イタリアの名曲「Estate/エスターテ」をソロギターにアレンジして弾いてみました。(ボサノバ・ソロギター)

イタリアの名曲『エスターテ(夏)』をソロギターにアレンジしてみました。

ジョアンが歌っていていいなと思って、ソロギターで弾いてみたくなってアレンジしてみました。

作曲はブルーノ・マルチーノ。よかったら聴いてください。

「Estate」でじんわり涙・・・?!関連ブログはこちら→「JOÃO GILBERTO LIVE IN TOKYO」をご覧ください。

ジョアン会、無事終了!

天満橋にあるワインとレコードのお店「salvis wine&records 」にてジョアン会があり、演奏してきました。

本当は去年3回忌として7月に予定していたのですが、コロナで流れて、今年改めてジョアンを偲んで、ボサノヴァのスタンダードを演奏したり、貴重なレコードを皆んなで聴く会をしました。

まずは演奏を・・・

その後、レコードを聴いていきます。

レコード担当の「naniwa01」氏。貴重なレコードと楽しいお話がありました。

裏ジャケのジョアンがいい表情。

第2部の演奏もしました。

今回のジョアン会も無事終了。前回はお客さんとして行ったけど、今回は演奏で参加して、また違う意味で楽しかったです。

次回は9/4に「バーデン特集」します。よろしくお願いいたします。(詳細

レコード・ジャケットがいっぱい。見てて楽しいボサノヴァ本

前回のブログの続きです。楽譜だけじゃなくて、こんな本も持ってきてくれました。

「BOSSA NOVA AND THE RISE OF BRAZILIAN MUSIC IN THE 1960s Book」。

BOSSA NOVA AND THE RISE OF BRAZILIAN MUSIC IN THE 1960s Book

Soul Jazz Recordsの創始者スチュワート・ベイカーとジャイルス・ピーターソンがセレクトした、1960年代のブラジルのボサノヴァ・アートワーク集だそうです。

レコード・ジャケットと同じサイズなので、なんかすごく迫力があります。(30.5×30.5cm)

ELENCO、RCA、ODEON、Phillipsを中心に139枚もあるそうです。フルカラーでデザインが楽しいからBossaNovaファンじゃなくても、60年代のグラフィックデザイン集としても楽しめます。

denpou」さんはこの本とか見て、「まだコレ持ってないな~」とか思って買い集めていったそうです。その結果がこないだの「エレンコ・レーベル展」につながる訳です。色んなレコ好きに出合ってきたけど「denpou」さんも筋金入りのコレクター。

ルイス・ボンファのジャケ。エレンコの白黒もいいけど、カラーもいいな。

ジョアンのレコードもいっぱい載ってました。

これは心躍る1冊!楽譜に続いてコレも買ってしまいました。この仕事をしてたらボサノヴァの資料本がどんどん増えて困るけど、やっぱりこの本はレコード好きには楽しすぎる一冊。レコード好きじゃなくても楽しいんじゃないかな?

「denpou」さんから、ジャズやボサノヴァが出てきた頃の、「昔は・・・」みたいな話がたくさん聞けて楽しかったです。改めてボサノヴァギター教室をやってて良かったなと思いました。

「denpou」さんに感謝!ありがとうございました。

昔買えなかった楽譜。「ジョアン・ジルベルト・スタイル ボサノヴァ・ギター奏法」

だいぶ前になるけれど「denpou」さんが我が家に遊びに来てくれました。

「denpou」さんはサルビスで出会ったジャズ&ボサノヴァが好きで野鳥も好きと言う、僕とけっこう趣味が似ている方で、今年80歳だけどめちゃくちゃ元気なおじいちゃんです。サルビスのエレンコ展のレコードも全てdenpouさんの私物で、僕にとっては羨ましい限り。

そのdenpouさんが今回、僕の持ってないボサノヴァの楽譜を持ってきてくれました。

その名も「ジョアン・ジルベルト・スタイル ボサノヴァ・ギター奏法 高橋信博(著)」。昔、書店で見て「ほしいなぁ。」と思ったけど、高価で買えなかった本。その後、古本屋とかで毎回探したけど、縁がなくて忘れていた楽譜本です。

ジョアン・ジルベルト・スタイル ボサノヴァ・ギター奏法 高橋信博(著)

中表紙。denpouさんもボサノバが好きでボサノバギターを弾いてみたいと思ってこの本を買ったそうです。「でも全然使ってない。」「弾いてみたいと思ってんけど、もう歳やなぁ。」って笑ってました。確かにこの本、めちゃくちゃキレイな状態です。笑!

