あじさい

花より・・・

だんご・・・って、どっちも好きです。6月も終わりましたね。

今年は早いのか遅いのか・・・そして発表会はどうなるのか・・・。問い合わせは多いけど、まだなんとも発表できない状態です。「打ち上げなしの無観客でする」のか、「今年は中止」なのか、「動画配信バージョン」なんかも考えたりして、生徒の皆さんと意見交換をしている所。まぁ、コロナの状況にもよるので、悩ましいですね。

とりあえず7月は今年初の雲州堂でのライブです。発表会と同じ会場ですし、そこでの状況を見て、雲州堂の方々とも相談して、また考えたいと思っています。皆さまよろしくお願いいたします。

苺のパンナコッタ

最近、我が家では「苺のパンナコッタ」にはまっています。甘いものが食べたくなるのは、コロナ禍のストレスのせいでしょうか?(笑)

あと、生徒さんで「(コロナ)ストレスでボサノバ全然聞いてない。激しい曲ばっかり聞いてました。」って言ってた人がいて夫が大笑いしてました。

「交流会もなかったし、皆んなどうしてますか?会いたいな~。」って言ってた生徒さんもいました。今年はまだ1つもイベントが出来ていない状況ですもんね。オンライン交流会が実現できたらな~と思っています。

追記:結局、オンライン交流会は音が悪いので、断念。まだ5Gではないので、ちょっと音楽は難しいのかな?喋るだけならまだいいのですが。でもまだまだアイデアがあるので、今、出来る事を考えたいきたいと思います。

新規募集再開します。

5月から新規の生徒さんの募集をストップしていましたが、ギターもウクレレも募集を再開しました。よろしくお願いいたします。
尚、お昼休憩を12時から13時45分まで設ける事にしました。

ですので、午前中は11時からの1枠のみ。午後は14時から毎時00分スタートで20時45分までとなります。
土日祝はたまに午後12時もレッスンを入れてその時は15時スタートで営業しています。これからも出来るだけ生徒の皆さんが使いやすい教室にしていこうと思っています。よろしくお願いいたします。

明日はハロウィンですね。我が家では鶴屋吉信の和菓子を食べました。

京都通い?!1年かけて「琥珀流し」食べてきました。大極殿本舗六角店「栖園」

すっかりハマってしまった京都の大極殿本舗六角店「栖園(せいえん)」の「琥珀流し」を1年間食べてきました。(前回のブログ

毎月味が違うけど、どれも美味しかったです。お店の方にオススメしてもらって、出てきた時は正直地味だな~と思ったんですけど、食べたらハマってしまいました。恐るべし甘い琥珀!

1月 白みそ 

2月 チョコ

3月 甘酒

4月 桜

5月 抹茶

6月 梅

7月 ミント (7月だけこの後、炭酸ソーダをかけてシュワシュワのを食べます。夏の暑さを忘れる美味しさ。)

8月 生姜

9月 ブドウ

10月 栗

11月 柿

12月 黒蜜

特に好きな「ベスト3」を考えたんですが、やっぱり難しい。「白みそ、ミント、ブドウ、柿、生姜、甘酒・・・って、ベスト3ちゃうやん!」って感じの繰り返し。

とにかく全種類食べれて満足しました。(自慢!)

奈良の「のこのこ」へ

奈良の手づくりケーキの美味しいお店「のこのこ」へ行ってきました。2月にお店が移転オープンしてから、ようやく行くことが出来ました。

外観。真鍮で出来た「のこのこ」の文字が新しいので輝いてますね。

中へ入ると和モダンな空間。

そして「のこのこ」だけにキノコ関連の本やグッズがいっぱい。旧店舗にあったキノコ型の看板が懐かしいです。

天井が高くて写真で見るより広い感じ。「梁見せ天井」が気持ちいいです。

そして約一年ぶりに「のこのこ」のチーズケーキを頂きました。店主:後藤さんの切り絵で作ったチョコパウダーの絵柄も健在で嬉しいな。

ガトーショコラ。仁王像です。ケーキも美味しいけど、珈琲もなかなかのレベル。

ほうじ茶のシフォンケーキ。うーん、何個でも食べれてしまう・・・。

カップもかわいいです。

旧店舗の近くですが、1階の路面店になったことで客層がちょっと変わったそうです。外国人の観光客も多いとか。本当に色々とバージョンアップしててびっくりしました。そしてまたこのケーキが食べれるのがファンとしては嬉しいです。

