのいい声と、フルートの華やかな演奏でイイ雰囲気でした。最近結成したばかりのユニットには見えません。素敵な演奏ありがとうございました。

ちなみに矢野さんの新しいCDも販売していました。他にもトートバックやコースターにポストカードなどグッズもあって売れてました。すごいな~。

2.「西口 健一

  1. 駅舎にて
  2. O passeio
  3. 大きな輪・小さな輪
  4. ライオン橋
  5. マランゴン
  6. 青春群像
  7. 長い影
  8. 雲の上から
  9. Tema barroco/Agustin Pereyra Lucenaのカヴァー (アンコール)
  10. Adeus America / Joao Gilbertoのカヴァー(アンコール)

今回は久しぶりにオリジナル曲ばっかり演奏しました。ちょっと緊張してたので前半はバタバタして反省しかありません。アンコールでは今年逝去された2人の憧れのアーティストの曲を、追悼の気持ちを込めて演奏しました。合掌。

追記:当日の動画を2曲アップしました。

今回も恒例の演者だけでハイチーズ!

改めてご来場いただいた観客の皆様、ありがとうございました。そして出演者の皆さん、受付を手伝ってくれた吉田さん、会場「IOR?I/雲州堂」の方々、本当にありがとうございました。また9月や11月にも雲州堂でライブを予定しています。今後ともよろしくお願いいたします。

31 / mar / 2019 (sun) 「Tribute to Joao Gilberto~Live」

ジョアン・ジルベルト・トリビュートライブ

説明不要のボサノヴァの神、ジョアン・ジルベルト。当教室でも人気ですが、なかなか難しいのでジョアンのアレンジを学ぶ人は少ないのが現状です。そんな中、ジョアンに挑んだ事がある生徒さんを集めてライブを企画しました。正直、生徒さんと言うのもおこがましいほど当教室の自慢の皆様に出演して頂き感謝です。企画して本当に良かったです。教室としては前回のバーデン・パウエルに続いて第2弾のトリビュートライブ。ジョアン・ジルベルトゆかりの曲をそれぞれが披露していきました。

それでは当日の模様をご覧ください。

本番前に出演者での記念撮影。手にしているのはジョアンのレコードです。とうとうこの日がやってきました。

恒例の「エイ・エイ・オー!」。いざ出陣!

さていかに・・・

1.「田辺 新」


1.Desde que o samba é samba
2.Outra vez
3.É preciso perdoar
4.A felicidade (当日の動画
5.Que reste-t-il de nos amours
6.Sandália de prata
7.Desafinado(アンコール)
1番手は田辺さん。ボサノヴァの原点の様な楽しく歌って遊んでいる様な温かみのあるステージを見せてくれました。会場がすごく和んだと思います。サンバのノリの様なものから、しっとりしたバラード系まで、今回も色んなタイプの歌を歌ってくれました。ありがとうございました!

2.「矢野 汕骨


1.Sem compromisso
2.Águas de março
3.Chega de saudade
4.Eu vim da Bahia
5.Garota de Ipanema
6.光でいっぱい(オリジナル曲/アンコール)
いつものオリジナル曲は封印して、今回はボサノヴァのみの弾き語りをしてくれました。ボサノヴァの矢野さんが堪能できたのではないでしょうか?アンコールではオリジナル曲も披露。初めて矢野さんを見たお客さんも喜んでいました。ありがとうございました!
Mais um passo!
注:矢野さんはこの後『矢野汕骨』改め、元の『矢野一希』に戻して活動されています。

3.「兵頭 宏


1.Ela é Carioca
2.É luxo só
3.Amor certinho
4.Brigas nunca mais
5.Caminhos cruzados (当日の動画
6.Palpite infeliz
7.Saudade da Bahia(アンコール)
教室企画のライブではお馴染みの兵頭さん。今回も素敵な歌声を聞かせてくれました。間奏のギターソロも楽しかった。ジョアン・トリビュートライブであっても兵頭さんらしい軽快な感じはそのままで良かったです。今回もありがとうございました!

4.「西口 健一


1.Corcovado
2.Disse alguém
3.Menino do Rio
4.Adeus América
5.Doralice
6.Valsa(Como são lindos os Youguis/Bebel)
7.Garota de Ipanema(アンコール)
そして僕がトリを務めさせていただきました。生まれて初めて弾き語りのライブをしました。自分的には課題が多く残りましたが、それでも歌うのってなかなか楽しいですね。思い切って歌ってみてよかったです。

追加1:アンコールに「イパネマの娘」を演奏して会場の皆さんにも一緒に歌ってもらったんですが、ポルトガル語で歌える人が沢山いてビックリしました。
追記2:その後、けっこう色んな曲を弾き語りできる生徒さんから「よく考えたら『イパネマの娘』は習ってなかったんで、あの時歌えなかったんです・・・教えてください!」と言われてちょっと面白かったです。

改めてご来場いただいた観客の皆様、ありがとうございました。そして出演者の皆さん、受付を手伝ってくれた吉田さん、会場「IOR?I/雲州堂」の方々、本当にありがとうございました。また夏には雲州堂で浴衣ライブをする予定です。今後ともよろしくお願いいたします!

