現代ギターのバックナンバーが・・・

先日、「Fana」へギターの弦を買いに行った時、本棚を見ると・・・

「ご自由にお取りください」の文字が。店主の福永さんが「好きに持って帰ってもらっていいですよ。」とのことで、興味のあるバックナンバーをもらって帰ってきました。

重たいからとりあえず3冊だけ持って帰りました。他にもまだ余ってたので、興味のある方は「Fana」へ行ってみてください。

「近代スペイン文学とギター音楽」とか楽しそうな特集がいっぱいで、今から読むのが楽しみです。

関連タグ→「現代ギター」もよかったらご覧ください。

パリ散歩気分?藤田嗣治ゆかりの地をめぐる本

美術館へ行くといつもポストカードを買って、教室にひっそり飾ってました。

その中から一番生徒さんに声をかけられたポストカードがこちら。

藤田嗣治の<カフェにて>です。京都国立近代美術館に行った時のものです。

レッスンの帰り際に見つけた生徒さんから「藤田嗣治展、よかったですよね。」とよく声をかけられました。フェルメールの時もそんなに声をかけられなかったから、それだけインパクトがあったのかな?

実際、フジタの絵はあんまり好きじゃなかったのに、見てすっかり感動してしまいました。生徒さんの中にも「意外と良かったですよね。びっくりしました。」と言っていた人がいたし、私みたいに生の絵を見て感動した人が多かったのかもしれません。

そんなパリに愛されたフジタの本を先日、本屋さんで見つけました。

「藤田嗣治 パリを歩く」。

20世紀前半、ピカソやモリディアーニなどとともに「エコール・ド・パリ」のど真ん中で活躍した日本人画家・藤田嗣治。
パリ留学時代にフジタの絵画と出会った第一人者が半世紀を経て、いま改めて藤田の足跡を訪ねる。
パリと郊外のアトリエ、最期を迎えたチューリヒなど藤田にゆかりのある街に赴き、暮らした家や制作現場であるアトリエ、仲間と議論したカフェなどを訪ね歩く。

Amazonより

こんな感じで1日の歩く地図が載っていて、フジタがどんな所で暮らして、どんな人と交流があったのかなど、解説してくれる本です。

当時の貴重な写真や、今のパリの街並みなど写真もいっぱい。

パリでの朝食や、フジタとは全然関係ない著者のパリでの思い出話などもあって、エッセイの様な感じです。

もちろん藤田の絵もけっこう載ってます。ピカソやルソーの絵なんかも関連があるものは掲載されていて面白いです。

ちなみにこちらの絵<私の部屋、目覚まし時計のある静物>も生で見たけど、すごいエネルギーあふれる、不思議な静物画でした。フジタ独特の色彩もよかったな。

以上、ちょっと教室で話題になったので、フジタ本をアップしてみました。興味のある方はぜひ購入してみてください。最後の「シャペル・フジタ」のフレスコ画なんかは、なんだか切ないですが、行ってみたい気分になります。オススメですよ。

追記:「フジタの絵、部屋に飾りたいなー。」と夫。「それはちょっと・・・」と私。好きな絵と部屋に飾りたい絵って違うんですよね。笑。夫の方がフジタ好きかも。

セリエAつながり~ボローニャからナポリのユニホーム?!そして本「ディエゴを探して」をご紹介!

ローマの友人からもらったボローニャのユニホーム。教室に今だけ飾っていて、何人かの生徒さんに声をかけられました。

フットボールファンのKさんに見せたら、「ボローニャだったら、メーカーは「macron」じゃない?」と言われ・・・

知らなかったけど、そんなメーカーがずっと作っているんだと教えてもらいました。Kさんはアパレル関係の仕事なので、さすがに詳しいです。

で、次のレッスンの時・・・

Kさんがナポリのユニホームで登場!ちょっと楽しくて、ブログネタとして写真を撮らせてもらいました。快くOKいただきありがとうございます!

「ほんとはマラドーナ時代のナポリのユニホームが欲しかったんだけど。」って言ってました。

私はJリーグが出来てから、夫の影響でサッカーを知ったので、マラドーナの事はあんまり知らないけど、去年「ディエゴを探して」と言う本を立ち読みしてたら、めちゃくちゃ面白くて購入しました。

マラドーナをあんまり知らない私にも楽しい本になってます。その後「サッカー本大賞2022」を受賞したと聞いてなんか分かるな~と思いました。

ちなみにKさんの一番好きだったチームはナポリではなく、ロッシが活躍した1982年W杯のイタリア代表チームだそうです。「最高!」って言ってました。

偶然ですが、マラドーナもロッシも2020年に亡くなってるんですよね。マラドーナが11月に、ロッシが12月に。

この本もマラドーナが亡くなった次の年に書かれたものです。本の帯通りマラドーナは神様ではなかったけれど、すごい魅力的なサッカー選手の1人だったんだなと思いました。

追記:その後もユニホームレッスンが続きました。続きはこちらのブログ→「パブロ・アイマール!」をチェック。

フランス語で歌ってみたい。ギター弾き語り。

教室では、「ポル語も喋れないのに歌えたんだから、フランス語もいけるんじゃない?」って感じで、フランス語で歌う生徒さんが昔からけっこういます。そして何故かフランス語で歌う生徒さんは女性の方ばっかり。なんでかな。

こちらの曲もその一つ。

曲は「La Javanaise」で、調べてみたら「セルジュ ゲンスブールがジュリエット グレコに贈った最高のラブソング。」だそうです。

参考に生徒さんが見せてくれたYouTubeは、ボサノバ風のギターの弾き語りをしている女の人の動画でした。キーも同じなので、レッスンして歌える様になってましたよ。

教室の生徒さんで、パリに6年間住んでいた方がいて、「いつでもフランス語なら教えますよ。」って言われていたので、さっそく歌詞を見せて、こんな風にカタカナで書いてもらいました。

「意味はなんなんですか?」って聞いたら「これは愛しか言ってませんね。言葉が違うけど『愛』『愛』『愛』って感じですかね。(苦笑)」って言われて爆笑しました。さすがフランス!さすがゲンスブール!って感じでしょうか?

