夏の雲州堂ライブ無事終了!

大阪・北浜のライブハウス「雲州堂」にて、初めて単独ライブをしました。

3月のライブが中止になったので、この日が今年初の雲州堂ライブです。

演奏の時。そして・・・

MCの時はマスク着用で。今回はMCも好評?!小ネタが色々ありました。優しい皆さんからのツッコミもありがたかったです。

椅子の配置を見て「なんだか学校の教室みたい。」との声と笑いが。お客さまには過去にないくらい広々と見てもらえたのではないでしょうか?

第一部
1.Her rhythm
2.マランゴン
3.clouds and plants
4.大きな輪小さな輪
5.ライオン橋
6.青春群像

第二部
1.a new day
2.people are dancing
3.月と男
4.長い影
5.雲の上から

アンコール
1.寄り道
2.駅舎にて

ソロライブと言う事で、全部で13曲ほど演奏しました。今回はオリジナル曲のみを演奏。客席がみんなマスク姿で最初は楽しんでいるのか全く分からない感じでしたが、拍手やMCにツッコミをくれたりしてアットホームな雰囲気が出来て嬉しかったです。

アンコールは1曲の予定でしたが、「明るい曲やって!」とのリクエストに急遽2曲する事になりました。やっぱりライブはいいですね。

コロナ禍で雨の中、ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。 また会場の松岡さんや小谷さんには本当にお世話になりました。今年も雲州堂でライブすることが出来て良かったです。ありがとうございました。

明日は雲州堂ライブ!

明日は雲州堂ライブ。コロナ禍で、大阪の陽性率も上がってきているので心配ですが、予約してくださった皆さま本当にありがとうございます。

予約した方が「ライブを見たら、とっとと帰ります。」って言っていたので、用心しながら来てくれているのだな~と思いました。

会場の広さに対して、人は少ないので、めちゃくちゃ広々と見れると思います。当日でもまだ空きがあるので、もしお時間ありましたら、ご連絡ください。

今回のライブはコロナ禍なので、今までとは違う準備が必要です。ライブハウスの「雲州堂」の支えになるほどお客さんを呼べてはいませんが、頑張りたいと思います。

動画:オリジナル曲の「マランゴン」をアップしました。ご覧ください。

ラティーナ最終号

月刊「ラティーナ」の最終号が。詳しくはこちら→「休刊のお知らせ

毎月読むほどの愛読者ではなかったけれど、ボサノヴァとか好きな特集の時は買ってました。写真とかデザインも好きだったな~。

最終号は「私の思い出のラティーナ」で色んな方の思い出が載ってます。

1952年創刊。最初は「中南米音楽」と言う名前の雑誌だったそうです。

その後「ラティーナ」へ。当時は「ワールドミュージック」と言うカテゴリーもメジャーではなかった時代。きっと貴重な情報だったでしょうね。エッセイや写真、表紙のデザインなんかも楽しかったです。

今後はwebなど他の形で音楽情報を発信してくれるそうです。チェックしないとですね。

お気に入りのポスター

以前、玄関に飾っていたお気に入りのポスター。→(以前のブログ

よーく見るギターのコード表なので、これはギター教室にピッタリなんです。

このポスターをブログにアップした時はまだ販売してて、何人かの生徒さんがカワイイからって購入してたけど、今は売ってないみたいです。残念!

最近は教室の部屋の方に飾ってます。こっちに移しても、前からここに飾ってたみたいに馴染んでて、生徒さんも気づかない。遠くから見ると何かな?って感じのデザインですけど、気に入ってます。

エレンコレーベル展(Elenco)

天満橋の「Salvis wine&records」にて定期的に行われているレコード展示会、通称「サルレコ展」が今回はボサノバファン必見の「エレンコレーベル展」と聞いて、遊びに行ってきました。

エレンコ(ポルトガル語: Elenco)は、ブラジルに存在したレコード会社。
ジョアン・ジルベルトのデビューアルバム制作に携わった音楽プロデューサー、アロイージオ・ヂ・オリヴェイラが、1963年に設立したのがエレンコ・レーベルである。
1950年代後半から1960年代に巻き起こったボサノヴァ・ムーヴメントの中でも重要な役割を担ったレーベルのひとつで、「白・黒・赤」の3色で構成された、シンプルで芸術性の高いアルバム・ジャケットの数々が有名。

Wikipediaより

今見てもモダンなデザインのレコジャケ。

お店オススメのブドウジュースを用意してもらって・・・(本来はワインなんだけど、僕らは下戸なので)

乾杯!

