ローマ、バルセロナ、マジョルカ島旅行記 目次

2011年4月に2週間ほど、夫婦でイタリアとスペインへ行ってきました。
イタリアはローマの友人宅へ3泊ほどお世話になり、そのあと憧れのスペイン・バルセロナへ。
また、地中海の島マジョルカ島へも1週間ほどゆっくりしてきました。
初めての海外旅行で嬉しくて、たくさんアップしてしまい長い旅行記になったので、自分達の整理の意味で目次を作りました。良かったらご覧ください。

1. 1日目 関空~ヘルシンキ~ローマ(Ladispoli)
2. 2日目その1 ローマ・ヴァチカンへ
3. 2日目その2 ヴァチカンの美を堪能
4. 2日目その3 ローマ市内観光
5. 3日目その1 ローマ近郊の街・Ladispoli
6. 3日目その2 Ladispoliの夕暮れ
7. 4日目その1 ローマからバルセロナへ
8. 4日目その2 カンプノウへ
9. 5日目の朝 バルセロナ市内の観光
10. 5日目 カサ・ミラ編
11. 5日目 カサ・バトリョ編
12. 5日目 サグラダ・ファミリア編
13. 5日目 グエル公園編
14. 6日目その1 カタルーニャ音楽堂へ
15. 6日目その2 バルセロナ市内の観光・ゴシック地区ほか
16. 7日目 バルセロナからマジョルカ島へ
17. 8日目その1 パルマ・デ・マジョルカの旧市街をブラブラ
18. 8日目その2 マジョルカ島のカテドラルへ
19. 8日目その3 パルマ散策とランチ
20. 8日目その4 パルマ・海沿いを散歩
21. 9日目その1 パルマ駅からInca駅へ
22. 9日目その2 パルマの街を散策・なぞのオブジェ特集
23. 10日目その1 レトロな列車でソーイェルへ
24. 10日目その2 ソーイェル散策
25. 10日目その3 路面電車でポルト・デ・ソーイェルへ
26. 10日目その4 ポルト・デ・ソーイェルにてランチ
27. 11日目その1 ミロ美術館へ
28. 11日目その2 パルマにてランチ&ライブなどなど
29. 12日目その1 マジョルカ島最後の日・ベルベル城へ
30. 12日目その2 ベルベル城からの眺めなど
31. 13日目その1 マジョルカ島からバルセロナへ
32. 13日目その2 バルセロナ観光・グラシア通りを北上
33. 14日目 バルセロナ散策・最後まで色々食べました・・・
34. 最終日 バルセロナから日本へ帰国 
35. 番外編 旅で見かけた「犬」特集
36. ローマ、バルセロナ、マジョルカ島旅行記 初の海外旅行を総括

以上です。

旅日記最終日 バルセロナから日本へ帰国

いよいよ日本へ帰国する日です。最後にお世話になったホテルを撮影。8時半の飛行機に乗るため、けっこう早起きでした。
1668_large[1]

早朝のバルセロナ。ここからタクシー乗り場に向かいます。
1669_large[1]

タクシーからの眺め。空港の明かりが見えます。
1670_large[1]

太陽が少しずつ昇っていきます。
1671_large[1]

空港に着き、早めにチェックインを済ませ、朝食をカフェでとります。
1672_large[1]

最後もやはりクロワッサンで(笑)。
1673_large[1]

バルセロナのプラット空港はほんとにキレイです。大好きになりました。
1674_large[1]

1675_large[1]

いよいよバルセロナとお別れです。帰りもFINNAIRで、まずはヘルシンキを目指します。
1676_large[1]

無事離陸。
1678_large[1]

4時間のフライトなので、機内食は軽食でした。でも、このハムが意外と美味しくてビックリ。
1679_large[1]

ヘルシンキ着。また雨と霧。バルセロナの太陽が早くも懐かしい・・・
1680_large[1]

ヴァンター空港です。
1681_large[1]

給油中。
1682_large[1]

ロビーにあったオブジェ。
1683_large[1]

搭乗口前のロビーにて。このときのユーロ残額は1€。上手く使いきることができました。
1684_large[1]

帰りの機内食。嫁さんのオーダー、ハンバーグ。美味かったらしいです。
1685_large[1]

僕のオーダーのカレー。これは意外にも美味かった。でもこのメニューにまで蕎麦が付くのはどうなんでしょう?
1686_large[1]