奈良へ行った時はぜひ皆さんにも行ってみてほしいお店です。オススメですよ。
※昔のライブの模様はこちら→「奈良『のこのこ』ライブ

琥珀流しって何?京都「栖園」

京都の有名な甘味処「栖園」。初めて入店したものの「琥珀流し」ってメニューに「ん?何??」

店員さんに聞いたら、バイトの女の子らしき方が「私の一番のオススメです。」と笑顔で対応。そうかー、じゃあ頼んでみましょう!と言われるままに注文しました。

京都らしい坪庭を見ながら、待つこと数分。

「琥珀流しとミニわらび餅」。これが琥珀流しか~。

オススメの「琥珀流し」は食べた事ある様な懐かしい雰囲気ながら、絶妙なフルフル具合と甘さでありそうでないデザート!これはハマるな~。後でネットで調べたら、月ごとに味が違うそうです。うーん、5月は抹茶だそうで、気になるなー。めっちゃ美味しかったです。

追記:教室の生徒さん達にもオススメしたら、けっこう色んな生徒さんが行って食べて大好評!他にも「かき氷美味しかった!」とか「持ち帰りのレース羊羹がオススメ。」などなど、お互い情報交換して楽しかったです。

その後→「京都通い?!1年かけて「琥珀流し」食べてきました。大極殿本舗六角店「栖園」

器の話と甘いもの

最近、何人かの生徒さんに「先生の湯飲み茶碗、イイですね~」と言われました。
2826[1]

以前「新茶会」で演奏させてもらった「wad」の小林さんオススメのものです。近藤早苗さんという女性の作家さんの作品だそうです。気に入ってます。

陶芸の事はさっぱり分からないのですが、小林さんのお店では若い作家さんの器がずらりと並んでいて、窯の話や、土の話など、色々教えてくれるので楽しいです。移転して広くなった「wad omotenashi cafe」も心斎橋に行った時はよく立ち寄っています。
2827_large[1]

今の季節はぜんざいが美味しいです。
2828[1]

ちなみに夏はかき氷が人気。
dscf0020

新作メニューの「もなか」も小林さんが「いいのが出来たんですよ~」と自慢するだけあって、サクサクしててほどよい甘さ、ボリュームもあるしよく食べてます。
DSC_0285

席数も増えて、2階からの眺めもよく、開放感があっていいですよ。
また食べたくなってきたな~。

旅行記10日目その2 ソーイェル散策

ソーイェルの散策の前に撮り鉄しました。
1426_large[1]

駅から見た町並み。
1427_large[1]

プラットホームにはジョアン・ミロのポスターが。
1428_large[1]

車庫。こののどかな雰囲気たまらんです。
1429_large[1]

駅の入り口。ここを入ると、
1430_large[1]

小さなミロとピカソの資料館があります。
1431_large[1]

1432_large[1]

1433_large[1]

1434_large[1]

ヨットの帆(?)に描かれたミロの作品。
1438_large[1]

駅に続く階段の両サイドにこれが飾られていました。
1439_large[1]

散策の前に地図を確認。
1435_large[1]

美味そうなパン屋さんを見つけたので、早速購入。
1441_large[1]

めっちゃ美味かったので、夜食用に追加で買うと、気をよくして色々オマケしてくれました。
1442_large[1]

さらに街をしばし散策。
1443_large[1]

ソーイェルの教会。「屋根を修理したいので募金してください」と日本語で書いてあったので、少し募金しました。
1444_large[1]

1445_large[1]

1446_large[1]

観光地らしいポスト。左がスペイン国内用。右が国外用。
1447_large[1]

この後、いよいよ路面電車に乗って、行きたかったポルト・デ・ソーイェルへ向かいます。 つづく

旅行記8日目その4 パルマ・海沿いを散歩

ホテルで休憩した後、海岸沿いに向けて散歩に出ました。その途中にあった公園。
1333_large[1]

公園を抜けると海が見えてきます。
1334_large[1]

海岸線に到着!
1335_large[1]

犬も楽しそう。
1336_large[1]

1337_large[1]

1338_large[1]

ここから見るカテドラルも美しい。
1339_large[1]

空と海の色が濃い。
1340_large[1]

自転車の集団とすれ違う。
1341_large[1]

さっきとは違う方向から見たカテドラル。
1342_large[1]

ちょっと南国リゾート風。
1343_large[1]

ロータリーを回って再び旧市街に入ります。
1344_large[1]

ショパンの銅像。
1345_large[1]

その名もショパン広場。
1346_large[1]

小バルセロナと言われるのは、こういったモデルニスモ建築物が多いからだそうです。
1347_large[1]

ここでフレッシュジュースを飲む。美味。
1348_large[1]

マジョルカ名物エンサイマーダ。これはクリーム入りで甘い!でも美味い!
1349_large[1]

この日の夜は、ランチがあまりに多過ぎたのか、夜になっても全然お腹が空かなかったので、ホテルで軽くパンを食べただけにしました。マジョルカランチ、恐るべし。

つづく