目次。この本の面白い所は、例えば「Chega de Saudade(想いあふれて)」だったら、Key-DとKey-Aの2つのキーの楽譜が載っている所。

こっちがKey-D。

次にKey-A。その後の『演奏の手引き』のページを見ると「当時はこんな風に教えていたんだな。」とか思う部分もあり、すごく楽しいです。

歌詞もタイプライターで打ったみたいな感じで、デザイン的にかっこいい。

結局、見てたら楽しいし、ボサノヴァギター教室をやっている身なので、中古本で買ってしまいました。そっちの本はだいぶカビ臭かったけど、中身はキレイで良かったです。どんどん資料が増えていくな〜・・・

次回に続く・・・

Ela é Carioca(彼女はカリオカ)の楽譜ができました。

以前、ソロギターで演奏動画をアップした「Ela é Carioca(彼女はカリオカ)」の楽譜ができました。さっそくpiascoreで販売しています。

楽譜がほしい方はこちら→「Ela é carioca 楽譜」をチェック。

A.C.ジョビンの名曲を、ジョアン・ジルベルトが「エン・メヒコ / En Mexico」で歌っていたkey=Cでソロギターにアレンジしたものです。

さほど難しいアレンジではないので、いちおう中級レベルにしました。ボサノバやブラジル音楽が好きな方はもちろん、それ以外の方にも弾いていただければと思います。

先日、「エン・メヒコ / En Mexico」のCDを買った生徒さんがいて、「コレめちゃくちゃいいですね!」って言ってました。いいですよね。

BOSSA NOVA AND THE RISE OF BRAZILIAN MUSIC IN THE 1960s Book より

まだ知らない人がいたらぜひ聴いてほしいアルバムの一つです。CDでは「Ela é Carioca」っていうアルバムタイトルになってます。

我が家にあるのはこのCDのみ。レコードは探したけど高価なんですよね。

YouTube動画は→「Ela é Carioca(彼女はカリオカ)」 をチェック。

Ela é Carioca(彼女はカリオカ)をソロギターで弾いてみました。

今週の演奏は・・・

久しぶりにボサノバ・スタンダードのカバーをアップしました。

アントニオ・カルロス・ジョビンの名曲「Ela é Carioca / 彼女はカリオカ」です。

ジョアン・ジルベルトが「エン・メヒコ / En Mexico」で歌っていたkey=Cでソロギターにアレンジしました。なかなかジョアンの歌のような雰囲気は出せませんが、よかったら最後まで聴いてやってください。

追記:楽譜がほしい方はこちら→「Ela é cariioca 楽譜」をチェック。

ちなみに、こちらが参考にしたジョアンのバージョン。ええわぁ。もちろん作詞はヴェニシウス・ヂ・モラエス。ジョビンとの黄金コンビですね。

ジョアンの伝記「Amoroso」

ジョアンの伝記が11月に発売されるそうで、ブラジルでは先行予約受付中だそうです。我々はまだポルトガル語だから全然読めませーん!

また世界中で翻訳されて日本語版も出てくるでしょうね。ちょっとAmazonの説明をグーグル翻訳してみたけれど、面白そう。読みでみたいです。

ジョアンが亡くなったのが2019年7月。あれからまだ2年なんですね。コロナでだいぶ前の様な気分です。また今夜はレコードでも聞こうかな。今日は8年ぶりに「中秋の名月」と満月が重なる日らしいですしね。

気になる方はぜひAmazon→「AMOROSO」をチェック。

追記:大阪・玉造の夜空にも満月が見えました。ちょっと雲が多くて、消えたり、出てきたりでしたが、逆に月の光が雲を照らして光の強さを感じました。見てて楽しかったです。