おまけ:

ライブ後の打ち上げの様子。「Bistro やまごや」にて。料理美味しかった!

追記3:この時はまだこの年の7月6日にジョアンが亡くなるなんて思いもしていませんでした。なんの記念日でもなく、ただやってみたくて「トリビュートライブ」をして、ジョアンの凄さを改めて知り、またボサノヴァが、ジョアンがさらに好きになりました。 心よりご冥福をお祈り致します。
関連ブログ→「ジョアン・ジルベルトに感謝!

「Tribute to Baden Powell~Live」バーデン・パウエルゆかりの曲を

教室初のトリビュートライブを企画しました。第一弾はブラジリアンギターの鬼才、バーデン・パウエル。当教室でも人気のギタリストで、沢山の生徒さん達が学んでいきました。今回はそんなバーデン・パウエルに憧れてギターを学んできたメンバーが4名登場して、それぞれバーデンゆかりの曲を披露していきました。入れ替え時間のBGMもバーデンのアルバムを流したりして、だいぶマニアックなイベントでしたが、思ったよりお客さまが来てちょっとびっくりしました。

それでは当日の模様をご覧ください。

1.「西田 美穂


1.O Astronauta/宇宙飛行士
2.Petite valse
3.Carinhoso
4.Consolação
5.Sentimentos(アンコール)
トップは西田さん。持ち前のパワフルな演奏はもちろんのこと、トークも軽妙で、持参したレコードで、バーデン入門者にオススメのアルバムや、個人的に好きなアルバムなどの紹介があり、楽しいステージとなりました。自身初めてのライブでしたが、「ステージ、楽しいです。やってよかった。」とアンコールの時に言っていた姿が、出来る事は全て出し切った~!と言う爽やかさを感じました。ありがとうございました。

2.「河井 俊彦」


1.Retrato em Brasil/ブラジルの肖像画
2.Samba triste/悲しみのサンバ(長谷川ver)
3.Apelo/アペロ
4.Linda/リンダ
5.Eu sei que vou te amar/あなたを愛してしまう
6.The shadow of your smile/いそしぎ(アンコール)
2番手は河井さん。今回はバーデンゆかりの曲をアンコールも含めてたっぷり6曲演奏してくれました。河井さんらしい表現力豊かな演奏は健在。そして今回はトークも盛りだくさん(?!)で、あっという間の30分間でした。本当にありがとうございました。

3.「高 友季子」


1.Consolação
2.Berimbau
3.Valsa sem nome
4.Se todos fossem iguais a voce (当日の動画
5.Canto de ossanha
6.Deixa(アンコール)
こちらも初登場の高さん。本人いわくバーデンの中でも「泥臭い曲」をたくさん演奏してくれました。女バーデンばりの男前ギターとは正反対の、ぼやきトークが会場の笑いを誘っていました。初めてのライブとは思えません。ありがとうございました。

4.「西口 健一


1.Samba do avião/ジェット機のサンバ
2.Lamentos
3.Manha de Carnaval/カーニバルの朝
4.Deixa
5.Euridice
6.Samba Triste/悲しみのサンバ
7.La Marseillaise(アンコール)
そして僕がトリを務めさせていただきました。最初の2曲は緊張でガチガチでしたが、3曲目からは少し落ち着いて弾けました。思い入れが強過ぎて、どうその思いを表現するか悩んでいましたが、自分らしく弾くことしか結局はできないので、これでよかったのかなと思っています。個人的には、改めて「師匠・バーデン」の魅力と凄みを感じた一日となりました。とても楽しかったです。

改めてご来場いただいた観客の皆様、ありがとうございました。そして出演者の皆さん、受付を手伝ってくれた吉田さん、会場「IOR?I/雲州堂」の方々、本当にありがとうございました。また来年も雲州堂でライブを続けていこうと思います。今後ともよろしくお願いいたします!


「エイエイオー!」というショットですが、終了後の写真なので顔が和んでいます(笑)。ちなみに左側・高さんが持っているレコが僕が一番好きなアルバムで、右の西田さんが持っているジャケが西田さん一押しのアルバムです。

過去のブログ→「お宝?!バーデン・パウエルの知床旅情・・・!

