ジョアン・ジルベルト・トリビュートライブ無事終了!!

ジョアン・ジルベルト・トリビュートライブ無事終了しました。

ご来場いただいた観客の皆様、ありがとうございました。そして出演者の皆さん、受付を手伝ってくれた吉田さん、会場「IOR?I/雲州堂」の方々、本当にありがとうございました。
当日の模様をアップしましたので、よかったらご覧ください。→「Tribute to Joao Gilberto~Live

31 / mar / 2019 (sun) 「Tribute to Joao Gilberto~Live」

ジョアン・ジルベルト・トリビュートライブ

説明不要のボサノヴァの神、ジョアン・ジルベルト。当教室でも人気ですが、なかなか難しいのでジョアンのアレンジを学ぶ人は少ないのが現状です。そんな中、ジョアンに挑んだ事がある生徒さんを集めてライブを企画しました。正直、生徒さんと言うのもおこがましいほど当教室の自慢の皆様に出演して頂き感謝です。企画して本当に良かったです。教室としては前回のバーデン・パウエルに続いて第2弾のトリビュートライブ。ジョアン・ジルベルトゆかりの曲をそれぞれが披露していきました。

それでは当日の模様をご覧ください。

本番前に出演者での記念撮影。手にしているのはジョアンのレコードです。とうとうこの日がやってきました。

恒例の「エイ・エイ・オー!」。いざ出陣!

1.「田辺 新


1.Desde que o samba é samba
2.Outra vez
3.É preciso perdoar
4.A felicidade (当日の動画
5.Que reste-t-il de nos amours
6.Sandália de prata
7.Desafinado(アンコール)
1番手は田辺さん。ボサノヴァの原点の様な楽しく歌って遊んでいる様な温かみのあるステージを見せてくれました。会場がすごく和んだと思います。サンバのノリの様なものから、しっとりしたバラード系まで、今回も色んなタイプの歌を歌ってくれました。ありがとうございました!
Mais um passo!

2.「矢野 汕骨


1.Sem compromisso
2.Águas de março
3.Chega de saudade
4.Eu vim da Bahia
5.Garota de Ipanema
6.光でいっぱい(オリジナル曲/アンコール)
いつものオリジナル曲は封印して、今回はボサノヴァのみの弾き語りをしてくれました。ボサノヴァの矢野さんが堪能できたのではないでしょうか?アンコールではオリジナル曲も披露。初めて矢野さんを見たお客さんも喜んでいました。ありがとうございました!
Mais um passo!
注:矢野さんはこの後『矢野汕骨』改め、元の『矢野一希』に戻して活動されています。

3.「兵頭 宏


1.Ela é Carioca
2.É luxo só
3.Amor certinho
4.Brigas nunca mais
5.Caminhos cruzados (当日の動画
6.Palpite infeliz
7.Saudade da Bahia(アンコール)
教室企画のライブではお馴染みの兵頭さん。今回も素敵な歌声を聞かせてくれました。間奏のギターソロも楽しかった。ジョアン・トリビュートライブであっても兵頭さんらしい軽快な感じはそのままで良かったです。今回もありがとうございました!

4.「西口 健一


1.Corcovado
2.Disse alguém
3.Menino do Rio
4.Adeus América
5.Doralice
6.Valsa(Como são lindos os Youguis/Bebel)
7.Garota de Ipanema(アンコール)
そして僕がトリを務めさせていただきました。生まれて初めて弾き語りのライブをしました。自分的には課題が多く残りましたが、それでも歌うのってなかなか楽しいですね。思い切って歌ってみてよかったです。

追加1:アンコールに「イパネマの娘」を演奏して会場の皆さんにも一緒に歌ってもらったんですが、ポルトガル語で歌える人が沢山いてビックリしました。
追記2:その後、ある生徒さんから「よく考えたら『イパネマの娘』習ってなかったんで、あの時歌えなかったんです。教えてください!」って言われてちょっと面白かったです。

改めてご来場いただいた観客の皆様、ありがとうございました。そして出演者の皆さん、受付を手伝ってくれた吉田さん、会場「IOR?I/雲州堂」の方々、本当にありがとうございました。また夏には雲州堂で浴衣ライブをする予定です。今後ともよろしくお願いいたします!

おまけ:

ライブ後の打ち上げの様子。「Bistro やまごや」にて。料理美味しかった!

追記3:この時はまだこの年の7月6日にジョアンが亡くなるなんて思いもしていませんでした。なんの記念日でもなく、ただやってみたくて「トリビュートライブ」をして、ジョアンの凄さを改めて知り、またボサノヴァが、ジョアンがさらに好きになりました。 心よりご冥福をお祈り致します。
関連ブログ→「ジョアン・ジルベルトに感謝!