窓の外。神秘的な美しさ。暗くなってきましたが、帰りの飛行機では一睡もできませんでした。
1687_large[1]

朝。後もう少しで日本です。
1688_large[1]

日本が見えてきました。嬉しいような寂しいような。
1689_large[1]

この後は、普通に関空から空港バスで上本町まで行き、そこからタクシーで帰宅。計16日間に及ぶ旅も終わりました。本当に行ってきてよかったと、今、これを書きながら改めて感じています。

次は番外編『バルセロナとマジョルカの犬たち』をお届けします。 番外編へ

旅日記14日目 バルセロナ散策・最後まで色々食べました・・・

この日がゆっくりできる最終日です。今日も、LOEWEなどが入るキレイな建物を見ながらグラシア通りを散歩。
1641_large[1]

石畳はこんな感じ。
1642_large[1]

さて、今朝の目的地はココ!「IL CAFFE DI FRANCESCO」で朝食です。
1643_large[1]

この旅でクロワッサンにハマってしまった理由は、最初にバルセロナに来た時に、このBARで食べたクロワッサンがあまりに美味しかったからです。外はサクサク、中はふわふわ。何度食べてもやっぱりおいしい!しかも安い!
1644_large[1]

気分よくホテルに戻ったら、ホテルのドアがあきません!?フロントに聞いたら「バッテリーが切れた」とのこと。(苦笑)「電池を買って交換してる間、ホテルのBARで、1杯やりながら待っててほしい。」「おごるし・・・」と言われたのですが、さっき食べた所だったので、丁重にお断りして、さらにバルセロナの街を散策に。写真はホテルのカードキーです。
1645_large[1]

街で見かけた店。「ふうげうどう」??「ふうげつどう」の間違いやろ(笑)!!こんなのが多いです。
1646_large[1]

ランチは、ガイド本「旅するバルセロナ」に載っていたレストラン「Habaluc」へ。本には「健康的な料理がお店のモットー」とありましたが、さていかに。
1647_large[1]

前菜。手前が嫁の野菜スープ。奥は僕のサラダです。すぐ満席になったので、入るタイミングが良かったです。
1648_large[1]

僕のリゾット。めちゃめちゃ美味しかった。
1649_large[1]

嫁の海鮮の串焼き+ごはん。何味とはいいがたいけれど、とっても美味しかったそうです。
1650_large[1]

デザートにベリーチーズケーキ。食事に比べると、ちょっと甘すぎる様な・・・。でも、日本人がすすめるだけあって、日本人好みの味でした。全体的にデザート以外はあっさり、そして量も適量!ちょっとメニューにスペインぽさがない感じはしますが。
1651_large[1]

こちらも「旅するバルセロナ」に載っていた「Pepa Paper」
1652_large[1]

色んな用途の紙が売ってて、柄も豊富。店内にお客さんも多かったです。
1653_large[1]

昨日リピが決定となっていた「BAR MUT」へ。本日は店内で食事をしました。
1654_large[1]

店内。
1655_large[1]

昨日食べた「パタタブラバス」。ソースが3種類+岩塩が周りにパラパラと。それらを好みで付けつつ食べるのですが、ウマイです。
1656_large[1]

クロケッタ。私たちの大好きな本町の店「Lisboa」と双璧をなすウマさです。
1657_large[1]

食後もまたぶらぶら。やっぱり最後はもう一度サグラダ・ファミリアを見たいね、ということで歩いて向かいます。すると日本の国旗を発見!
1658_large[1]

よく見ると、「がんばれニッポン!」と書かれています。ジーンときました。今回の旅で何回も感じた事。ほんとに日本人として頑張っていかなければ。
1659_large[1]

サグラダ・ファミリアが見えてきました。今日はくもり空ですが、何回みてもいいですね。この公園、近所にほしいです。(笑)
1660_large[1]

よく見ると緑色のカラフルな鳥が・・・野性のインコ?(笑)まさかね。飼ってたのが逃げたんでしょうね。けっこう大きいです。
1661_large[1]

見飽きることがありません。今日もすごい人。
1662_large[1]

ずっと私たちの前を歩いていたフランス人(たぶん)の男女4人グループが、初めて見た!って感じで「わぁー」なんて見上げていました。なんだか青春?で面白かったです。
1663_large[1]

記念撮影。すると、男の人が来て写真を撮ろうか?と・・・。
1664_large[1]

こういう場合、いつもは断るのですが、雰囲気のよい方だったので、カメラを預けて夫婦一緒に撮ってもらいました。
1665_large[1]

