クリスマス・イブはこもれびライブ!

北加賀屋のワインバー「Kitchenこもれび」にてライブがあり、取材してきました。

ママの美味しいコース料理と演奏を楽しむ会です。

本日の前菜。ちょこちょこっとあるのが嬉しい。

帆立とリンゴの和え物 ディルを添えて。帆立が甘いです。

メインはビーフシチューでした。お肉がトロトロで美味しかったです。その他、パン、スープ、サラダなど出てきてお腹いっぱいになりました。

そんなコース料理を食べながら、演奏を聴きました。イパネマの娘などのスタンダードナンバーから、オリジナル曲、そして弾き語りもしていましたよ。(!)

このライブを企画したプロデューサーのまつげんさんはお気に入りの赤ワインを飲みながら演奏を楽しみます。ちなみにグラスはまつげんさんの持ち込みグラス。私物です。笑

1曲ごとに曲の紹介や、この日使ったピックアップの話など、MCも色々ありました。クラッシックギター用のピックアップのおかげでいい音でした。

後半に、もう1本赤ワインのボトルをあけるまつげんさん。私たちuncherry組も頂きました。(ゴチになりました。一同。)演奏もどんどん進んでいきます。

最後はクリスマスなので私も助っ人で加わって「ホワイトクリスマス」を歌いました。その後「きよしこのよる」をみんなで歌って終了。写真は歌詞カードが配られて歌っている所です。皆様、ご協力いただきありがとうございました。

演奏後も飲んで、食べて、会話を楽しみました。真ん中は先日ここでライブをした兵頭さんです。その時の模様はこちら→「11/19こもれびのボサノバライブへ」をご覧ください。

楽しい夜になりました。寒い中お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。 またこもれびのママには今回も温かい雰囲気で迎えてくださり、ありがとうございました。料理もやっぱり美味しかったです。

今年のライブはこれにて終了となりました。来年は1月から心斎橋のコンパスローズにて初のライブが控えていますし、3月には教室からの企画でピアノの方とのコンサートを予定しています。またよかったら来年もぜひ聴きに来てください。お待ちしております。メリークリスマス!

〇今後のライブスケジュールはこちら→「live-schedule」をチェック。

サルビスでのバーデン特集、無事終了しました。

天満橋にあるワインとレコードのお店「salvis wine&records」 でのイベント「Salon de Bossa nova & wine & records 」無事終了しました。

今回はサルビスの野口さんのリクエストで「バーデン・パウエル特集」として開催しました。(当日のメニューには表記が「バーデン・パウエルに捧げる会」になっていて、さらに野口さんの熱いバーデン愛を感じました。笑。)

まずは演奏。

“サルビスでのバーデン特集、無事終了しました。” の続きを読む

ジョアン会、無事終了!

天満橋にあるワインとレコードのお店「salvis wine&records 」にてジョアン会があり、演奏してきました。

本当は去年3回忌として7月に予定していたのですが、コロナで流れて、今年改めてジョアンを偲んで、ボサノヴァのスタンダードを演奏したり、貴重なレコードを皆んなで聴く会をしました。

まずは演奏を・・・

その後、レコードを聴いていきます。

“ジョアン会、無事終了!” の続きを読む

一周忌 再びジョアン・ジルベルトに感謝!サルビスにて

7月はジョアン・ジルベルトの一周忌と言うことで、ジョアン好きが天満橋の「salvis wine&records」に集まって『ジョアン会』を行いました。

ジョアンの生写真がお出迎え。うーん、いい写真・・・。

まずは2000年に発表されたカエターノ・ヴェローゾのプロデュース「João Voz E Violão」をかけつつ、ワインで乾杯!色々沁みるな~。

最初に冷たいスープが運ばれてきました。

他にも魚やお肉料理までコースでいただきました。サルビスの料理は初めて食べたけど、噂通り美味しかったです。

BGMはもちろんジョアン。こちらは 「Amoroso 」。

裏ジャケにこのジョアンを撮影した、写真家・土井弘介(どい ひろすけ)氏のサインがありましたよ。お宝レコードですね。最初に出てきた白黒写真と同じ日に撮ったものだそうです。貴重なお写真を拝見できて嬉しかったです。

同じ内容のレコでも最後の曲だけ違うなど、面白い話を聞かせてもらい・・・

聴き比べをしました。

このジャケの真ん中のジョアンは「ジョアンじゃないみたい」で面白い。

次は貴重なシングル盤を聴かせていただきました。

ジャケが小さくてかわいいな~。

色んなジョアンの顔が。当時のデザインは今見るとチープだけど味がある。

出たぁ~ドーナツ盤!(真ん中の大きな穴が特徴です。)7インチを久しぶりに見ます。アルバムと同じ録音なんだけど、確かに音のバランスが違う様に聞こえました。面白いですね。

シングル盤も一枚一枚聴きごたえがありました。

集まったみんなの「ボサノバとの出会い」や「ジョアンが好きになったきっかけ」などを聞いて、生のライブを見てからハマた人や、若い頃は全然好きじゃなかったけど、大人になって好きになった人など、それぞれあって面白かったです。

最後は生演奏で田辺さんがボサノバスタンダードを演奏してくれました。この日にふさわしいいい演奏でみんなうっとり。ボサノバ弾き語りいいな。

こんな機会をくれたサルビスの野口さん、またレコードを持ってきてくれた橋内さん、あと、ギター持参で演奏してくれた田辺さん、本当にありがとうございました。集まった皆さんとも話が出来て、楽しかったです。

そしてジョアン・ジルベルトに改めて感謝!それ以外の言葉が見つかりません。

関連ブログ→(ジョアン・ジルベルトに感謝!

Salon de bossa nova & wine & records workshop 無事終了!

初のワークショップ「Salon de bossa nova & wine & records workshop」が無事終了しました。

場所は天満橋にあるワインとレコードのお店「 salvis wine&records 」 です。今年の1月に初めてライブをさせていただいたお店です。

左がレコード担当の「naniwa01」氏。ボサノバのレコードを持ってきていただきました。コロナ禍なので全員マスク着用でスタートです。

僕が基本しゃべって「naniwa01」さんにもフォローしてもらいました。

ギターでの生演奏もちょっとだけしました。

第一部
1.Garota de Ipanema/イパネマの娘
2.Manha de carnaval/黒いオルフェ
3.A Felicidade/フェリシダーヂ

第二部
1.Corcovado/コルコヴァード
2.Agua de beber/おいしい水
3.Coracao Vagabundo/コラサォン・ヴァガボンド
4.I can’t give you anything but love/捧ぐるは愛のみ

ご来店いただいた皆様、本当にありがとうございました。 またスペシャルゲストでお手伝いしてくれた「naniwa01」さん、サルビスの野口さんには今回も本当にお世話になりました。ありがとうございます。おかげ様でとても楽しめました。

また機会があればやってみたいと思います。その時はよろしくお願いいたします。