秋のボサノヴァギターライブ

uncherry bossa nova guitar school presents LIVE

秋のボサノヴァギターライブ
2019.11.17 (sun) at 「IOR?I/雲州堂
17:30 OPEN
18:00 START
CHARGE 2,000 yen (
1 drink included)
LIVE ACT / 高 友季子、田辺 新、西口 健一(出演順)

11月に雲州堂でのライブを企画しました。予約も前売りもありませんので、お気軽に遊びに来てください。お待ちしております。

高 友季子(ギターソロ 動画

去年バーデン・トリビュート・ライブで女性だけどすごくカッコイイ演奏を披露してくれた高さん。今回はバーデンくくりがないので、高さんの好きな曲を自由に演奏していただきます。

田辺 新(弾き語り動画

中庭にギター1本持ってきて、ボサノヴァを歌って楽しんでいる様な温かみのあるステージを見せてくれる田辺さん。サンバのノリの様なものから、しっとりしたバラード系まで、今回も色んなボサノヴァを歌ってくれます。

西口 健一(動画

この日もガットギター1本でオリジナル曲を中心に演奏したいと思います。よろしくお願いいたします。

関連ブログ→「去年11月のバーデン・トリビュート・ライブ

出張演奏します!

 演奏のご依頼をお受けいたします。ギターソロ演奏、ボサノバスタンダードナンバーの演奏、またはオリジナル曲だけの演奏など。イベント、パーティー、サロンコンサート、結婚式など、お気軽にご相談ください。音楽で大切なひとときを演出できればと思います。お待ちしております。

「浴衣とボサノバギターの夕べ 2018」

今年も「雲州堂」で浴衣ライブをしました。当日を迎えるまで台風でヤキモキしましたが、なんとか晴れてよかったです。そして予想以上に沢山のお客様が来られたのでスタッフ一同驚きました。ありがとうございます。また立ち見になってしまった方、申し訳ありませんでした。
当日は出演者&受付スタッフは浴衣姿。客席にも浴衣や夏着物の方々がいて今年も楽しい雰囲気になりました。

それでは当日の模様をご覧ください。
今回のフライヤー。

1.「兵頭 宏」

1.Samba de verão/サマーサンバ
2.Garota de Ipanema/イパネマの娘
3.A felicidade/フェリシダーヂ
4.Caminhos cruzados/十字路
5.É luxo só/なんて素敵
6.Vou te contar(Wave)/波
7.Aquarela do Brasil/ブラジルの水彩画
8.Mas que nada/マシュ・ケ・ナダ
9.Este seu olhar/まなざし(アンコール)

まずは弾き語りソロの兵頭さんが登場。去年も参加して頂いたのですが今年はさらに沢山の曲を演奏してもらいました。トークも楽しくトップバッターとして場を和らげてくれました。さすがです。ありがとうございました。

2.「吉田有希代(Vo・G)、吉岡 慶和(b)、西口 健一(G)」

1.Samba de uma nota só/ワン・ノート・サンバ
2.Saudade da Bahia/バイーアの思い出
3.Corcovado/コルコヴァード
4.O barquinho/小舟
5.Chega de saudade/想いあふれて
6.ラブリー
7.Tristeza/トリステーザ
8.Água de março/三月の水(アンコールwith兵頭さん)

今回はこの日限定のユニットを結成して演奏しました。曲はボサノバスタンダードを中心にヴォーカルの吉田さんに選んでもらって、3人ならではのアレンジに挑戦しました。途中で吉岡さんからの楽器の説明コーナーがあったり、いつもと違う楽しさがありました。最後のアンコール曲は「Água de março」で兵頭さんにも参加してもらい掛け合いで歌って楽しい1曲となりました。

共演者の皆さん、ステージ脇での仕事や受付などを手伝ってくれたスタッフの皆さん、会場「IOR?I/雲州堂」の方々、そしてなによりご来場いただいた沢山の観客の皆様、本当にありがとうございました。


今回も楽しい思い出になりました。ありがとうございました!

前回の浴衣ライブ→「浴衣とウクレレとボサノバギターの夕べ 2017

16 / Sep / 2017 (sat) 「Cafe Perche LIVE vol.4」

6月に引き続き大阪・玉造のお店「Cafe Perche」にてライブをさせて頂きました。当日はあいにくの雨でしたが、無事に楽しい時間を過ごす事が出来ました。

それでは写真で当日の模様を振り返ります。

外は雨模様の中、リハーサルも順調です。

本日のメニューは「キーマカレー」です。

プチデザートに「カップケーキ」。ペルシュの北本さんにはいつもライブ用にメニューを考えてもらっています。ありがとうございます。

そして19時からライブがスタートしました。出演者は木村祐子、西口健一の順番です。

1.「木村祐子」


1.Garota de Ipanema/イパネマの娘
2.Corcovado/コルコバード
3.Kiss me/キス・ミー
4.How beautiful(土岐麻子)
5.月下美人(オリジナル曲)
6.Samba de uma nota só/ワン・ノート・サンバ
7.ギター(アンコール)