真ん中の背の高い男性がその方です。この後、手を振ってくださいました。今回の旅では本当に優しい方々との出会いがあり、感謝の一言です。
1666_large[1]

さて、明日は帰国。バルセロナを満喫した最後の一日でした。
1667_large[1]

つづく

旅日記13日目その2 バルセロナ観光・グラシア通りを北上

荷物を置いて一息ついたら、ホテル回りを散策です。今回の旅行でだいぶ参考にしたガイド本「旅するバルセロナ」おすすめのホテル近くのパン屋さんに向かいます。もちろんこの旅で目覚めたクロワッサンを購入(笑)。めーっちゃ美味かったです。
1626_large[1]

「めっちゃおいしい店」と嫁が地図に記入していた「BAR MUT」へ。でも本人は何を見て書いたのか最後まで思い出せませんでした。謎です。初めてテラス席で食べました。
1627_large[1]

通りを挟んで、カサ・アシアが見えます。
1628_large[1]

夜のメニューを頼むには中途半端な時間だったようで、軽い食べ物を注文。写真は「パタタブラバス」。これが激ウマ!!この時点で、明日リピすること決定。
1629_large[1]

食後はグラシア通りを北上します。写真は憧れのクラシック5つ星ホテル「カサ・フステル」。あのカタルーニャ音楽堂を手掛けたドメネク・イ・モンタネール設計。
1630_large[1]

さらに北上し、ビレイナ広場付近をブラブラ。かわいくてオシャレな店が多くて楽しい地区です。
1631_large[1]

疲れたのでホテルに戻ります。ホテル近くにある「コケティッシュ」という名のキリンの像が目印です。ジョゼップ・グラニェーという作家さんの作品だそうです。
1632_large[1]

夜は、これも「旅するバルセロナ」から「Flash Flash」という70種類のトルティージャが自慢のお店へ。右がトルティージャ・パナデラ。左がトルティージャ・カタラナ。もちろん嫁がカマレロ(ウエイター)のおじさんにオススメを聞き、勧められた2品です。でも、マジョルカで暴力的なまでに多い食事の『量』で胃袋が大きくなった2人には、ちと物足りませんでした・・・味は美味いんだけどね。
1633_large[1]

ここでも砂糖に店名が。
1634_large[1]

そしてホテルに戻りゆっくりテレビを見る。僕たちが滞在中にハマった番組がこれ↓。バルセロナとレアル・マドリードを少しおちょくったパロディー番組。この人はモウリーニョ(のそっくりさん)。
1635_large[1]

セルヒオ・ラモス(左)、ディ・マリア(中)クリスティアーノ・ロナウド(右)。あんまり似てないのが、かえって笑いを誘う。
1636_large[1]

ルックスより声がそっくりのイニエスタ(左)とピケ(右)。イニエスタはほんまに声だけで笑えました。
1637_large[1]

グアルディオラ(のつもり)。
1638_large[1]

上記3名にプジョルが加わる。
1639_large[1]

ディ・マリアとモウリーニョ。
1640_large[1]

モウリーニョが采配で困ったときに、すぐにグアルディオラに相談し、グラルディオラが直接レアルの選手にアドバイスするというコントをしつこいぐらいやってた(苦笑)。

次の日はバルセロナ最後の日です。いよいよ旅も終わりに近づきました。 つづく

旅日記13日目その1 マジョルカ島からバルセロナへ

楽しかったマジョルカから、バルセロナへ移動する日です。6日間お世話になったホテル。真ん中の地味な建物です。スタイリッシュな内装からはほど遠い無骨な外観です。でもいいホテルでした。
1608_large[1]

ホテル前のスペイン広場から、空港バスに乗ってソン・サン・ファン空港へ。
1609_large[1]

空港に到着。
1610_large[1]

空港ロビーにあった岩で作ったスーツケースのオブジェ。デカい。
1611_large[1]

女性のオブジェ。左の乳房に触るとご利益があるのか、そこだけ剥げています。
1612_large[1]

この頃になるとチェックインにも慣れてきたので、時間が余りがちでした。なので朝食をここでとります。
1613_large[1]

やっぱり最後はマジョルカ名物エンサイマーダでしょ。そしてフレッシュオレンジジュースといつものカフェコンレチェ。
1614_large[1]

それでも時間が余ったので、空港内の気持ちいいテラスでのんびりしてました。
1615_large[1]