あとこんな曲も・・・

映画音楽界の巨匠ミシェル・ルグラン作曲です。ミュージカル映画の音楽をギター1本で弾き語りはけっこう難しかったみたいですが・・・。

あと、シャンソンの名曲とかもありました。

エディット・ピアフの名曲「Hymne à l’amour(イムヌ・ア・ラムール)」。ピアフの声を生で聞いてみたかったな・・・。これは日本語もあるから日本語バージョンでも歌えますね。

ちなみにイタリア語で歌った生徒さんは男性ばっかり。なんででしょう??発音はフランス語より簡単そう。(あくまでイメージですが。)

教室にいたら、ポルトガル語、日本語、英語、フランス語、イタリア語・・・などなど色々聞こえてきて面白いです。

おまけ:「ドアノーと音楽、パリ」買いました。

フランスの国民的写真家ロベール・ドアノーの、「音楽」をテーマにした写真作品集です。パリの街角やお店で楽器を弾いている姿や、お祭り、ミュージシャンの練習風景など、見ていて楽しいです。

爪は長ーいお友達。

ギタリストは「爪職人」と毎回言ってますが、今回の現代ギターの特集は「ギター演奏に適した爪の作り方」。

気になって買ってしまいました。

爪の形や強度は人それぞれ。ほんとうに色々なので、最終的には本人が自分に合う形を考慮していくしかないと思うけど、レッスンの時に色々とアドバイスが出来たらいいなと思って、爪の特集の時は気になって買ってます。

ボサノバギターは指弾きのスタイルだし、やっぱり爪は重要です。爪の磨き方を変えてみて実験している生徒さんも多いです。色々やってみるのは無駄じゃないと思います。

今回の現代ギターも僕にとってはけっこう面白かったです。

関連タグ→「爪職人」をチェック。

乾燥はギターの敵!Fana大阪にて。

上本町のFanaへギターの弦を買いに来ました。

沢山のギターケースが。なんだろうと思って福永さんに聞くと、修理をしないといけないギターだそうです。しかも東京やら、大阪以外の所から来てて、今から1本1本修理していくそうです。

そうなんだ・・・。

毎回ギターに不具合が出たら僕も僕の生徒さん達(Fanaでギターを買った人たち)も、上本町に行って、福永さんに見てもらってますが、こんな近所にギターを修理してくれる人がいると言う事が、改めて幸せな事なんだなと思いました。

右が福永さん。今年は乾燥による修理が多いそうです。クラッシックギターはもちろん木で出来ていますから、乾燥によって反ったり割れたりするそうです。よく「木が動く」って言いますが、そんな感じで、一度乾燥すると修理が大変なんだそう。

もちろん手工ギターのギターの木は何年も乾燥させてから丁寧に作っていますが、それでもエアコンの風が直接当たる所に置いていたりすると、乾燥して木が動く事もあるので要注意です。

乾燥はギターの敵!教室の生徒さん達も乾燥には気を付けてくださいね。気になる方はレッスンの時にでも聞いてください。

教室のライブのフライヤーもありました。なんと小野先生の「ギターを弾いて見つけた 奇跡の作り方」本の横に置いていただいて・・・恐縮です。

この小野先生の本は教室にも置いてます。金言の数々が詰まってます。興味のある方はこちらもレッスンの時に声をかけてください。

今回もFanaでちょっとだけですけど話をしてすごく楽しかったです。

レコード・ジャケットがいっぱい。見てて楽しいボサノヴァ本

前回のブログの続きです。楽譜だけじゃなくて、こんな本も持ってきてくれました。

「BOSSA NOVA AND THE RISE OF BRAZILIAN MUSIC IN THE 1960s Book」。

BOSSA NOVA AND THE RISE OF BRAZILIAN MUSIC IN THE 1960s Book

Soul Jazz Recordsの創始者スチュワート・ベイカーとジャイルス・ピーターソンがセレクトした、1960年代のブラジルのボサノヴァ・アートワーク集だそうです。

レコード・ジャケットと同じサイズなので、なんかすごく迫力があります。(30.5×30.5cm)

ELENCO、RCA、ODEON、Phillipsを中心に139枚もあるそうです。フルカラーでデザインが楽しいからBossaNovaファンじゃなくても、60年代のグラフィックデザイン集としても楽しめます。

denpou」さんはこの本とか見て、「まだコレ持ってないな~」とか思って買い集めていったそうです。その結果がこないだの「エレンコ・レーベル展」につながる訳です。色んなレコ好きに出合ってきたけど「denpou」さんも筋金入りのコレクター。

ルイス・ボンファのジャケ。エレンコの白黒もいいけど、カラーもいいな。

ジョアンのレコードもいっぱい載ってました。

これは心躍る1冊!楽譜に続いてコレも買ってしまいました。この仕事をしてたらボサノヴァの資料本がどんどん増えて困るけど、やっぱりこの本はレコード好きには楽しすぎる一冊。レコード好きじゃなくても楽しいんじゃないかな?

「denpou」さんから、ジャズやボサノヴァが出てきた頃の、「昔は・・・」みたいな話がたくさん聞けて楽しかったです。改めてボサノヴァギター教室をやってて良かったなと思いました。

「denpou」さんに感謝!ありがとうございました。