日本語に英語、そしてポルトガル語とボサノバだけでなく、オリジナル曲など色んな曲が聞けて楽しい構成になっていました。少し緊張されていたようですが、素敵な声と温かいギターの音色で聞いた後になんだかほっこりした気持ちになる、そんなライブでした。MCも楽しかったです。最後の曲は聴いていて少しホロリときました。お疲れ様でした!

2.「西口 健一」


1.Samba Triste/悲しみのサンバ(カヴァー曲)
2.O passeio
3.大きな輪・小さな輪
4.Chega de saudade(カヴァー曲)
5.A new day
6.O astronauta/宇宙飛行士(カヴァー曲)
7.Talking about
<アンコール>
8.I can’t give you anything but love.(カヴァー曲)
9.雲の上から

オリジナル曲とボサノバのカヴァー曲を半々くらいで演奏しました。緊張したけどめっちゃ楽しかった!アンコールも2曲させて頂きました。
雨の中ご来店いただいた皆様、本当にありがとうございました。そして出演者の木村さん、ペルシュの北本さん、ありがとうございました。またよろしくお願いいたします。

Cafe Percheの前回のライブの模様はこちら→

30 / Jul / 2017 (sun) 「浴衣とボサノバギターの夕べ」

真夏に浴衣ライブを企画しました。大阪の夏は暑いので、ちょっと涼しくなる夕方18時からスタートしました。場所は和の雰囲気のある「雲州堂」です。当日は出演者や受付スタッフもみんな浴衣姿。客席にもちらほら浴衣姿の方がいて楽しい雰囲気になりました。

それでは写真で当日の模様を振り返ってみましょう。

今回のフライヤーです。

1.「兵頭 宏」


1.Samba de Verão/サマー・サンバ
2.Desde que o Samba é Samba/サンバがサンバであった時から
3.Caminhos Cruzados/十字路
4.Carinhoso/カリニョーゾ
5.Mas que Nada/マシュ・ケ・ナダ
6.Tristeza/トリステーザ(アンコール)
1番目は弾き語りの兵頭さんが登場。MCも楽しくてトップバッターとして場を和らげてくれました。そして安定感抜群の演奏が光りました。さすがです!

2.「まつげん」


1.Garota de Ipanema/イパネマの娘
2.The gift(Recado)/ザ・ギフト
3.Se Todos Fossem Iguais a Você /君への面影
4.Introdução ao Poema dos Olhos da Amada/恋人の瞳
5.Deixa/デイシャ(離別)
6.Solitario/孤独な旅
7.Wave(Vou Te Contar)/波(アンコール)
兵頭さんのMCを取り入れてまつげんさんも楽しいトークを織り交ぜつつ、渋い演奏を披露してくれました。カッコよかったです!

3.「吉田 有希代」


1.Água de Beber/おいしい水
2.Garota de Ipanema/イパネマの娘
3.Dindi/ジンジ
4.Izaura/イザウラ(当日の動画
5.A Felicidade/フェリシダーヂ
6.Corrida de Jangada/ジャンガーダ
7.O Negocio e Amar/肝心なのは愛すること(アンコール)
「浴衣は暑いです・・・」のMCから登場してくれたゆーさん。その言葉とは裏腹にとても爽やかな浴衣姿で演奏してくれました。MCも楽しくて笑顔の絶えない楽しいステージとなりました。素敵でした!

4.「西口 健一」


1.雲の上から(オリジナル)
2.Ela é carioca/彼女はカリオカ
3.Corcovado/コルコヴァード
4.I can’t give you anything but love/捧げるは愛のみ
5.長い影(オリジナル)
6.Talk about(オリジナル)
7.Silent station(オリジナル)
前の3人が楽しいMC&演奏で繋げてくれたので、とってもやりやすかったです。3曲目のコルコバードは急遽弾き語りをし、それが楽しかったので今後も歌いたくなりました。楽しい時間を過ごすことが出来ました。ありがとうございました!

共演者の皆さん、ステージ脇での仕事や受付などを手伝ってくれたスタッフの皆さん、会場「IOR?I/雲州堂」の方々、そしてなによりご来場いただいた観客の皆様、本当にありがとうございました。


今回も夏のめっちゃ楽しい思い出になりました。ありがとうございました!また来年もやりますのでよろしくお願いいたします!

前回の浴衣ライブ→「浴衣とウクレレとボサノバギターの夕べ