またSpanairです。また揺れますよ、きっと・・・
1616_large[1]

さよならマジョルカ!ありがとうマジョルカ!絶対また来るぞ!!と感動しながら、揺れで吐きそうになる・・・
1617_large[1]

そしてバルセロナが見えてきました。
1618_large[1]

最後のホテルは、ヨーロッパらしいクラシックなプチホテル「ASTORIA」。グラシア通りから少し入ったところで、ディアゴナル通りからすぐです。
1619_large[1]

今までで一番雰囲気がいいロビー。その高級感にちょっと緊張(笑)。
1620_large[1]

様々なポスターに彩られ、
1621_large[1]

タラゴナ出身の画家Ricard Opissoの絵が多数展示されています。
1622_large[1]

この絵の一番左はロートレック。
1623_large[1]

こんな漫画も描いていたそうです。
1624_large[1]

若き日のピカソをモデルにしたもの。
1625_large[1]

つづく

旅行記7日目 バルセロナからマジョルカ島へ

この日も快晴。飛行機まで時間があるのでホテルの回りを散歩。
1254_large[1]

ずっと気になってたマンション。緑が多いのにもほどがあるような。ジャングルのようです。
1255_large[1]

カラフルな住宅。日本の住宅ではあまり見ない色使いだと思う。
1256_large[1]

教会が見えてきました。
1257_large[1]

名前も知らない小さな教会ですが、美しくて雰囲気があります。
1258_large[1]

1259_large[1]

教会正面にあったパン屋さんで買った朝食。ここのおばあさんに「¿Japonesa?(日本人?)」と聞かれたので「Si.(はい)」と答えたら、「Problema.(問題)」と言い、かわいそうにという視線をくれた(ように思う)。地震のことを気にしてくれている人は、このスペインでも多かったです。
1260_large[1]

その後、タクシーで空港へ。
1261_large[1]

空港でも時間があまったので、ピンチョスを食べる。食欲が止まらない(笑)。
1262_large[1]

バルセロナからマジョルカ島へはSpanairを利用。
1264_large[1]

マジョルカ島が見えてきました。
1265_large[1]

無事着陸。この飛行機が一番怖かったです。ゆれるのなんのって・・・。
1266_large[1]

空港からは空港バスでホテル近くのスペイン広場まで移動。ホテルはすぐに見つかりました。
1267_large[1]

ホテルはUR パラシオ アヴェニーダです。
1268_large[1]

キッチンはありませんが、使いやすく清潔で快適な部屋でした。
1269_large[1]

なんかのレコジャケみたいな写真を撮ってみました。
1270_large[1]

早速近所探検。ホテルの近所を散策して見つけたジャパニーズ・レストラン。その名も「Osaka」(笑)。もちろん入りませんでした。
1271_large[1]

この日の晩ご飯は、何故かイタリアでは食べなかったピザに。
1272_large[1]

なかなかの美味。でもこの後食べたマジョルカ島のランチの美味しさ、レベルの高さを思えばコレは普通。この時はまだ知らないけど。
1273_large[1]

ホテルに戻り、チャンピオンズリーグのバルサvsシャフタル・ドネツクを観戦。なかなかいい試合でした。
1274_large[1]

疲れていたので、この日はおとなしく寝ました。次の日からマジョルカ島を存分に味わいます。8日目へつづく

旅行記6日目その2 バルセロナ市内の観光・ゴシック地区ほか

海岸沿いのコロン通りを歩きます。これはロイ・リキテンスタイン作のバルセロナ・ヘッド。
1224_large[1]

ハビエル・マリスカル作「ラ・ガンバ」。その名のとおりでっかいエビです。
1225_large[1]

気持ちのいいコロン通り。
1226_large[1]

ポルト・ベイ地区に向かう橋、ランブラ・ダ・マール(Rambla de Mar)。
1227_large[1]

その橋の手前のベンチで休憩しながら、カモメを眺めてました。
1228_large[1]

1229_large[1]

コロンブスの塔。上までエレベーターで上がれるそうです。知りませんでした。
1230_large[1]

コロンブスの塔の前のライオンの像。前足がかわいい。
1231_large[1]

ランブラス通りの入り口付近に馬車が。観光地ですね。奈良の人力車を思い出しました。
1232_large[1]

再びゴシック地区へ。雰囲気のある地区で、歩いているだけで楽しい。
1233_large[1]

けっこう危ないと聞いていたのですが、昼間だったせいか、大阪よりも治安がいいように感じました(笑)。
1235_large[1]