こんなに沢山のエレンコの生レコードを見るのは初めて。楽しい時間でした。皆さんも良かったら行ってみてください。店主の野口さんもボサノヴァ好きなので、そういった話に花が咲くと思います。またsalvisでボサノヴァ関連のイベントがあったら、もっと早めにブログで紹介しますね。

追記:生徒さんより「エレンコ聴きたくなりました!」「コレ見て調べて気に入ったCD買いました。」「私が好きなボサノバってほとんどエレンコだったのを知りました。」などなど意見を頂きました。店主の野口さんからは「世間ではエレンコって何?って感じでしょうけど・・・(苦笑)。」って言ってましたが、やっぱりウチの教室では不動の人気です。おかしな教室?

教室のサンスベリアの花が咲きました。花言葉は・・・

6月25日にふと気づきました。

サンスベリアから花の茎が出てる・・・!2014年以来です。

ニョキニョキ育って・・・

昨日の晩、ようやく花が咲きました!

水滴みたいなのがつくのが特徴。エキゾチックな甘い香りで、夕方から夜にかけて、けっこうはっきり匂ってきます。普段地味なだけに、すごい生命力を感じます。

花言葉を調べたら「永久」「不滅」だそうです。小さな教室の片隅にそんな力強い、壮大な花言葉をもつ花が咲いていると思うとまた面白い。ボサノバギターを聴きながら、今後も元気に育ってくれたらと思いました。

Sarah Vaughan / Sarah Vaughan

久しぶりに今日の1枚。

クリフォード・ブラウンがサラ・ボーンと共演した人気アルバム。オリジナルは1954年。ジャズヴォーカルの基本にして聴き継がれる名盤。

レコードで聴きたくなる名盤。サラ・ボーンの歌声がたまらない。これぞ歌職人!

夜に色々ネットで音楽を見ちゃうと、ついつい寝るのが遅くなるからダメですね~。笑

どっちでもOK!

結局、6月はオンラインレッスンの生徒さんは11名。だいぶ生徒さん達が教室に帰ってきました。

レッスン終わりに「やっぱり教室(のレッスンは)いいですね。」「情報量が違う。」「細かい事が分かりやすい。」など嬉しそうにしてくれているので良かったです。

とは言え7月も引き続きオンラインレッスン希望の生徒さんが5名ほどいて「オンラインの方が楽ちん!」「大阪まで出ていくのがめんどくさくなってしまって・・・。」などなど、オンライン希望の生徒さんもまだいます。

教室としては生徒さんの方で選んでもらえればと思います。「今日は雨がすごいのでオンラインにします。」とかピンポイントでもいいですし、うまく使ってもらえればと思っています。

ひょんな事から始めたオンラインレッスンですが、音楽理論なんかはオンラインでやりやすいし、遠方の人や、台風の時なんかも便利だし、会社の事務所から気軽にネットで習いに来る生徒さんもいますし、やってよかったなと思ってます。

コロナ禍での教室のレッスン風景
こっちはオンラインレッスン。

好きな方を選んでくださいね。

こんなのあるの?かわいい「Água de Coco」のボサノバ・トートバック♪

生徒さんから教えていただきました。

かわいいトートバック!「Bossa nova」「chega de saudade」「João Gilberto」の文字が・・・!こりゃ、ボサノバ好きの当教室の生徒さん達にはピッタリじゃないですか!

裏はまた違う柄でカワイイ。

サイズ・縦30㎝×横39㎝×マチ9㎝/持ち手長さ・35㎝ いかがでしょうか?

ジョビンバージョンもありましたよ。他にもブラジル国旗柄とか色々あって楽しい。

今回も教えてくれた生徒さんに感謝!ありがとうございます。

今、ギターに何ができるのか 現代ギター20年7月号

現代ギターを買ってきました。今回の表紙は沖仁さん。

「今、ギターに何ができるのか」と言うテーマで、プロのギタリストのコロナ禍での過ごし方、状況について取材していて面白かったです。

住んでいる国や国籍も違うギタリストの今が聞けて興味深い。その人が住む政府のコロナ対策についての質問や、ロックダウン中の過ごし方、非常時における音楽、芸術、演奏家のあり方とは?また最後は日本へのメッセージなと、4項目の質問に沢山のアーティストが回答していました。

同じ国籍でも住んでる場所によってアメリカなどは状況が違ったり、フランス人でもフランス政府に対しての考え方が人によって違ったり。ただ、コロナ禍でも皆さん前向きに過ごしていたのかなと思いました。

自分にとってはすごくタイムリーな内容で参考になる金言もあり買ってよかったです。