26 / aug / 2018 (sun) 「Live at Label cafe Osaka vol.3」

大阪:北浜の「Label cafe」でライブをしました。この日もまだまだ暑い大阪の夏でしたが、沢山の方々にご来場いただき本当にありがとうございました。

それでは当日の模様を写真で振り返ります。

1.「田辺 新」

1.Garota de Ipanema / イパネマの娘
2.A felicidade
3.Meditacao
4.Estrada do Sol~Eu e o Meu Amor~Lamento no Morro
5.Inútil Paisagem~Samba de Verão(メドレー)
6.Manha de Carnaval / カーニバルの朝
7.Corcovado
8.Chora Tua Tristeza
<アンコール>
9.O Bêbado e o Equilibrista

4曲目はジョビンのラブソングを3曲メドレーで、5曲目も2曲続けて夏らしい曲を。この日のライブの為に色々と用意してくれていたボサノヴァスタンダードが沢山聞けました。MCも楽しくゴキゲンな気持ちになれるライブは田辺さんならではの雰囲気。ありがとうございました。

2.「西口 健一

1.Clouds and plants
2.大きな輪・小さな輪
3.Lamentos(カヴァー曲)
4.Manhã de carnaval(カヴァー曲)
5.Chará(カヴァー曲)
6.Talkin’ about
7.ライオン橋
8.Silent station
<アンコール>
9.La Marseillaise(カヴァー曲)

今回はオリジナル曲とカヴァー曲を半々にしました。カヴァー曲は今まで人前で演奏をしたことがないものばかり。少し不安でしたが、なんとか演奏できました。ただ、音があまり良くなかったようで、聞きづらい音をお聞かせして申し訳なかったです。次回のライブまでには解決方法を考えたいと思います。でも、お客様は集中して聞いていただいていたので嬉しかったです。ありがとうございました。

改めてご来場の皆様ありがとうございました。そして出演者の田辺さん、受付を手伝ってくれた吉田さん、会場「Label cafe」の松岡さん、本当にありがとうございました。

「浴衣とボサノバギターの夕べ 2018」

今年も「雲州堂」で浴衣ライブをしました。当日を迎えるまで台風でヤキモキしましたが、なんとか晴れてよかったです。そして予想以上に沢山のお客様が来られたのでスタッフ一同驚きました。ありがとうございます。また立ち見になってしまった方、申し訳ありませんでした。
当日は出演者&受付スタッフは浴衣姿。客席にも浴衣や夏着物の方々がいて今年も楽しい雰囲気になりました。

それでは当日の模様をご覧ください。

1.「兵頭 宏」

1.Samba de verão/サマーサンバ
2.Garota de Ipanema/イパネマの娘
3.A felicidade/フェリシダーヂ
4.Caminhos cruzados/十字路
5.É luxo só/なんて素敵
6.Vou te contar(Wave)/波
7.Aquarela do Brasil/ブラジルの水彩画
8.Mas que nada/マシュ・ケ・ナダ
9.Este seu olhar/まなざし(アンコール)

まずは弾き語りソロの兵頭さんが登場。去年も参加して頂いたのですが今年はさらに沢山の曲を演奏してもらいました。トークも楽しくトップバッターとして場を和らげてくれました。さすがです。ありがとうございました。

2.「吉田有希代(Vo・G)、吉岡 慶和(b)、西口 健一(G)」

1.Samba de uma nota só/ワン・ノート・サンバ
2.Saudade da Bahia/バイーアの思い出
3.Corcovado/コルコヴァード
4.O barquinho/小舟
5.Chega de saudade/想いあふれて
6.ラブリー
7.Tristeza/トリステーザ
8.Água de março/三月の水(アンコールwith兵頭さん)

今回はこの日限定のユニットを結成して演奏しました。曲はボサノバスタンダードを中心にヴォーカルの吉田さんに選んでもらって、3人ならではのアレンジに挑戦しました。途中で吉岡さんからの楽器の説明コーナーがあったり、いつもと違う楽しさがありました。最後のアンコール曲は「Água de março」で兵頭さんにも参加してもらい掛け合いで歌って楽しい1曲となりました。

共演者の皆さん、ステージ脇での仕事や受付などを手伝ってくれたスタッフの皆さん、会場「IOR?I/雲州堂」の方々、そしてなによりご来場いただいた沢山の観客の皆様、本当にありがとうございました。


今回も楽しい思い出になりました。ありがとうございました!

前回の浴衣ライブ→「浴衣とウクレレとボサノバギターの夕べ 2017