王の広場。
1236_large[1]

再びバスに乗り、ホテルに戻ります。これはバスから撮ったゴシック地区。
1240_large[1]

1241_large[1]

コロンブスの塔の前のランブラス通りの入り口。
1242_large[1]

こんなオブジェも。バスのイヤフォンで解説を聞いたんですが、作品名も作者も忘れました・・・。写真では分かりにくいですが、けっこうでかいです。1243_large[1]

オリンピック競技場。
1244_large[1]

聖火台。
1245_large[1]

バルセロナオリンピックの記念モニュメント。
1246_large[1]

カタルーニャ美術館。
1247_large[1]

スペイン村。アラブの城壁を模した入り口。
1248_large[1]

バルセロナ見本市会場。
1250_large[1]

闘牛場を改装してできたショッピングモール。
1251_large[1]

ホテル近くのカンプノウまで戻ってきました。
1252_large[1]

カンプノウの裏手にあった銅像。胸のはり具合がかわいい。
1253_large[1]

次の日はマジョルカ島に移動です。正直、バルセロナが楽しかったので、マジョルカ島に行くのは失敗だったかなと、この時点では思っていました。

つづく

旅行記6日目その1 カタルーニャ音楽堂へ

6日目の朝食。ホテルの近所のBarにて。これが意外に美味かった。薄いボカディージョ。
1204_large[1]

この日の目的はローマ時代に築かれたバルセロナで最も古い地区、ゴシック地区です。観光バスから見える街灯も素敵です。
1206_large[1]

ゴシック地区に到着後、すぐにカタルーニャ音楽堂へ。
1207_large[1]

サン・ジョルディの彫刻が素晴らしい。
1208_large[1]

出入り口。
1209_large[1]

3つの銅像は、左から16世紀イタリアの音楽家パレストリナ、ヨハン・セバスチャン・バッハ、ベートーベン。
1210_large[1]

裏手の音楽堂内のカフェに建つ指揮者の銅像(誰か分かりませんでした)。
1212_large[1]

1213_large[1]
ここは、僕がバルセロナで最も訪れたかった場所で、到着後すぐに内部見学ツアーを申し込むも、英語ガイドは売り切れで、仕方なくカタルーニャ語ガイドのチケットを購入。内部は撮影禁止(こっそり撮影している人もいたけど)なので内部写真はありませんが、キンキラキンなのにシックという奇跡のようなバランスでした。音楽堂内部のエントランスや室内楽用ホールなどの説明を聞いた後、いよいよメインのホールに入り、そこでもガイドが説明を始めましたが、すぐにピアノのリハーサルが始まり、ガイドの指示のもと私語禁止で音に聴き入ることに。偶然とはいえ、生演奏をじっくり聴ける機会に恵まれました。その音響はまるで、すぐ側で弾いてくれているように感じました。見た目だけでなく、その音まで美しい空間。その素晴らしさにただひたすら感動。自分用のお土産にガイド本を購入し、今はレッスンの机の上に飾ってあるので、興味のある人はレッスン時にご覧ください。

***************************************

感動の余韻とともに、再びゴシック地区を散策。カテドラルは工事中でした。
1214_large[1]

ピカソの壁画。
1215_large[1]

旅行ガイドでよく取り上げられるホテル・コロン。ここも候補でしたが、嫁さんが新市街に泊まりたいということでなくなりました。立地はとても便利なところにあります。
1218_large[1]

昼食は「旅するバルセロナ」という本に載っていた「Allium」というお店に行きました。これは嫁さんオーダーのmenu del dia(今日の定食)のサラダ。すでにこの時点で激ウマ。
1219_large[1]

メインの魚のソテー。これもめっちゃ美味かったらしいです。
1220_large[1]

僕が頼んだパエリャ。この後、いろんなお店でパエリャを食べることになりますが、どこも違う味で、それぞれ個性的で美味しかったです。もちろんここのパエリャも超美味でした。また行きたいです・・・。
1221_large[1]

スタッフの接客も優しくて、リラックスすることができました。
1222_large[1]

嫁のデザート。少しもらいましたが、甘さが絶妙で日本人好みだと思います。
1223_large[1]

この後、海岸沿いを散歩します。 つづく

旅行記5日目 グエル公園編

この日最後の目的地、グエル公園に到着。
1179_large[1]

あまりに有名なトカゲ。みなさん記念撮影中。
1180_large[1]

最近よく見るハングドラム。
1181_large[1]

守衛小屋。
1182_large[1]

中央広場下の天井。
1183_large[1]

中央広場下からの眺め。
1185_large[1]

中央広場の有名なベンチで一休み。噂通りの座り心地。歩き疲れてたけど、癒されました。
1186_large[1]

左:守衛小屋、右:管理小屋。
1187_large[1]

1188_large[1]

ガウディの家博物館。
1189_large[1]

1191_large[1]

かなりの階段をのぼりました。
1192_large[1]

かなり上に登ってきました。さっきまでいてたサグラダ・ファミリアが小さく見えます。

1193_large[1]

とても気持ちいい眺めが広がります。1194_large[1]

途中で見つけたサッカー場。
1195_large[1]

下りは逆のルートを利用しました。中央広場の手前にあるのがグエル邸。
1196_large[1]

犬の散歩をよく見かけました。
1197_large[1]

ようやく下まで降りてきました。けっこう広いのでグエル公園に行く時は飲み物を確保してから入園する事をおすすめします。日本みたいに自販機とかはないですからね。
1198_large[1]

凄い構造です。
1199_large[1]

1200_large[1]

1201_large[1]

1202_large[1]

1203_large[1]

とても大きく歩くだけで楽しい公園で、観光客だけでなく、地元の人たちの貴重な憩いの場になっているのが分かりました。こんな公園が近所にあったら、毎日散歩に来ますね。

この日はずっとガウディの建築物巡りをしてきて、グエル公園を出たときに、初めて昼食を食べていないことに気付きました。それぐらい夢中になってました。この後、ホテルに戻ってたっぷり食べたことは言うまでもありません。

明日は、僕が一番行きたかったカタルーニャ音楽堂がある、ゴシック地区に行きます。

つづく

旅行記5日目 サグラダ・ファミリア編

カサ・バトリョからサグラダ・ファミリアへ向かう道すがら、地元のバンドの演奏と地元の人たちとの即興ダンス(サルダーナ?)が。写真はいったん演奏が終わったところ。非常に牧歌的な音楽と、フォークダンス的な踊りがほっこりした気持ちにさせてくれます。
1175_large[1]

またカサ・ミラ前を通ります
1176_large[1]

自分たちが行った午前中は、並ぶこともなくすぐに入れたのに、もうこの有様です。まさに早起きは三文の徳。
1177_large[1]

いたるところにこういうオブジェがあるのに、すっかり街にとけ込んでて違和感がない。凄い街です。
1178_large[1]

やってきましたサグラダ・ファミリア。
1124_large[1]

ここは裏側の公園。表側にも公園がありますが、どちらも美しい素敵な公園です。
1125_large[1]

この時点ですでに感動。
1126_large[1]

さほど並ぶこともなく中に入れました。受難のファサード側から入場。
1127_large[1]

宗教画を排し、彫刻だけで表現されたキリストの物語。圧巻です。
1128_large[1]

1129_large[1]

1130_large[1]

1131_large[1]

1132_large[1]

これまた圧巻の内部
1133_large[1]

1134_large[1]

1138_large[1]

1139_large[1]

1140_large[1]

1141_large[1]

1142_large[1]

1143_large[1]

1144_large[1]

内部を抜けて、反対側の生誕のファサードへ。
1149_large[1]

1151_large[1]

1152_large[1]

1153_large[1]

1155_large[1]

1156_large[1]

その後、予約していたリフトの時間が来たので上に上がります。
1146_large[1]

世界一稼げる(見るのにお金がかかる)工事現場と言われてるって聞きました。
1147_large[1]

お気に入りの一枚。
1148_large[1]

1159_large[1]

1160_large[1]

上からの町並み。
1162_large[1]

1163_large[1]

1164_large[1]

1165_large[1]

1166_large[1]

1170_large[1]

魔法陣。
1171_large[1]

1172_large[1]

こんな感じで足すと全て33(イエス・キリストの亡くなった年齢)になります。
1173_large[1]

後光が眩しいサグラダ・ファミリアを後にして、グエル公園へ向かいます。
1174_large[1]

カサ・ミラとカサ・バトリョでもう十分満足していたし、散々写真やテレビなどでサグラダ・ファミリアは見ていたので、さほど感動することは無いだろうと思っていました。そんな自分を殴ってやりたくなりました。やはり生で体験するのは違います。写真や映像やデータでは伝わらないものですね。度肝を抜かれました。

つづく